ワックスは頭皮に良くないの?悪影響を与えない3つのポイントを紹介

ヘアースタイルをかっこよく決めるのに便利なワックスですが、付けすぎはあまり良くないという印象をお持ちではないでしょうか。

毎日のように付けていると髪や頭皮が傷んで将来的にハゲルという印象は強いです。

しかしワックスは必ずしも悪いわけではありません。

ではなぜワックスが頭皮に対して悪影響を与えないのか紹介していきます。

毛髪の健康状態を守るための正しい付け方・落とし方・商品の選び方も紹介しているので合わせて押さえておきましょう。

ワックスは基本的に頭皮に悪影響を与えない

そもそもワックスの成分に悪い効果を与えるものは含まれていないので安全性が高いです。

例えば成分の一つとして界面活性剤が含まれていることが多いですが、化粧水や洗顔料などにも使われています。

界面活性剤には水分と油分のつなぎになって、水と油を混ぜ合わせる効果があります。

さまざまな化粧品に界面活性剤は使われているので基本的に副作用はありません。

ワックスには界面活性剤以外に油分や水分を含んでいることが多いですが、いずれも安全性が高いです。

このように必ずしも悪いというわけではありませんが、以下のことをしていると頭皮や髪が傷つきます。

  • 髪と一緒に頭皮にも付けてる
  • シャンプーの時に落とし切れていない
  • アルコールやパラベンなどの化学成分が含まれているものを使っている

頭皮が傷むと頭のかゆみや乾燥、抜け毛などさまざまな症状が出ます。

その状態のまま放っておくと若くして頭が薄くなる可能性もありえるのです。

間違った使い方をしているとこういったデメリットが発生するので、ワックスは髪に悪いというイメージが強いのでしょう。

しかし、頭皮に悪影響を与える3つの改善策さえ押さえておけば比較的安全です。

そのためには以下の3つを押さえておきましょう。

  • 正しい付け方
  • 髪の洗い方
  • 体に優しい商品の選び方

ワックスの正しい付け方と2つの注意点

実はワックスにも正しい付け方があります。

何となく付けている人も多いと思いますが、それでは頭皮のダメージを避けられないので正しい付け方を覚えておきましょう。

  1. 手をせっけんなどで清潔にする
  2. 手に少量の液体を乗せてよく伸ばす
  3. 髪の根元に指先を入れて、握るように付けていく

作業を行う前は必ず手を洗っておきましょう。

手には目に見えない汚れが付いている可能性があります。

その汚れを髪に付けると傷むので、まずは手洗いです。

そしてワックスを付ける時は以下の2つのポイントに気を付ける必要があります。

  • 頭皮に液体を付けない
  • 大量に使わない

注意点1.頭皮に液体を付けない

正しい付け方を知らない人に多いですが、髪と一緒に頭皮にも付けることがあります。

しかし頭皮に付けると傷むので良くありません。

ワックスは髪だけに付けるのが正しい使い方です。

少し繊細な作業になるので慣れていない方は少し難しいかもしれません。

しかし大雑把に付けると、頭皮が傷むというデメリットがあります。

健康状態を悪くせず見た目をおしゃれするためにも、慎重に付けていきましょう。

注意点2.大量に使わない

そして液体を大量に使わないのもポイントです。

大量に使うと髪の毛に付ける際に他の場所に付く可能性もあります。

また、大量に髪につけると時間が経って頭に垂れるかもしれません。

たくさん使うとデメリットが多いので、液体は少しだけで良いです。

さじ加減が分からないという方は指先で少しだけすくうくらいの量から始めてみましょう。

それで足りないようなら徐々に増やしていくと付けすぎを防げます。

もし量が少ないと長時間持たないという方はキープ力が高いハードタイプがおすすめです。

ハードタイプなら少量でも長時間持つので、仕事などで髪をキッチリと整えたい方にはぴったりでしょう。

髪につけたワックスの落とし方

ワックスを完全に落とす工程は全部で5つです。

  1. ブラッシングで髪の流れを統一させる
  2. ぬるま湯(38~40℃)をかける
  3. リンスやコンディショナーを使う
  4. 泡をしっかりとすすぐ
  5. シャンプーを使う

