カニナバラ果実

カニナバラ果実エキス(ローズヒップ)とは?化粧品の効果を教えます

化粧品の含まれる「カニナバラ果実エキス」をご存知でしょうか?

今回はエイジングケア効果で知られる、「カニナバラ果実エキス」についてご紹介いたします。

カニナバラ果実エキスとは

カニナバラ果実

カニナバラとは、植物由来成分の一種であり、バラ科の植物の果実「ローズヒップ」の一種です。

この果実を、水やエタノール、BG、などの溶媒液で抽出すると、カニナバラ果実エキスとなります。

エイジングケアにとても良い成分と知られており、主な成分としてビタミンCを多く含みます。

タンパク質を分解するエラスターゼの活性を阻害する抗老化作用が認められており、乾燥めだによる小ジワを目立たなくすると言われています。

カニナバラ果実エキスに含まれるビタミンCは、レモンの20〜40倍もあると言われ、ビタミンCには、抗酸化作用や色素沈着作用があるため、とても美容に効果的です。

化粧品での効果は?

カニナバラ果実エキスには、エラスターゼの活性を抑制する効果があります。

コラーゲンと同じくハリと弾力の維持にとても大事な成分である「エラスチン」を分解する酵素がエラスターゼであり、このエラスチンの阻害を抑制することで、肌老化やシワを予防する効果が期待できます。

そのほかには、紫外線によるダメージを抑えたり、色素沈着抑制やメラニン生成を抑制し、結果的に美白成分としての効果かあります。

さらに、角質内に水分量増加による保湿作用もありますので、普段から美肌を意識されている方や乾燥肌にお使いいただきやすい成分です。

カニナバラ果実エキスの安全性は?

カニナバラ果実エキスは、過去の使用実績より皮膚刺激性はほとんどありません。

ですが、植物成分のため、アレルギーによって肌荒れを引き起こす原因になり得ますが、現在のところそのような報告はありません。

化粧品に含まれている配合量も多くないため、肌への影響も少ないと言えるでしょう。

普通肌・混合肌・乾燥肌・脂性肌のどのタイプの肌でも問題なく使用できる成分です。

とはいえ、100%安全とは言い切れませんので、使用中に赤みやかぶれ、肌荒れを引き起こした場合は、使用を中止しましょう。

普段から化粧品で肌荒れを引き起こしやすい敏感性の肌質の方は、使用前にパッチテストをすることをお勧めいたします。

カニナバラ果実エキスを使用する化粧品は?

カニナバラ果実

カニナバラ果実エキスは、スキンケア化粧品、洗顔料、メイクアップ化粧品、リップケア製品、ボディ&ハンド フットケア製品など様々な製品に広く使用されます。

オススメのカニナバラ果実エキス配合の化粧水

オススメのカニナバラ果実エキスが配合している化粧水は、アオルアムサスティナブルローションです。

アオルアムサスティナブルローションは、世界基準をクリアした、男性用では珍しいCOSMOS認証を取得したオーガニック化粧水です。

カニナバラ果実エキス他、天然由来成分が99%配合されております。

アオルアムサスティナブルローションの特徴をまとめると、カニナバラ果実エキス配合以外では、次のポイントがあります。

  • ザクロ種子油、アルガンオイル、アプリコットの3種のオーガニック成分によるエモリエント成分を配合
  • アミノ酸を多く含んでいるチャ葉エキスには、そのほかにカフェイン、ビタミンなどを多く含み、収れん効果が期待できるのでお肌を引き締め、ポリフェノールの一種であるカテキンの消臭作用によって臭いと言われない肌に。
  • 抗酸化力の強いエラグ酸を多く含むザクロ種子油が、肌につやを与え、紫外線や乾燥からお肌を守ります。
  • 皮膚常在菌バランスを整えるα‐グルカンオリゴサッカリドには、様々な刺激により乱れた「皮フ常在菌バランスを調整する作用」があり、肌荒れ防止やデオドラント効果に繋がり、消臭、消炎作用が期待できます。

また、男性から敬遠されがちの「ベタっとした肌触り」を一新し、保湿効果の高い”さらっとした新しいテクスチャ”となっております。

カニナバラ果実エキス他、様々なオーガニック成分を含む、アオルアムサスティナブルローションの詳しい情報はこちらから。

まとめ

今回は、エイジングケアで知られる「カニナバラ果実エキス」についてご紹介いたしました。

効能効果や安全性や、そのほか特徴について理解できましたでしょうか?

カニナバラ果実エキスが含まれる化粧品や、オススメの化粧水についてもご紹介いたしました。

ぜひ成分を理解し、エイジングケアに役立ててくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。