顔を両手でおさえて口を開けている男性

敏感肌の人必見!ヒリヒリしにくいメンズ化粧水の選び方をご紹介

敏感肌の人は肌に合わない化粧水を使うとヒリヒリしたり、かゆくなったりと大変ですよね。

私のお肌も少々敏感肌なので、ヒリヒリに悩まされていました。

ですが、今回ご紹介することを学ぶことでスキンケアが楽しくなりました^^

そこで、ヒリヒリしにくいメンズ化粧品の選び方や正しい塗り方を紹介していきたいと思います。

ヒリヒリに悩まない楽しいスキンケアを目指しましょう!

ヒリヒリしにくいメンズ化粧水の選び方とは

ヒリヒリしにくい化粧水の選び方

お肌がヒリヒリするという方はメンズ化粧水を選ぶ時に以下のことを確認しておきましょう。

  • テスト済み表記
  • 保湿成分が高いもの
  • パッチテストを行う

この3つをチェックしておくと自分の肌に合った化粧水と出会えるはずです。

では3つの項目について具体的に紹介していきたいと思います。

テスト済み表記があるものを選ぶ

化粧水には安全性を証明するために以下のテストを行っています。

  • パッチテスト…刺激による赤みや腫れの確認
  • アレルギーテスト…アレルギー反応による肌の変化がみられるかの確認
  • スティンギングテスト…一時的なかゆみなどの刺激を確認

メンズ化粧水にはこのような検査を行っている商品もあります。

検査数が多いほど肌への刺激が少ないので、それを基準に選ぶのも良いでしょう。

ただ安全性を試すテストが行われているからといって、全員に対して有効というわけではありません。

中には安全性のテストに合格している商品を使っているのに、ヒリヒリすることもあります。

しかし確率としては安全性テストが行われている方がヒリヒリする可能性は低いのでおすすめです。

保湿成分が高いものを選ぶ

敏感肌になる原因の一つは保湿と言われています。

そのため化粧水を選ぶ時は保湿成分がより多く含まれているとものを選ぶとヒリヒリしにくいです。

例えば以下の成分が含まれる商品は保湿力に優れています。

  • エモリエント成分
  • ヒアルロン酸
  • アミノ酸
  • グリセリン

これらの成分が含まれると、その分ヒリヒリしにくいので選ぶ時は参考にしてください。

そして逆に敏感肌に良くない成分もあるので同時に押さえておきましょう。

  • エタノール
  • 香料
  • 着色料
  • 紫外線吸収剤

これらは肌を傷つける可能性があるので、なるべく避けた方が良いです。

購入前にパッチテストを行う

ここまで紹介してきたヒリヒリしない化粧水は一般的なものです。

人によっては反応が異なるので、それを確認するためにもパッチテストを行いましょう。

パッチテストとはそのコスメがその人の体質に合っているかどうかを確認する検査のことです。

ただ敏感肌の人は通常のパッチテストではヒリヒリすることまで分からないことがあります。

そのため敏感肌用のパッチテストを行いましょう。

敏感肌用のパッチテストは以下の過程で行います。

  • 1日目…入浴後に上腕へ10円玉大の化粧水を塗る
  • 2日目…24時間後に部位をチェック、異常がなければ再度上腕に化粧水を塗る
  • 3日目…24時間後に異常がなければ、そこから24時間後に再度確認する

