着色料避けたい理由

男性が化粧水の着色料を避けたい理由3点!【敏感肌は注意】

化粧水に含まれている着色料を気にされたことはありませんか?

肌の症状や特徴に合わせた物を選ぶ方が多いと思いますが、実は成分にも着目して化粧水を選んだ方が良いのです。

毎日使うものだからこそ少しでも肌に優しい物を選んであげる事で潤いのある綺麗な肌を保つことができます。

今回は化粧水に含まれる着色料について詳しく解説し、着色料入りの物を避けた方が良い理由とオススメのメンズ化粧水を紹介していきます。

着色料って実は怖い?

1、化粧品に使われる着色料の原料と特徴

カラフルな花

化粧品の中には発色を良くし、商品と商品イメージを結びつけるために着色料を使う場合があります。

着色料を使う事で、鮮やかな色合いを出せるのでメイクした時に華やかなイメージを作り出すことができます。

着色料は2種類に分けることができます。

天然色素

天然由来成分から排出された色素です。天然の物なので色合いは薄いです。肌への負担は軽いと言われています。

タール色素

タール色素は別名有機合成色素とも呼ばれます。色の種類が多く発色が良いことから多くの化粧品に配合されます。

しかし中にはアレルギー性・発がん性毒性をもつものもあり、敏感肌の人やアトピー体質の人は使うのを避けた方が良いです。

タール色素は石油から取れるナフサという原料から作られる石油由来成分です。

安価で使うことができる事から、日本では食品、医薬品など私達の日常生活のあらゆる場面で多く使われています。

化粧品の中では口紅など発色がより多く必要な物に使われる事が多いです。

 

しかし毒性や刺激が強いことから炎症を起こしやすい特徴もあります。

その為化粧品や化粧水のように毎日肌に使う物はできるだけこのタール色素が入っていない物を使ったほうが良いです。

タール色素は「赤色〇号」「青色〇号」と表記されます。

日本では80種類が旧表示指定成分として許可されていて化粧品に使われています。

 

