髭剃りをしている男性

逆剃りしても肌荒れしない!正しい髭剃り法

毎日毎日生えてくる髭。処理が面倒なので、できるだけ剃った後の状態を長く保ちたいものですよね。しっかり剃りたいという気持ちから、毛流れに逆らって剃る「逆剃り」をしている男性は多いのではないでしょうか。

逆剃りすると毛の根元からしっかり剃れるので、心地いいですよね。しかし、これが肌を傷める原因になっているかもしれないのです。

今回は、リスクを最小限に抑える正しい髭の剃り方をご紹介します。肌に悪いとは知らず逆剃りしてしまっていた方、よくないと知りながらついつい逆剃りをしてしまっていた方もぜひ参考にしてくださいね。

ペペペメン公式ライン登録はこちら

髭の生える方向は一定ではない

そもそも髭が生えている方向は一定ではないということをご存じでしょうか。パッと見は全て上から下に向かってまっすぐ生えているような気がしますよね。しかし、カーブを描くように生えている毛、渦巻くように生えている毛など、実に様々な方向に生えているのです。

とくにもみあげやアゴ下部分の毛は、うねるように生えていることが多いのでよく見てみましょう。順剃り・逆剃りを考える前に、まずは毛の流れの確認をすることを頭に入れておいてくださいね。

順剃りのメリット・デメリット

シェーバーが並んでいる

毛の流れに従って剃る順剃りは皮膚に負担をかけにくく、カミソリ負けや肌荒れを回避できます。しかし深く剃ることができないので、剃り残しが目立ちやすく、すべすべ感を感じにくいというのが難点です。

逆剃りのメリット・デメリット

逆剃りは毛の根元までしっかり剃ることができます。処理が終わった後の肌を触るとなめらかさを感じられるでしょう。しかし、カミソリの刃が肌に当たる範囲が広くなり、毛を引っ張りながら剃るため負担が大きくなります。カミソリ負けを起こしやすい剃り方です。

逆剃りでも肌を傷めない正しいやり方

順剃りが肌に優しいことは分かっていても、すべすべ感が物足りず結局逆剃りを選んでしまうという方は多いでしょう。ここからは肌をできるだけ労わりながら逆剃りできる方法をご紹介します。正しい髭の剃り方をマスターしましょう。

①洗顔で肌を整える

まずは洗顔料で顔を洗い、顔に付着した汚れやほこりを綺麗に落としましょう。いきなり髭を剃ると小さなゴミがカミソリの刃に引っかかり、皮膚を傷付けるだけでなく刃も痛めてしまいます。カミソリの刃がスムーズに動くように顔の表面を清潔にしましょう。

②蒸しタオルで肌を整える

水を含ませたタオルをレンジで一分ほど温めて蒸しタオルを作り、肌の上に数秒間当てましょう。洗顔で失われた水分を補給する目的があります。

さらに、水分を含むことで髭が40%も膨張し、柔らかくなる効果もあるのです。硬い毛よりも柔らかい毛の方が、刃の滑りがスムーズになりますよね。

理髪店で髭剃り前に蒸しタオルを当てられた経験があるのではないでしょうか?プロの現場でも取り入れられていることなので、ぜひ試してみてください。

③シェービング剤をつける

できる限り肌への負担を減らしながら髭を剃るために、シェービング剤の使用は必須です。シェービング剤には以下のような効果・役割があります。

  • 保湿作用
  • スムーサー作用
  • どこを剃ったか把握できる
  • 鎮静作用
  • リフレッシュ作用

髭剃りの間にうるおいを保ち、カミソリが肌の上をなめらかに滑るよう手助けしてくれる効果があります。シェービング剤の上からカミソリを動かすと、どこを剃ったか一目瞭然ですよね。刃を何度も同じところに当てるのはNGなので、これもとても役に立つ作用です。

さらに、シェービング剤には爽快感をもたらす成分が含まれていて、気分をリフレッシュさせてくれる効果もあります。髭剃り後のスッキリ感をより味わいたいならぜひ使用しましょう。

④順剃りから始める

まずは鏡を見て、自分の髭の生えている方向を確認します。その方向に剃って、「順剃り」からスタートしてください。しっかり剃りたいからと、いきなり毛流れに逆らうのはNGです。

