男性が両手を顔にあてていて紫外線を反射させている

SPFとPAの違いって知ってる?高ければいいってわけじゃない!

少し前までは「男は色黒がイケてる」というイメージがありました。

しかし最近はメンズ美容の流行などもあり、男性も紫外線ケアを意識するように。

とはいえ今まで日焼け止めを塗ったのはレジャーの時くらいで、毎日塗ったことなんかないという人は多いでしょう。

いざ購入しようと思っても、種類がありすぎるし、SPFやPAなんていう聞きなれない表示もあって気が重い…そんな人でも簡単に 最適な日焼け止めを選べるように徹底解説します!

日焼けは肌トラブルと老化の原因

まずは日焼けをすると肌にどのような悪影響があるのかを見ていきましょう。
紫外線を多く浴びることによる影響は次の通りです。

  • 肌の黒化
  • シワの促進
  • たるみの促進
  • 炎症
  • シミ・ソバカスの生成

夏の日差しが強い時期だけではなく、冬の雪の反射でも紫外線による影響はあります。程度の差はあれど、一年中降り注いでいるので季節を問わずケアが必要です。

SPFとPAの違いとは

日焼け止めのパッケージには必ず「SPF〇〇」「PA〇〇」という表記があります。なんだか数字が大きい方が効果も高い気がしてしまいますよね。これっていったい何なのでしょうか?

2種類の紫外線

SPFとPAについて知る前に、予備知識として紫外線の種類から見ていきましょう。紫外線には2種類あり、「UVA」=紫外線A派、「UVB」=紫外線B波です。それぞれ肌にもたらす害が異なります。

「UVA」は日差しを浴びた直後に肌色を黒くする紫外線です。雲や窓ガラスも通り抜けて皮膚の奥深くまで届きます。シワやたるみのなど老化の原因になる紫外線です。

一方「UVB」は皮膚の表面や浅いところに強く作用します。日差しを浴びてから数時間後に肌に赤く炎症を起こす紫外線です。シミ・ソバカスの原因となります。

SPFとPAはこの2種類の紫外線それぞれに効果的にアプローチしてくれる度合いを示したものなのです。

SPF

「SPF」は先ほどご説明したUVB波を防ぐ効果を表す指数のことです。1~50まで数値があります。数値が大きいほど、UVB波に対する防御効果が高いことを表しています。

PA

「PA」はUVA波を防ぐ効果を表す目安になるものです。4段階の「+」マークで表示されます。「+」が多いほどUVA波に対する防御効果が高いことを表しています。

SPFとPA値が高いものがいいというわけではない

おそらく多くの人が「一番効果が高いのは『SPF50、PA++++』だろう。これを買えばいいんだ!」と思ったでしょう。確かに日焼け防止効果は高いのですが、落とし穴もあります。

紫外線防御効果が高いものには、肌を乾燥させたりアレルギーを起こす物質が含まれていることがあります。

効果が高い分、負担も大きくなるということですね。何も考えずに「SPF50、PA++++」を使用すると、トラブルが起きることも否定できません。

メンズの日焼け止めの選び方

日焼け止めを塗る男性

使用感で選ぶ

男性が日焼け止めを塗るのを避ける理由として挙げられるのが「塗っていて違和感があるから」です。気持ち悪さを感じない日焼け止めを選ぶために、以下のポイントを満たしているかどうかをチェックしましょう。

  • 塗った後のベタつきが気にならない
  • 白浮きしない
  • 無臭or香りがいい

タイプから選ぶ

自分のライフスタイルに合わせて、使いやすいタイプの日焼け止めを選びましょう。使うのがおっくうでないだけで、継続しやすくなります。

乳液タイプ

毎日の紫外線予防に選ぶなら、乳液タイプがおすすめです。朝の洗顔・化粧水の後、そのままスキンケアとして取り入れられます。通常の日焼け止めよりも伸びがよく使用感がいいので、普段使いしやすいと人気です。日焼け止めを塗るのに不慣れなメンズでも簡単に使えます。

ジェルタイプ

ひんやりした使い心地で、夏にぴったり。爽快感がほしい男性におすすめです。さっと伸ばしやすく、白浮きの心配もありません。

スプレータイプ

少々かさばるというデメリットがありますが、直接肌に吹きかけられるため手軽に使えます。手を汚したくない時にも便利。移動中などにさっと塗りなおしたい時におすすめです。

