疑問に思っている男性

シャンプーに含まれる界面活性剤って危険なの?役割や効果を徹底解説

髪の清潔さを保つのに必須なシャンプーですが、界面活性剤という成分が含まれていることが多いです。

界面活性剤は体に悪いというイメージがある人も多いでしょう。

しかし、必ずしも悪いというわけではありません。

髪を清潔にするという大切な役割があります。

この記事ではシャンプーに含まれる界面活性剤の役割や安全性についてご紹介していきます。

シャンプーに必須の界面活性剤には2つの役割がある

シャンプーや化粧品に含まれる界面活性剤には以下の効果があります。

  • 水分と油分をつなぎ合わせる
  • 泡立ちをサポートする

髪を清潔にするシャンプーにとっては必須とも言える効果があります。

逆に言うと、界面活性剤が含まれないシャンプーはあまり洗浄力がありません。

中には不使用のものもありますが、界面活性剤と似たような効果がある植物エキスが含まれています。

その場合は洗浄力が高いですが、代わりの成分が含まれていないと洗浄力が落ちるので注意が必要です。

水分と油分をつなぎ合わせる

界面活性剤には通常なら交じり合わない水分と油分をつなぎ合わせるという役割があります。

水と油が混ざらないのはご存じだと思いますが、不可能を可能にしているのです。

水と油をつなぎ合わせることで髪に付着した皮脂を取り除けます。

そのため、髪を清潔にする役割があるシャンプーに界面活性剤が含まれているのです。

 

頭皮からは皮脂という油に近い物質が分泌されていてそれが髪の毛に付着します。

皮脂も油なのでシャワーなどの水分では、汚れは落とせても油分は完全に落とし切れません。

しかし、界面活性剤入りのシャンプーを使うことで汚れも皮脂も落とせます。

このように、髪を清潔するという大事な役割があるのが界面活性剤です。

泡立ちをサポートして汚れを除去する

界面活性剤には泡立つという役割があります。

シャンプーや洗剤を使うと泡立つので、それをイメージしてもらうと分かりやすいでしょう。

界面活性剤でできた泡を弾けるという特徴があります。

弾けることによって、水では落ちない汚れも落としてくれます。

このように、髪の毛の汚れや皮脂を落とすのに効果的な成分の一つですが、本当に危険性はないのでしょうか。

シャンプーに含まれる界面活性剤は基本的に安全

界面活性剤は基本的に安全な成分です。

シャンプー以外に洗剤や化粧品、食品にまで使われているので比較的安全な成分と言えます。

なんとなく体に悪いイメージがあるかもしれませんが、必ずしも悪いわけでありません。

ただ、配合量によっては肌に良くない可能性もあります。

どれだけ使っても安心というわけではないので注意が必要です。

 

例えば成分表示の一番前にあると危険かもしれません。

成分表示には含まれる成分の1%を超えるものに関して、配合量が多いものから表記するというルールがあります。

そのため、商品を選ぶ時は一番最初に表記されていないか確認しておいた方が良いです。

どうしても不安だという方は天然界面活性剤を選ぶと良いでしょう。

>>シャンプーなどの化粧品成分表示にある3つのルールとは?

安全性を考慮するなら天然性がおすすめ

界面活性剤は主に合成と天然の2つに分けられます。

このうち、肌に良くないといわれているのが化学物質を使われた合成タイプです。

合成タイプは洗浄力が高いので、汚れや皮脂をスッキリ落とせます。

しかし、洗浄力が高いので頭皮へのダメージも強いです。

人によっては頭皮が荒れることもあるでしょう。

 

