メンズ化粧水をルーペで見ている男性

化粧水に配合されることが多い防腐剤がヤバいって本当?

化粧品には肌に悪い化学物質が含まれていることがあります。

例えば合成着色料やエタノールなどは大量に含まれていると肌荒れする可能性があります。

ただ少量なら基本的に問題ありません。

そんな化学物質の中には防腐剤という成分もあります。

では防腐剤の場合は皮膚に良くないのでしょうか。

今回は防腐剤の特徴について紹介していきます。

安全性が高いおすすめの化粧水も取り上げているので参考にしてください。

化粧水に配合されている防腐剤は安全

化粧水に配合されている防腐剤は安全です。

化粧水に含まれる防腐剤は雑菌やカビを繁殖させないという目的で配合されているからです。

防腐剤自体で肌荒れするよりも、腐った化粧水で肌荒れするほうがリスクが高いです。

化粧水を含むコスメには水や油が含まれているので、雑菌やカビが繁殖しやすい環境です。

仮に衛生面の悪いコスメを体に付けると、肌荒れを起こす可能性があります。

その危険性を防ぐために防腐剤を配合しているということです。

ちなみに化粧品には消費期限が定められています。

期限を超えると防腐効果が無くなっていき、雑菌やカビの繁殖が増えるので注意しておきましょう。

防腐剤の危険性とは

防腐剤を配合している化粧水を使うことで肌トラブルに遭うことはあります。

例えば、防腐剤の配合量が多い時、またはアトピー持ちやアレルギー肌の方は、皮膚が荒れる可能性は高いです。そのため、化粧品にどれくらい防腐剤が含まれているのか確認する必要があります。

化粧品には基本的に成分表示が記載されていますが、実際にどの量の防腐剤が配合されているか分からないですよね(^^;)

配合量を見分けるポイントとしては、成分表示の最初の方に記載されている成分ほど多いということです。

仮に成分表示の最初から5番目以内に防腐剤が含まれているとあまり肌に良くないかもしれません。

逆に最後の方にあると少量しか含まれていないので、防腐剤による肌荒れの危険性は下がります。

このように、化粧品の成分表示の並び順にはルールがあるので、購入の際には化学物質がどの位置に記載されているのか確認しておくと安心です。

 

防腐剤が肌ストレスの原因に

ファンケルが行った実験結果において、メチルパラベンを配合した化粧品を使い続けると、皮膚中にパラベンが残存することが分かりました。

さらに、微量のパラベンが皮膚内に蓄積されると、細胞に影響を与えることもわかっています。

防腐剤配合の化粧品を塗布すると、皮膚中に防腐剤が残る

引用:ファンケル

パラベンが皮膚内に蓄積されることにより、

  • 皮膚の老化
  • 皮膚のターンオーバーに影響
  • メラニン産出を高める

などの肌ストレスに繋がる可能性を明らかにしております。

肌に負担を掛けたくない、肌を綺麗で保ちたい方はパラベンが配合されていない化粧品を使うのが良いでしょう。

>>パラベンフリーの化粧品って本当に安全?危険な可能性があると判明!

防腐剤の種類とは

防腐剤には以下の種類があります。

  • パラベン
  • 安息香酸
  • デヒドロ酢酸ナトリウム
  • ヒノキチオール
  • フェノキシエタノール

このような種類がありますが、男性用化粧水の場合はパラベンやフェノキシエタノールが含まれていることが多いです。

商品によってはその他の成分が含まれていることもあるので、購入の前には成分表示で上記の成分がどの位置に記載されている確認しておきましょう。

>>フェノキシエタノールフリーの化粧品は安全性が高いって嘘なの?

安全性の高い化粧水はオーガニックコスメがおすすめ!

オーガニックコスメとは化学物質を極力使わずに、自然で採れる植物などのエキスから作られています。

そんなオーガニックコスメには以下の効果が期待できます。

  • 肌が本来持っている力を引き出し美しい肌にする
  • エッセンシャルオイルが含まれているとリラックス効果がある

オーガニックは皮膚に優しいだけでなくこのような効果もあるので、化粧水を購入する時はオーガニックコスメを選ぶのも良いでしょう。

オーガニックコスメの選び方には要注意

比較的体に優しいオーガニックコスメですが、肌質によっては荒れることもあります。

そのためまずはパッチテストをした方が良いです。

また、化学物質が使われているケミカルコスメからオーガニックコスメに変えた場合は、肌荒れのような症状が起こりやすいです。

ただ、これはケミカルコスメで隠されていた本来の状態の皮膚が現れただけで、オーガニックコスメが原因ではありません。

オーガニックで肌荒れしたと勘違いしないように気を付けましょう。本当にオーガニックのアレルギーで皮膚が荒れる可能性もあります。

パッチテストで皮膚が荒れた場合はすぐに利用するのをやめましょう

まとめ

化粧水にはカビや雑菌が繁殖させないために防腐剤が含まれています。

少量なら問題ありませんが、大量に含まれていると皮膚が荒れる可能性があります。

購入の前には成分表示表を確認してパラベンなどの防腐剤がどの位置にあるのか見ておきましょう。

成分表示表の最初にあると大量に含まれている可能性が高いので注意が必要です。

化粧水で肌荒れするリスクを下げたいという方は無添加のものを選ぶと良いでしょう。

特にオーガニックは自然由来の成分が含まれていて、肌に優しいのでおすすめです。

>>食品に使われている防腐剤を配合した、安心安全なメンズ用オーガニックコスメはこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。