オーガニックと天然由来の見分け方は

オーガニックと天然由来の違いは何?オーガニックコスメのメリット・デメリット

肌に優しいという印象が強い、オーガニックや天然由来と銘打ったスキンケアアイテム。

「肌に優しそう」「安全そう」「刺激がなさそう」といったように、何となくのイメージは付くものの、詳しい違いを知っている方は少ないのではないでしょうか。

確かに、オーガニックや天然由来という言葉からは、安全性が高いイメージや肌に優しそうな印象を受けますよね。

実は、オーガニックと天然由来は意味に違いがあり、スキンケアアイテムとしての効果にも違いがあります。

この記事では、オーガニックと天然由来の効果の違いや選び方のポイントなどを紹介します。

オーガニックと天然由来の違いは?

オーガニックと天然由来の違い

オーガニックと天然由来にはどんな違いがあるのでしょうか。

ざっくりと両者の違いについて紹介していきます。

  • オーガニック・・・有機栽培された植物から抽出した成分が原料
  • 天然由来・・・動物由来、植物由来の成分が主原料

主原料となる成分に、違いがあることがわかります。

オーガニックについて

オーガニックコスメとは、農薬や化学薬品を使わずに、有機栽培された植物から抽出した成分が主原料のコスメのことです。

有機栽培は、農薬や化学肥料を使用していないため環境に優しいといった特徴があります。

また、オーガニックコスメを製造しているメーカーはあらゆる工程にも配慮しています。

原料となる土壌や向上の製造過程、販売されるまでの輸送といったように、すべての工程においても自然環境に負荷をかけないようにしています。

天然由来について

自然由来・天然由来の原料の成分を主原料とし、化学合成原料の使用を極力使わずに作った化粧品のことです。

他には、ナチュラルコスメ、自然由来化粧品などと呼ばれています。

使われている成分は、動物由来もしくは植物由来の成分が主原料となっており、明確な定義はされていません。

そのため、自然由来の成分が1%でも配合されていれば、「自然派化粧品」や「ナチュラルコスメ」と名乗ることができます。

オーガニックの認証機関について

オーガニックコスメ業界には、第三者による認証機関があり、認証機関の基準をクリアした商品は一定の品質が保たれている証拠になります。

オーガニックや天然由来の成分が1%でも配合されていれば、オーガニックコスメとして名乗ることができます。

世界的にも基準が曖昧になっているため、これでは安心して購入できません。

そこで、「エコサート」や「NaTrue(ネイトゥルー)」と呼ばれる国際機関が安心して購入できるように、厳格な基準を設けています。

そのため、上記のような認定を受けてから販売されている商品は、比較的に安全性が高く信頼できると言えます。

オーガニック認証団体の世界基準であるエコサート

エコサートは、フランスに設立されたオーガニック認証団体の世界基準です。

ヨーロッパで規定されているオーガニックの基準を満たしているかを厳しく検査し、認定を行う第三者機関となっています。

国際有機認定機関としては世界最大規模の団体で、エコサートの化粧品に関する認証には2つのラベルがあります。

2つのラベル

  1. コスメエコ
  2. コスメビオ

コスメエコの基準

  • 完成品の最低95%が天然由来の原料
  • 残りの5%は、指定された化学原料が使用できる
  • 完成品の最低5%は有機農法由来の原料
  • 植物原料の50%は有機農法由来の原料
  • 人工香料は一切使用禁止

コスメビオの基準

  • 完成品の最低95%が天然由来原料
  • 残りの5%は、指定された化学原料が使用できる
  • 完成品の最低10%は、有機農法由来の原料
  • 植物原料の95%は、有機農法由来の原料
  • 人工香料は、一切使用禁止

どちらも基準は似ていますが、コスメエコの方が基準は緩いのが特徴です。

ヨーロッパの認証団体NaTrue(ネイトゥルー)

NaTrue(ネイトゥルー)は、2008年にヨーロッパの化粧品メーカーが中心になってできた認証団体です。

NaTrue(ネイトゥルー)の認定商品は、認定プロセスをHP上で全て公開し、オーガニック成分の含有率を星の数で表示しているのが特徴です。

★★★NaTrueマーク
オーガニック認定成分の割合が95%以上
含まれている植物もしくは動物起源の天然素材の95%以上がオーガニック認定生産

★★NaTrueマーク
認定成分が70%以上95%未満
含まれている植物もしくは動物起源の天然素材のうち、70%以上95%未満の成分でできている

★NaTrueマーク
認定成分が70%未満
含まれている植物もしくは動物起源の天然素材のうち、70%未満でできている

自然派系のスキンケアアイテムのメリットデメリット

オーガニックコスメのメリット・デメリット

オーガニックや天然由来成分が配合されたスキンケアアイテムには、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