ローションタイプ

水のようにさらりとした使い心地で、肌の熱を抑えてくれる効果もあります。伸びがいい分すぐに使い切ってしまい、少々コスパは悪いかもしれません。しかし一瞬でのばせるというメリットは大きいです。

UVカット効果で選ぶ

老化防止を目的として日焼け止めを使うなら、やはり紫外線を防ぐ効果は気になりますよね。やみくもに効果の高い商品を選んでしまうと、トラブルの原因になります。生活環境や用途に応じて選ぶことをおすすめします。

短時間の散歩や室内で過ごす時はSPFもPAも低いもので十分。逆に海やプールなど長時間日光に当たる場合は数値の高いものを選んでください。

肌質で選ぶ

特に肌トラブルを感じたことがないという人は、好みで日焼け止めを選んで構いません。

テカリやベタつきが気になる人は、さっぱりした使用感のものを選ぶとよいでしょう。メンズ向けの商品には皮脂を吸着してくれる成分が配合されているものが多くあります。

乾燥肌・敏感肌の人は「紫外線吸収剤フリー」と書いてある商品が安心です。
紫外線吸収剤はUVカット効果は高いものの、肌の上で科学反応を起こすため刺激になることがあるからです。

デリケートな肌質の人は紫外線吸収剤ではなく「紫外線散乱剤」を使っている商品を選ぶのがおすすめです。紫外線散乱剤は、紫外線を吸収するのではなく反射させて防ぐので、負担が軽くなります。

メンズの日焼け止めデビューに!おすすめ商品5選

将来の自分のため、思いっきりレジャーを楽しむため、ぜひ自分にあった日焼け止めを見つけてください。最新のおすすめ商品をご紹介します!

花王「ニベアメン UVプロテクター」

ニベアメン UVプロテクター SPF50+

汗や水に強いウォータープルーフ処方。スポーツやレジャーなど、長時間外で活動する時におすすめです。皮脂吸着成分を配合しているので、テカリやベタつきも抑えてくれます。爽やかな香りも人気の理由です。
【ステータス】
価格:709円(税込)
内容量:40ml
SPF:50
PA:++++
ウォータープルーフ:〇

バルクオム「THE SUNSCREEN」

バルクオム「THE SUNSCREEN」

肌に優しいのに皮脂や汗に強い処方。夏の通勤時や外回りなどにちょうどいいUVカット効果があります。低刺激なのにしっかり日焼け止めの効果を実感できます。石けんで簡単にオフできるのも魅力。
【ステータス】
価格:2200円(税抜)
内容量:40g
SPF:40
PA:+++
ウォータープルーフ:×

ジゲン「UVクリームジェル」

ジゲン「UVクリームジェル」

紫外線散乱剤を使用しているので肌への負担は軽め。クリームジェルタイプなのでさっとなじませられます。つけたことを忘れるほど、素肌に近い感覚で過ごせます。刺激となる成分ができる限りそぎ落とされているので、敏感肌の人でも安心して使用可能です。
【ステータス】
価格:3300円(税込)
内容量:50g
SPF:21
PA:++
ウォータープルーフ:×

ギャッツビー「パーフェクトUVローション」

ギャッツビー「パーフェクトUVローション」

手頃な価格で高いUVカット効果を実感できる優れもの。水感覚でスーッとなじませることができます。アロエエキスやヒアルロン酸などの潤い成分を配合しているので、乾燥からも守ってくれます。

【ステータス】
価格:491円(税込)
内容量:30ml
SPF:50
PA:++++
ウォータープルーフ:〇

ラ ロッシュ ポゼ「UVイデア XL プロテクションミスト」

ラ ロッシュ ポゼ「UVイデア XL プロテクションミスト」

細かいミストに優しく包まれながらUVケアできる商品。男性が使っていても違和感のない見た目で、持ち運びに便利です。肌への優しさに徹底的にこだわっているので、デリケートな肌の人でも安心。
【ステータス】
価格:3250円(税込)
内容量:50g
SPF:50
PA:++++
ウォータープルーフ:×

まとめ

SPF、PAが高いからといって、日焼け止めとして最適かどうかは分かりません。ライフスタイル、肌質、使用目的に応じて選ぶことが重要です。将来の自分のために、今からさっそくケアを始めましょう!

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。