エタノールの瓶が移っている写真

フェノキシエタノールとは?本当に安全性が高い成分なのか徹底解説!

化粧品にはフェノキシエタノールフリーなど添加物が含まれていないものも増えてきました。

添加物は少量なら問題ありませんが、人によっては耐性がなくて肌荒れを起こす可能性があります。

そのため無添加の化粧品は通常の化粧品より安全です。

しかしフェノキシエタノールフリーの場合は本当に安全性が高いと言えるのでしょうか。

そこでフェノキシエタノールの効果や安全性についてご紹介していきます。

フェノキシエタノールフリー化粧品について気になっている人は参考にしてください。

フェノキシエタノールの役割は防腐効果

香水

化粧品に含まれることが多いフェノキシエタノールは防腐効果があります。

化粧品なのに腐るのかと不思議に思う方もいるかもしれません。

しかし化粧品には水などの長期保存に向かない素材が使われています。

短期的な利用なら問題ありませんが、基本的に化粧品は長い間使うものなのですぐに腐ると良くありません。

腐って使えなくなるという状況を解決しているのがフェノキシエタノールという成分です。

さらに香水の香りを保つための保留剤としての役割もあります。

香水はなんといっても香りや持続性が大切なので、香水を購入する際には成分表示を見て、フェノキシエタノールが含まれているのか見るのも良いでしょう。

フェノキシエタノールは主に防腐剤として使われますが、防腐効果がある成分は他にもあります。

パラベンも防腐剤として使われる!

ご紹介したようにフェノキシエタノールは防腐剤として使われますが、実はパラベンという成分も防腐効果があります。

そのため化粧品の成分表示を見ると、フェノキシエタノールではなくパラベンが含まれていることもあるでしょう。

フェノキシエタノールが含まれていなくてもパラベンがあると防腐効果はあるので安心してください。

ちなみにパラベンの場合は化粧品だけでなく、食品や医薬品など幅広い分野で使われています。

しかし防腐効果があるフェノキシエタノールとパラベンにはどういった違いがあるのでしょうか。

フェノキシエタノールとパラベンの違いは毒性の強弱

フェノキシエタノールとパラベンの違いは毒性の差です。

どちらも少量の毒性が含まれていますが、パラベンの方がより毒性が高いです。

そのため大量のパラベンが化粧品に含まれているとあまり良くありません。

ただパラベンの場合は防腐力がフェノキシエタノールより高いので、少量でも防腐効果が高いです。

一方でフェノキシエタノールは防腐効果が劣るというデメリットがありますが、毒性がより低いというメリットがあります。

さらにフェノキシエタノールの場合はアレルギー反応が起こりません。

この事実については1998年にアメリカの疫学研究で発表されているので、ほぼ間違いないと言えるでしょう。

一方でパラベンにはアレルギーがあるので、誰にとっても安全とは言えません。

そのためパラベンでアレルギー反応が起こる方はフェノキシエタノールが含まれている化粧品を利用するのも良いでしょう。

 

フェノキシエタノールフリーは必ずしも安全性が高いとは言えない

ご紹介したようにフェノキシエタノールは基本的にアレルギー反応が起こらないので安全性が高いです。

しかしフェノキシエタノールフリーの化粧品が必ずしも安全とは言えません。

どういうことなのかというと、他の添加物が含まれている可能性があります。

例えば合成着色料や香料などの添加物が含まれていると、人によっては肌荒れを起こす可能性があるので、フェノキシエタノールフリーでも絶対に安全ではありません。

化粧品のパッケージにフェノキシエタノールフリーと書かれていても、他にどんな添加物が含まれているのか確認しておきましょう。

化粧品に含まれる添加物

以下のものは化粧品に使われることが多い添加物なので、化学物質が含まれていない化粧品を購入したい方は押さえておきたいです。

  • アルコール
  • 合成界面活性剤
  • 合成着色料
  • 合成色素
  • 香料
  • メチルイソチアゾリンオン
  • DEA・MEA・TEA
  • 鉱物油

これらの成分は添加物なので人によっては肌荒れを起こします。

また、添加物に耐性がある人も含まれる量によっては危険なので注意が必要です。

では何を見て添加物が大量に含まれているか確認すれば良いのかというと成分表示です。

化粧品を購入する時は成分表示の順番にも注意!