ここでは、メリットとデメリットを紹介します。

メリット

  • 肌への負担が少ない
  • 肌本来が持つ力を引き出す

デメリット

  • 全ての人に合うとは限らない
  • 値段が通常のコスメアイテムよりも高い

メリット①肌への負担が少ない

メリットの一つ目は、肌への負担が少ないことです。

というのも、認定基準をクリアしたアイテムは、人工香料や防腐剤といった化学薬品の使用料が極端に低いからです。

特に、肌が荒れやすく合う化粧品を見つけづらい敏感肌の方には、おすすめです。

しかし、化学薬品が全く使われていない訳ではありません。

商品の質を一定以上に保つには、防腐剤や増粘剤、酸化防止剤といった安定剤は少なからず配合されています。

とはいえ、一般的な商品よりかは使われている量が少ないので、安全性は高いと言えます。

メリット②肌本来も持つ力を引き出す

オーガニック系や天然由来成分には、肌本来が持っている力を引き出すと言われています。

人間の肌には、「美しくなろうとする力」や「再生する力」が元々備わっています。

例えば、ニキビができてしまった時も、睡眠時間の確保や栄養のあるバランスの取れた食事に切り替えることで、自然とニキビが出来にくい状態へと変わっていきます。

動物性や植物性の成分には、人間が本来持つ「美しくなろうとする力」や「再生する力」をサポートし、健康的な状態へと導いてくれます。

デメリット①全ての人に合うとは限らない

デメリットの一つ目は、全ての人に合うとは限らないことです。

化学薬品や安定剤の使用料が低いとはいえ、絶対に安全でありどんな肌質の人にも合うとは限りません。

これは、どの商品にも言えることですが、オーガニック系の商品は「肌に優しい」と謳っているため、肌が荒れやすい自分にも合うのでは?と思ってしまいます。

市場にありふれた全ての商品に言えることですが、オーガニック系の化粧品も例外ではなく、合わない人は合いません。

そのため、本当に自分の肌に合っているかは、使ってみないと分かりません。

デメリット②値段が通常のコスメアイテムよりも高い

デメリットの2つ目は、値段が高いことです。

値段が高くなってしまう理由は、生産コストがかかってしまうからです。

エコサートやNaTrueの基準をクリアした商品は、原料や肥料、それから製造工程や配送にまで配慮しなければいけません。

通常のアイテムよりも、生産コストがかかっているため商品の値段も上がってしまいます。

オーガニック商品を選ぶときは海外の認定基準をクリアした商品を選ぼう

世界オーガニック基準のエコサートがおすすめ

海外の認定基準をクリアした商品を選びましょう。

理由は、海外の認定基準は厳しく設定されているからです。

有名な認定基準だと、NaTrueやエコサート、コスメビオ、コスメエコ、BDIHなどがあります。

その認定機関もクリアするための基準は厳しく、原料はもちろんのこと製造工程から商品を配送するまでの全ての過程で厳しい基準が設けられています。

質の良い商品を選ぶときの一つの基準になるため、商品を選ぶときは海外の認定基準をクリアした商品を選びましょう。

エコサートとは?世界基準のオーガニック認証についてはこちらから

まとめ

この記事では、オーガニックと天然由来の違いについて紹介しました。

  • オーガニック・・・有機栽培された植物から抽出した成分が原料
  • 天然由来・・・動物由来、植物由来の成分が主原料

また、それぞれの成分が少しでも使用されていればオーガニックと名乗ることができてしまいます。

本当に効果を得られるのか、安全性は高いのか、と疑問に思ってします。

そんな方は、第三者機関による認定を受けたアイテムを購入しましょう。

商品の表か裏に認定マークが記載されていることが多いため、商品を購入する前にチェックしておくといいでしょう。

 

ペペペメン公式ラインでは肌の悩みだけでなく、ヘアケアの悩みなどのご相談を受け付けています。

「オーガニックコスメを使ってみたいけど、何がいいかわからない・・・」「自分の肌に合ったオーガニック化粧水が知りたい!」など

気軽に相談してみませんか??質問・相談お待ちしてます(^^♪

ペペペメン公式ライン登録はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。