一方で、天然タイプは洗浄力がマイルドなので頭皮に優しいです。

また、保湿力があるものも多いので、頭皮環境をよくする効果も期待できます。

ただ、天然性には泡が髪に残りやすいというデメリットもあります。

しっかりとシャワーを浴びないといけないので注意が必要です。

このように、天然と合成ではメリットとデメリットがあります。

基本的には天然性がおすすめですが、用途に合わせて使い分けましょう。

合成タイプは髪が汚れやすい人におすすめ

合成タイプはご紹介したように天然より洗浄力が強いです。

そのため、

  • 汗をかきやすい
  • 夏場や梅雨時など汗をかきやすい時期
  • ハードワックスなどのセット力のある整髪料を毎日のように使う

など、髪の皮脂や汚れをしっかりと落としたい時におすすめです。

天然タイプでも汚れを落とせますが、必ずしもすべての汚れを落とせるわけではありません。

汚れが残っているとかゆみやフケにつながります。

いくら頭皮に優しい天然でもワックスや汚れが残ると良くないので、その場合は合成タイプを使ってしっかり汚れを落とし切りましょう。

シャンプー用の界面活性剤には4種類ある!肌質で使い分けることが大切

スカルプケア

シャンプーには以下の種類があります。

種類 洗浄力 刺激性
カルボン酸塩(せっけん系) 強い 強い
硫酸エステル塩(高級アルコール系) さっぱり 比較的少ない
アミノ酸系 マイルド 少ない
ベタイン系 マイルド 少ない

このように4種類あって肌質によって使い分けるのがポイントです。

硫酸エステル塩はオイリー肌におすすめ

カルボン酸塩は洗浄力が高いので、皮脂の分泌が多いオイリー肌におすすめです。

例えば汗をかきやすい、髪がべたついているといった人に向いています。

ただ、カルボン酸塩は洗浄力が高いです。

毎日洗っていると髪がごわつくこともあるので、様子を見ながら使いましょう。

カルボン酸塩のものは

  • ラウレス硫酸Na
  • ラウリル硫酸Na
  • ラウレス硫酸アンモニウム

という成分が含まれていることが多いです。

アミノ酸は敏感肌におすすめ

アミノ酸型は髪の毛との相性が良いのでダメージが少ないです。

そのため敏感肌の人に向いています。

また、髪のツヤや櫛通りも良く仕上がるので、髪がパサつくという人にもおすすめです。

アミノ酸型のシャンプーには

  • ココイル○○
  • ラウロイル○○

といった成分が含まれています。

べタインは乾燥肌におすすめ

ベタインとは砂糖大根由来の成分です。

刺激が少ないという特徴があって、赤ちゃんにも使えます。

そのうえ、保湿力も高いので乾燥肌や敏感肌の人におすすめです。

ただ、マイルドな洗浄力なのでワックスなどの整髪料を完全に落とし切れないこともあります。

ベタインのシャンプーは○○ベタインという成分を含んでいることが多いです。

カルボン酸塩は通常肌におすすめ

硫酸エステル塩はさっぱりとした洗い心地で、刺激も比較的少ないので通常肌におすすめです。

通常肌とは上記のどの肌タイプにも当てはまらない人のことを言います。

硫酸エステル塩タイプはあまり添加物が含まれていないことが多いので、添加物を気にする人にもおすすめです。

ただ、硫酸エステル塩はさっぱりしているので乾燥肌の場合は荒れる可能性があります。

乾燥肌の場合はご紹介したベタインのものを使いましょう。

硫酸エステル塩のシャンプーは主に

  • 石けん素地
  • カリ石ケン素地
  • 脂肪酸ナトリウム
  • 脂肪酸エステル

という成分が含まれています。

界面活性剤以外に気を付けた4つの成分

ここまで界面活性剤の安全性についてご紹介してきました。

しかし、その他にも気を付けておきたい成分が4つもあります。

  • シリコン…頭皮に蓄積すると頭皮トラブルを引き起こす可能性がある
  • 香料…アレルギー反応を起こす可能性がある
  • 着色料…皮膚障害やアレルギーを起こす可能性がある
  • 防腐剤(パラベン)…刺激を感じることがある

このように、トラブルを引き起こす成分があります。

特に香料や着色料は含まれていても良いことがありません。

商品を選ぶ時は香料や赤色○号といった着色料が含まれていないか確認しておきましょう。

シリコンやパラベンに関しては必ずしも悪いというわけではありません。

シリコンは髪のコンディションを整える成分で、パラベンは細菌やカビ増殖、腐敗を防ぐ役割があります。

このように、シャンプーに必要な成分の一つですが、人によっては体に合わないこともあるので気を付けましょう。

まとめ

鏡を見る男性

シャンプーに含まれる界面活性剤は必ずしも悪い成分ではありません。

洗浄力を上げる効果があるので、髪をきれいにしてくれます。

ただ、含まれる量によっては副作用が現れるかもしれません。

どうしても気になる人は天然界面活性剤がおすすめです。

天然なら洗浄力が落ちるデメリットがありますが、その分肌に優しいというメリットもあります。

そのうえで、アミノ酸やベタイン入りなど自分に合うシャンプーを選ぶと、頭皮が荒れることもないでしょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。