化粧品に含まれるヒアルロン酸の効果とは?

化粧水に含む「ヒアルロン酸」とは何?効果は?冬の乾燥から守る成分

「ヒアルロン酸って何?」「どんな効果があるの?」と疑問に思ったことはありませんか?

ヒアルロン酸には、「ヒアルロン酸Na」「加水分解ヒアルロン酸」「アセチルヒアルロン酸」の3種類あります。

それぞれの効果と副作用について詳しく解説していきます。

《この記事はこんな方にオススメ》
➩化粧水に含むヒアルロン酸の「効果」が気になる方
➩ヒアルロン酸が「合わなくて」悩んでいる方
➩ヒアルロン酸化粧水の「使い方」を知りたい方

ヒアルロン酸化粧水は冬の乾燥対策に優れている

冬は、肌が乾燥しやすい季節です。肌の乾燥が進むと、水分と皮脂のバランスが崩れてしまい、乾燥肌肌荒れの原因となってしまいます。

そんな乾燥から、肌を守ってくれるのがヒアルロン酸化粧水です。ヒアルロン酸は、肌へうるおいを与え、肌表面を覆う役割があるので、冬の乾燥を防いでくれます。

ただ、ヒアルロン酸には3種類(ヒアルロン酸Na・加水分解ヒアルロン酸・アセチルヒアルロン酸)あり、すべてが肌へ浸透するわけではありません。

それぞれで、保湿可能な範囲に違いがあるので、効果を得るためには正しい知識を知っておくことが大切なのです。

そこで、本記事では
・3種類のヒアルロン酸の保湿可能な範囲
・ヒアルロン酸が肌に合わないときはどんなときなのか
・ヒアルロン酸化粧水を選ぶ時のポイント
の順番に解説していきます。

10分くらいで読める内容なので、ヒアルロン酸について正しい知識を身につけるためにも、まずはご一読ください!

3種類のヒアルロン酸の特徴と効果

手のひらにヒアルロン酸美容液を出している

ヒアルロン酸には、

  • ヒアルロン酸Na
  • 加水分解ヒアルロン酸
  • アセチルヒアルロン酸

の3種類があります。それぞれで、保湿できる範囲は次のようになります。

種類 保湿できる範囲
ヒアルロン酸Na(ナトリウム) 肌の表面
加水分解ヒアルロン酸 肌の表面と内側
アセチルヒアルロン酸 肌の内側

ヒアルロン酸Na

ヒアルロン酸Naは、水に溶けやすく、高い保湿力を持っている高分子の保湿成分。肌表面にとどまって膜を張り、油分とは違うしっとりとした質感を引き出すことができます。

加水分解ヒアルロン酸

加水分解ヒアルロン酸は、浸透性が高く、低分子化されたヒアルロン酸。肌の表面に留まりにくいため、洗い流されてしまいますが、肌の角質層に浸透し、うるおいをもたらします。

アセチルヒアルロン酸

アセチルヒアルロン酸は、肌なじみがよく、水分を保つ力が非常に高い成分。ヒアルロン酸Na2倍の保湿力があり、分子も小さく浸透性も高いです。

ヒアルロン酸が肌に合わないこともある!?

ヒアルロン酸は、刺激も副作用もほとんどなく、安全性が高い成分です。しかし、ヒアルロン酸の濃度が高い化粧水であれば、しっとりし過ぎるため、ベタつきを感じることがあります。

中には、かゆみがでたり、ニキビができた人もいるようです。

特に、オイリー肌の人が使うと、かゆみを引き起こす可能性があります。なので、ヒアルロン酸を配合した化粧水を選ぶ時は、肌質や肌の状態に合わせて選ぶことが大切です。

 

ヒアルロン酸化粧水を選ぶ時に見ておきたいポイント

ヒアルロン酸化粧水はさまざまです。ここでは、ヒアルロン酸化粧水を選ぶ時に見ておきたいポイントについて解説します。

他の保湿成分にも注目する

ヒアルロン酸との相乗効果で、乾燥予防をサポートしてくれる成分があります。他の保湿成分には、

  • セラミド・・・摩擦や紫外線など、外部刺激からのバリア機能をサポートする
  • コラーゲン・・・たるみを改善し、肌にハリを与える
  • アミノ酸・・・肌のうるおい力を高め、肌荒れを防ぐ