しかし、これは海外に比べるとかなり多い数字で海外では禁止されている成分も日本では使用許可がされていたりします。

その為、タール色素は安全とは言い切れないのでできるだけ表記を確認し配合されている物は避けるようにしましょう。

2、男性が着色料入り化粧水を避けたい理由

メンズ化粧水として販売されている化粧水の中には着色料が含まれているものもあります。

しかし男性は以下の特徴からできるだけ避けた方が良いとされています。その注意点は以下の通りです。

①男性の肌は敏感

髭を剃る男性

男性は髭を剃る事が負担となり肌が敏感な状態になりやすいです。

しかし身だしなみ上髭を剃らないわけにはいかない事から、その敏感な状態に更に負荷をかけてしまいカミソリ負けを起こしてしまう人もいます。

カミソリ負けをしている肌に更に刺激を与えてしまうと強い炎症を起こしてしまう可能性があります。

その為少しでも刺激を避ける必要があります。

②男性は意外と乾燥肌の人が多い

乾燥肌の男性がシャワーを浴びる

男性は女性に比べるとテカりが多く油分が多いイメージがありますが、女性ほどマメに保湿ケアをする習慣が無い為実は乾燥肌の人が多いです。

また男性は時間に追われる事が多く洗顔も急いでゴシゴシ洗いそのまま終わりという人も多くいます。

乾燥肌の人は肌が敏感な状態になっているので少しの刺激でも炎症を起こしやすいです。その為できるだけ低刺激な成分の化粧品を選ぶことが大切です。

③生活習慣が肌荒れを起こしやすい

頭を抱えて落ち込む男性

男性は時間に追われて生活している人が多く、不規則な生活を送っている人が多くいます。

栄養バランスが取れた食事、質の良い睡眠を確保するのが男性には難しい事から、生活習慣が巡り巡って肌荒れに繋がってしまいがちです。

生活習慣が乱れていると肌も乱れなかなか整う事ができず、常に弱った状態になってしまいます。

3、メンズオススメ化粧水5選

着色料フリーの低刺激で肌を守ってくれる人気のメンズの化粧水を紹介します。

①無印良品 クリアケア化粧水

ボトルから見える化粧水の色が透明なので完全に無着色と信頼できます。

山形県産ブドウからとれたブドウ果実エキスと4種の果実からとれた植物エキスを使い天然植物成分で作られています。

肌の乱れを整えながらキメまで潤いを与えてくれます。少量でも肌に馴染みやすくスッキリとした着け心地が人気の商品です。またコスパもよく大容量なのも嬉しいポイントです。

②B.C.A.D. HOMMEトータルエマルジョン120ML

温泉水を使う事で高い保湿成分を保てる特徴があるこの化粧水は乾燥しやすい男性の肌特に顎ラインに保湿で潤いを与えます。オールインワンタイプなので、これを使うだけで肌のトータルケアができる優れものです。優しいシトラスハーブの香りで日々の忙しさで蓄積している疲れを癒してくれます。

③ORBIS Mr. スキンジェルローション

べたつきや乾燥だけではなくシェービング後のケアとしても使えるオールインワンタイプの化粧水です。メントールが含まれていないので、化粧水を付けた後にスース―する爽快感が苦手な人も安心して使えます。べたつかないローションタイプなので、汗ばむ季節もサラッとして使いやすいと好評です。

④ナチュリエ ハトムギ化粧水

大容量なのにコスパ抜群と毎日たっぷり使いたい派の人から多く支持を得ているハトムギ化粧水は、余分な物を入れないシンプル処方を採用しています。さっぱりした使用感で天然ハトムギエキスが保湿効果を発揮し肌の水分を潤わせてくれます。大容量なのでコットンパックとして使ったり、顔だけじゃなく首やデコルテなどにも使う事ができます。

⑤Nile オールインワン化粧水

「脂性肌・乾燥肌・混合肌・敏感肌」など全部の男性の肌の特徴をカバーしてくれる優れものです。最大12時間持続する保湿成分配合なので、透明感のある魅力的な男肌を実現することができます。しっとりしながらもサラッとした仕上がりが癖になる人も多いです。防腐剤・添加物もオーガニック成分を使用しているので肌に優しく安心して使うことができます。

化粧水を選ぶとき着色料以外に気を付けた方がいいこと

着色料以外にも化粧水を選ぶときに気を付けた方がいい成分があります。

具体的には「防腐剤(パラベン)、アルコール、香料、合成界面活性剤」などです。

これらが含まれる場合、肌に成分が詰まりやすかったり、人工的に作られているので皮膚そのものに負担をかけてしまいアレルギー反応を起こしてしまう可能性があります。

また発がん性のリスクがある成分もあり、知らないで使っていると怖い結果になってしまう恐れもあります。

その為できるだけ「無添加」「オーガニック」などの天然由来成分を配合している肌に優しい物を選ぶようにした方が良いです。

商品パッケージや商品説明欄に「アレルギーテスト済み」「オーガニック認証済み」などと記載がある物はその安全性を証明するテストや団体の基準に満たしています。

その為商品の信頼性も高いので、どの商品に使用か迷った時はこうした「●●済み」と書かれているかどうかを確認してみるのもオススメです。

まとめ

化粧水に含まれる着色料は肌に負担をかける恐れがあるので、できれば着色料不使用の物を選ぶようにしましょう。

男性は日常生活で肌に負担をかけてしまいがちです。その為できるだけ毎日化粧水を使ってケアする事が大切です。

天然由来成分配合の物をできるだけ選び保湿成分が高い物を選ぶとカミソリ負けなどの男性特有の肌荒れ症状も抑えることができ肌を綺麗にすることができます。

ぜひこの記事を参考に肌に優しいメンズ化粧水を試してみてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。