化粧品の成分表示には多く含まれるものから表記していくという基準があります。

例えば化粧水の場合は水や保湿成分のグリセリンが最初の方に記されていることが多いです。

逆に成分表示の最初の方にアルコールや香料などの添加物が含まれていると、添加物で肌荒れしない人でも何かしらの悪影響が現れるでしょう。

このように成分表示を見ることで添加物がどれくらいの量が含まれているか判別できます。

フェノキシエタノールフリーでも添加物が含まれていると安全とは言えないので、成分表示までよく見ておきましょう。

もしフェノキシエタノールなどの添加物がなるべくフリーの方が良いという方はオーガニックがおすすめです。

無添加にこだわるならオーガニックコスメもおすすめ!

オーガニック

オーガニックコスメとはフェノキシエタノールなどの添加物をあまり使わずに、天然由来の植物エキスなどをメインにして作られた化粧品のことです。

通常なら化学物質を使うところも植物エキスで代用しています。

例えば通常の化粧品には鉱物油が含まれていることが多いです。

鉱物油は石油から作られているのであまり体に良くありません。

一方でオーガニックコスメの場合は鉱物油の代わりに天然由来の植物エキスが使われています。

天然由来なので人肌にも優しく、植物エキスの種類にもよりますが抗酸化作用や美白効果も期待できるのです。

このようにオーガニックコスメは化学物質を使わないことで安全性が増しているだけでなく、植物エキスの効果もプラスされています。

何かとメリットが多いオーガニックコスメですが、日本製のものを購入する際には注意が必要です。

日本製のオーガニックコスメは純度が安定していない

日本ではオーガニックに関する認証機関がありません。

認証機関がないというのはオーガニックコスメを作る基準がないということです。

例えば天然由来の成分を豊富に使っている純度99%の商品もあります。

その一方で、添加物が含まれた化粧品にちょっとだけ天然由来の成分を含まれた純度の低いものもあります。

日本には認証機関がないのでこういったことが起きているのです。

仮に商品のパッケージに「天然由来」と書かれていても、そこまでオーガニックの純度が高くないこともあるので注意しておきましょう。

もし安定してオーガニックの品質が高いものを買いたいという時は海外の認証マークが付いているものがおすすめです。

海外製の認証マークが付いていると純度が高い!

海外ではオーガニックの認証機関があります。

認証機関ではある一定の基準を満たした商品のみ、オーガニックと名乗ることができるので、日本のように品質の低いものが混ざりこむことがありません。

また、認定基準をクリアすると認証ラベルがもらえます。

その認証ラベルが付いたものなら、オーガニックの純度が高いです。

例えば海外の認証機関の中でもフランスに本社があるエコサートは高い知名度があります。

エコサートでは例えば以下の基準を満たすことでCOSMECO(コスメコ)という認証ラベルが付きます。

  • 完成品の95%は自然原料
  • 完成品の5%は化学原料を入れても良い
  • 完成品の5%、植物原料の50%はオーガニック成分
  • 化学香料は使用不可

このように高い基準をクリアして初めてオーガニックコスメとなるのです。

海外製のコスメにはこのような認証マークが付いているものもあるので、海外製を購入するのも良いでしょう。

 

まとめ

フェノキシエタノールフリーと商品に書かれていても必ずしも安全とは言えません。

それは他の添加物が含まれている可能性があるからです。

例えばパラベンや鉱物油が含まれているかもしれません。

もし無添加にこだわるなら成分表示に添加物がないか確認しておきましょう。

もしくは添加物の利用を極力ひかえて作られるオーガニックもおすすめです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。