工程1.ブラッシングする

ブラッシングする男性

髪を洗う前にまずブラッシングしておきましょう。

ブラッシングとはブラシを使って髪をすく作業のことで、流れを統一させることで摩擦が減ります。

摩擦が減ると髪のダメージも減るので傷みにくいです。

工程2.ぬるま湯で頭を洗う

ブラッシングが終わったらぬるま湯を使いますが、温度は40℃以下にしておきましょう。

熱々のお湯を使えば落ちやすいというメリットがありますが、頭皮や髪が傷むデメリットもあります。

デメリットの方が大きいのでぬるま湯を使いましょう。

そしてぬるま湯の段階である程度ワックスを落としておくのもポイントです。

この段階で落としておくと後々の工程が楽になります。

工程3.リンス・コンディショナーを使う

ぬるま湯を頭にかけ終わったらリンスやコンディショナーを使いましょう。

シャンプーの前にリンスを使うことで落ちやすくなります。

もし、ぬるま湯である程度ワックスを落とせた場合にはリンスは不要です。

キープ力が高いハードタイプの場合はリンスを使いましょう。

そしてリンスやコンディショナーを使った後はしっかりと泡を洗い落とすことが大切です。

洗い残しがあるとシャンプーの効果が落ちます。

頭を洗うのはシャンプーがメインなので、その効果が落ちると最終的に洗い残しが発生するかもしれません。

時間をかけて確実に泡を落としておきましょう。

工程4.シャンプーを使う

リンスやコンディショナーの泡を落とし終わったら最後にシャンプーで洗っていきます。

使い方は通常通りで良いですが、シャンプーの液体は頭に付ける前に泡立てた方が髪に優しいです。

泡立てネットなどを使ってもこもこの泡を作ってから頭に乗せましょう。

そしてシャンプーを付け終わった後は洗い残しがないようにするのが最大のポイントです。

ご紹介したようにワックスには髪に残ると悪影響を与える成分が含まれています。

洗い残しがあると髪が傷むので気を付けましょう。

頭皮に優しいワックスの選び方

頭皮や髪を傷めないためには商品の選び方も大切です。

  • 種類
  • 成分

この2つを押さえることでより自分に合ったワックスを選べます。

ワックスは主に2つの種類がある

ハードタイプとソフトタイプには以下の特徴があります。

  • ハードタイプ…キープ力が高いから長時間持つ
  • ソフトタイプ…持続力は短いがナチュラルな仕上がりにできる

仕事などで長時間ヘアーセットを保ちたい場合はハードタイプがおすすめです。

ただハードタイプの場合は一度セットすると、そのキープ力の高さからセットを変えにくいというデメリットもあるので気を付けましょう。

一方でソフトタイプはキープ力が低いというデメリットがあるので、長時間使う場合は定期的に付ける必要があります。

しかしソフトタイプはセットを変えやすい、自然な仕上がりになるというメリットもあります。

このように大きく分けると2つの種類があって、特徴も異なるので自分の都合に合わせて選びましょう。

髪へのダメージを気にするなら無添加がおすすめ

ワックスには合成界面活性剤やアルコール、パラベンなどの添加物が含まれていることが多いです。

これらの成分は少なからず危険性があります。

最後に頭ををしっかりと落とせば問題ありませんが、残っていると髪が傷んでかゆくなる可能性が高いです。

添加物入りはこういったリスクがあるので、無添加のものを利用するのも良いでしょう。

中でも天然由来の成分が豊富に含まれたオーガニック製は肌に優しいです。

特に敏感肌の人には適しているので、安全性を優先する方はオーガニック製を選ぶのも良いでしょう。

 

まとめ

ワックスは頭皮に悪影響を与える原因は以下の3つです。

  • ワックスを頭皮に付けてる
  • シャンプーの時に落とし切れていない
  • アルコールやパラベンなどの化学成分が含まれているものを使っている

特に洗い残しと頭皮にも液体を付けているのは良くありません。

頭皮の健康状態を悪化させないためにも、付け方・落とし方・選び方をしっかりと学んでおきましょう。

そうすれば将来的に頭が薄くなる可能性も低くなります。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。