などがあります。中でもセラミドは、肌のバリア機能をサポートするはたらきがあるので、乾燥がひどい方や、敏感肌の方にもおすすめです。

医薬部外品なのかどうかを確認する

化粧水でよく見るのは、「医薬部外品」と「化粧品」です。それぞれの違いは次のようになります。

  • 医薬部外品・・・肌のトラブルの予防に効果があると認められている有効成分を配合したアイテム。
  • 化粧品・・・人体に対する作用が穏やかなアイテム。

医薬部外品は化粧品よりも値段が高めですが、厚生労働省に認可されている信用性が高いものなので、ある一定の効果に対しては、化粧品より効果があると言えるでしょう。

しかし、大切なのは、自分の肌との相性です。購入前に、サンプルの化粧水をつけてみて、問題がないかどうか確認してから購入することをおすすめします。

ヒアルロン酸化粧水の効果を引き出す方法

手のひらにヒアルロン酸化粧水を出している

せっかくヒアルロン酸化粧水を購入したのに、使い方が間違っていると効果は感じられません。ここでは、ヒアルロン酸化粧水の使い方について解説します。

手のひらで温めてから使用する

浸透性を高めるためには、顔につける前に手のひらで温めるのがポイントです。ヒアルロン酸化粧水を使用する時は、

  1. 両手にとって温める。
  2. 手のひら全体を使い、顔全体を包みこむように塗り込む
  3. 肌に手が吸い付くような感覚になるまでじっくりなじませる

化粧水をつけた後は、乾燥しないよう油分を多く含む乳液やクリームでお手入れしましょう。

こまめにお手入れをする

分子が小さいヒアルロン酸は、肌へ浸透してくれますが、化粧水をつけてから時間が経つと、肌に留まるヒアルロン酸が減少します。

すると、乾燥から肌を守る効力も弱まってしまうので、なるべくこまめにお手入れをすることが大切です。

スキンケアの基本3ステップ

ここでは、スキンケアの基本3ステップをご紹介します。

ステップ①「洗顔」で肌を清潔にする

洗顔をする目的は、肌の汚れや皮脂を落とすことです。

洗顔をする時は、しっかり泡立てて、泡をころがして洗うようなイメージで行いましょう。きめ細かい泡の方がしっかり汚れを吸着してくれるので、泡立てる時は、空気を混ぜるように手早くすると良いでしょう。

洗顔をするときに、汚れを落とそうとゴシゴシ洗うと、手の摩擦で肌を傷つけてしまうので、優しく丁寧に洗いましょう。高温のお湯も、必要以上に皮脂を落としてしまうので注意が必要です。

ステップ②「化粧水」でうるおいを与える

化粧水の目的は、洗顔で失われた肌の水分を補給することです。

入浴後は肌の温度が高く、湿度が一気に下がるため、肌が乾燥し始めます。20〜30分経つと、入浴前より肌が乾いた「過乾燥」の状態になるので、すぐに化粧水で保護することが大切です。

化粧水をつける時は、手のひらを使って押し込むように、顔全体にやさしくなじませます。

ステップ③「乳液」でうるおいを閉じ込める

乳液の目的は、肌に必要な油分を補給することです。

乳液は、化粧水の水分や成分が失われてしまわないよう、「皮脂膜」に代わって肌表面を保護してくれます。乳液を付ける時は、乾燥が気になる部分に対して、量を多めにつけると良いでしょう。

この記事のまとめ

タオルを首に巻いた男性が鏡を見ている

《記事のまとめ》
✓ヒアルロン酸は、肌へうるおいを与え、肌表面を覆う役割がある。
✓ヒアルロン酸化粧水の選ぶ時は、他の保湿成分にも注目し、医薬部外品なのかどうかも確認する。
✓ヒアルロン酸化粧水を使用する時は、手のひらで温めてから使用する。こまめにお手入れも大切。

ヒアルロン酸の効果を引き出すためにも、つけた後は、乳液で保護することが大切です。化粧水を正しく使って、冬の環境に負けないお肌作りをしましょう。

この記事が、一人でも多くの方の悩み解決に役立ちますように。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。