順剃りだけで綺麗になればいいのですが、人によってアゴ下や口周りなど剃り残しが気になってしまうでしょう。毛が太く量が多い方も満足する仕上がりにならないはずです。そこで、ザラつきが気になる部分を狙って逆剃りをします。この時全体的に行わないことがポイントです。

⑤「張り手」のテクニックも応用

最後の仕上げとしておすすめなのが、「張り手」というテクニックです。カミソリを持っていない方の手で皮膚を引っ張りながら深く剃ります。皮膚を引っ張ることで毛が立ち上がるので、より綺麗に仕上げられるでしょう。

⑥アフターケアも入念に

シェービングが終わったら、シェービング剤を水できれいに洗い流します。せっかく上手に剃れても、すすぎ残しがあるとトラブルが起きるので気を付けましょう。

シェービング後は「アフターシェービングローション」を使って、刺激を受けた肌を整えます。アフターシェービングローションは髭剃り後専用の化粧水のことです。アルコールが含まれている商品が多く、肌の引き締め効果や殺菌効果が期待できます。

ペペペメン公式ライン登録はこちら

カミソリのメンテナンスも重要

シェービングに欠かせないカミソリですが、丁寧に扱っている自信はありますか?ツールをしっかりメンテナンスすることも美肌への鍵。カミソリのメンテナンスについて見ていきましょう。

刃の交換時期

替え刃の交換を定期的にしないと肌を傷める原因になります。にもかかわらず、刃を交換せずにひと月以上使用している人が8割もいるというアンケート結果が出ています。

コストを気にする気持ちは分かりますが、切れ味の悪くなった刃を使い続けると雑菌がたまっていきます。刃で傷つけられた皮膚の中に、カミソリに付着した雑菌が侵入していくことを考えると、恐ろしいですよね。

メーカーや個人の毛質にもよりますが、基本的にカミソリの刃の交換時期の目安は2週間~1ヵ月。これより使用期間が短くても、「なんだか切れ味が悪くなったな」と感じたり、出血したりするようなら替え時です。

多少お金はかかるかもしれませんが、のちのち起こった肌トラブルを治すのにもお金がかかると思えば安いものです。

保管方法

刃をできるだけ長持ちさせるコツは、カミソリの保管方法にあります。毛・皮脂・ホコリなどが刃に詰まっていると、耐久性が著しく落ちていきます。使用後はぬるま湯や水で綺麗に洗い流して水切りし、湿気のある場所を避けて乾燥した所に保管しておきましょう。

シェービングの流れでそのまま浴室に置きっぱなしの男性が多いようですうが、雑菌が繁殖する原因につながります。また「湿気を取り除くのが大事だ」と思って、布などで刃を拭いてしまうのも厳禁です。刃のコーティングが剥がれ落ちたり、刃こぼれの原因になったりします。

髭脱毛も検討する価値あり

毛がかなり濃い場合は、いくら丁寧にシェービングしてもどうしても肌に負担がかかってしまうもの。生えてくるペースが早い方も、毎日のお手入れが大変ですよね。

そんな方はサロンやクリニックでの脱毛も検討してみましょう。レーザーや光の熱を利用して毛根にアプローチするので、毛を根元から薄くできます。

最初の体験は格安でできるサロンやクリニックが多いです。1回行うだけでも毛量が減って楽になる可能性があるので、試してみてはいかがでしょうか。

正しい髭剃りで肌荒れを防止!

鏡を見ながらローションをつける男性

なめらかな肌にしたくて逆剃りをする男性が多いですが、肌の負担になりやすいです。刃が皮膚に当たる範囲が大きいこと、剃る時にどうしても毛や皮膚を引っ張ってしまうことが原因です。始める前の準備をしっかりした上で、正しい手順を踏んで剃りましょう。トラブルを最小限に抑えてお手入れすることができます。丁寧なお手入れですべすべ肌を手に入れましょう!

お肌の悩みはペペペメン公式LINEにお任せ!

ペペぺメン公式LINEでは以下のような悩みにお答えしています。

  • 髭剃り後の正しいスキンケア方法がわからない
  • 髭剃りで肌荒れが起きた場合はどうすれば良いの?
  • 自分の肌に合ったスキンケアグッズの選び方を知りたい!

髭剃りやスキンケアなどお肌に関する悩みがある場合は、ペペペメン公式LINEからアドバイスを受けられます。

ペペペメン公式LINEは完全無料なので、お肌の悩みがある場合は気軽にお声がけください。

ペペペメン公式ライン登録はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。