このように敏感肌用のパッチテストは3日かけて行います。

3日目の最終チェックで何も異常がなければ問題ありません。

逆にどこかのタイミングで異常が現れたら、その化粧水は合っていないということです。

その場合は速やかに使用をやめて、肌が元に戻らない場合は病院に行きましょう。

メンズ化粧水のヒリヒリしにくい塗り方とは

ヒリヒリしにくいメンズ化粧品を購入しても塗り方を間違えていると効果が落ちます。

そのため以下の正しい化粧品の塗り方を実践してみましょう。

  • 大量に塗りすぎない
  • 広げる時は手で伸ばす
  • 洗顔後60秒以内に塗るのがベスト

この3つのルールを守っておけば化粧水で肌がヒリヒリしにくいです。

では詳しいやり方を紹介していきます。

大量に塗りつけない

化粧水は大量に塗りつけた方が効果があるように感じますが、肌が吸い取れる適量というものがあります。

例えば一定の時間お湯に肌を付けるとふやけてきますが、あれは肌が水分をもう吸い取れないという合図です。

化粧水の役割は肌を潤わせる効果と保湿成分を与える効果です。

この2つの効果によって肌のバリア機能を高めていきます。

しかし適量を超えると肌が吸ってくれないので意味がありません。

大量に塗りつけるのはお金を垂れ流しているのと変わらないので気を付けましょう。

広げる時は手で伸ばす

化粧水を手に出す男性

化粧水を肌になじませる時は手でする方が効果が期待できます。

よくコットンを使う人もいますが、コットンの場合は水分を吸い取るのでもったいないです。

さらに清潔でないコットンだと肌を傷つける原因にもなります。

このようにコットンはデメリットが多いです。

一方、手を使うと無駄に吸い取ることがないので節約にもなります。

さらに化粧水を肌に塗る前に手をきれいに洗っておけば清潔です。

手を使うとこういったメリットもあります。

ただ手を使うと液体が垂れやすくなるので注意が必要です。

垂れ流さないためにも少量ずつ塗っていくと良いでしょう。

塗るのは洗顔後60秒以内がベスト

お風呂上りに水気をふき取ると皮膚が急速に蒸発していきます。

そのためお風呂上りに皮膚がつっぱるという現象が起きやすいです。

皮膚を潤わせるためにもお風呂上りからできるだけ早く塗りましょう。

理想は水気を取ってから60秒以内です。

ただ慌てると塗り残しが生まれるので、落ち着いた上で塗っていきましょう。

敏感肌にはオーガニックコスメもおすすめ

敏感肌で化粧水を使うとヒリヒリするという方にはオーガニックコスメがおすすめです。

オーガニックとは化学物質を極力使わずに、自然由来の植物から抽出されるエキスや原料を利用しいるものです。

自然由来なので肌に優しく敏感肌の方に向いてます。

さらにその植物も民間療法として使われてきたハーブや草木を利用しているので、高い効果が期待できます。

通常の化学製品が使われているメンズコスメが肌に合わないという方は一度試してみるのも良いでしょう。

 

またオーガニックコスメにはエッセンシャルオイルが含まれているものが多いです。

エッセンシャルオイルにはリラックス効果があるので、スキンケアをしながらアロマ効果も得られます。

就寝前にオーガニックコスメを塗ると、リラックスしてスムーズに眠りにつけるかもしれないのでおすすめです。

オーガニックコスメ選ぶ際の注意点

敏感肌の人に向いてるオーガニックコスメですが、選ぶ際には注意する必要があります。

日本では正式にオーガニックと定めなくても「オーガニックコスメ」として販売することが可能です。

そのため自然由来の成分を少し含ませただけでオーガニックとすることができます。

優秀なオーガニックコスメにもこういった罠があるので、購入する前には成分表示をよく確認しておきましょう。

オーガニック認証を取得しているものは分かりやすいのでおすすめです。

 

そしてオーガニックは敏感肌の人に向いてますが、全員に向いてるわけではありません。

通常の化粧品と同様にコスメを塗ることでヒリヒリする可能性があります。

そのためメンズのオーガニック製品を購入する時もパッチテストを忘れてはいけません。

パッチテストで異常が現れないかどうか確認しておくと安心です。

>>肌に優しい99%天然由来成分配合のオーガニック化粧水はこちら

まとめ

ヒリヒリしにくいメンズ化粧水を求めている方は以下の点を押さえておきましょう。

  • テスト済み表記
  • 保湿成分が高いもの
  • パッチテストを行う

この3つを押さえておくとヒリヒリする可能性も低くなります。

中でもパッチテストは重要です。

一般的に敏感肌の人が使えると宣伝していても、人によっては肌荒れを起こす可能性があります。

肌荒れを起こすとスキンケアの効果がある化粧品も逆効果です。

安全にスキンケアをするためにも、特にパッチテストはしておきましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。