メガネをかけた男性が横をむいている

男のスキンケアにメンズ化粧水は不要?その必要性を徹底解説

スキンケアと言えば女性がするイメージがあるという人もいるでしょう。

女性はお化粧をするので男性よりも肌荒れを起こしやすいと思うかもしれません。

その点、男性は基本的に化粧をしないので不要だと思う人もいるでしょう。

しかし本当に男性は化粧水が不要なのでしょうか。

そこで男性が化粧水を塗る必要があるのかどうかご紹介していきます。

併せてメンズスキンケアの正しい方法もご紹介しているので覚えておきましょう。

化粧水の効果とは|メンズのスキンケアには不要?

化粧水には以下の効果があります。

  • 肌荒れを防止する
  • 皮脂の分泌を取り除く
  • シミやシワを防ぐ

主に皮膚の状態を良くする効果が期待できます。

そのため見た目を全く気にしないという男性は不要です。

ただ肌は第一印象にもつながるので基本的に気にならない人はあまりいないでしょう。

例えば仕事をしていると外出する機会が多いので人と接触する機会も多いです。

その度にニキビだらけの顔を見られていると考えると嫌だと感じる人は多いでしょう。

その結果、自分の顔が嫌いになるかもしれません。

皮膚が汚いだけでこのようなリスクを背負うので、どちらかといえば肌はきれいな方がメリットが大きいです。

きれいな肌を保つためにもメンズ化粧水を塗っておきましょう。

ではメンズ化粧水にどのような効果があるのか具体的にご紹介します。

効果①皮膚が荒れるのを防止する

メンズ化粧水には肌荒れを防ぐ効果があります。

人の皮膚にはバリア機能というものが備わっていて、この機能があることによって細菌などの外敵から肌を守っています。

しかしバリア機能は紫外線を浴びることで低下して、皮膚が乾燥したり、症状が進めば炎症を起こす可能性もあるのです。

人間の肌を守っているバリア機能はメンズ化粧水を塗ることで取り戻すことができます。

最近、皮膚が荒れてきたという方はバリア機能の低下が原因かもしれません。

特に男性の場合はシェービングをする機会が女性より多いです。

シェービングは刃物が肌に当たっているのでバリア機能を低下させる一つの原因です。

そのためヒゲ剃り後に保湿しておかないと乾燥や肌荒れを起こす可能性があります。

ヒゲを剃った後は入念に保湿しておきましょう。

効果②皮脂の過剰分泌を除去する

メンズ化粧水には皮脂の分泌を除去する効果があります。

男性は女性より皮脂の分泌が多いので、スキンケアをしておかないとニキビになりやすいです。

皮脂が過剰に分泌されると毛穴に詰まりアクネ菌が繁殖します。

それが原因でニキビが発生するので、何のケアもしておかないとぶつぶつな顔になるかもしれません。

顔がニキビだらけになると見た目が悪くなるのでしっかりとケアしておきましょう。

効果③シミやシワを防ぐ

歳をとるとシミやシワが出てきますが、それを化粧水で少しだけ防ぐことができます。

化粧水には肌を柔らかくする効果やハリを持たせる効果があるので、毎日塗っておくとシミやシワができにくくなるでしょう。

シミやシワがないだけで若々しく見えるので、見た目を気にする人にはスキンケアが必須です。

化粧水はメンズ用と女性用どっちがおすすめ?

オーガニックコスメ

化粧水にはメンズ用と女性用がありますが、男性が使う場合は基本的にどちらでも大丈夫です。

女性用を使ったからといって全く効果がないということはありません。

そのためどちらでも良いのですが、それ以上に肌質に合わせて選ぶことが大切です。

男性は女性の2~3倍皮脂を分泌すると言われています。

女性の場合は皮脂の分泌が少ないので、保湿をメインにしていることが多いです。

しかし保湿が多いものを皮脂の分泌が多い人が塗ると、ドロドロになって気持ち悪さを感じます。

このように何も知らずに購入すると失敗する可能性が高いです。

自分が皮脂の分泌が多くて顔がテカっている場合は、保湿成分が少ないさっぱりタイプが向いています。

逆に皮脂の分泌が少ない人がさっぱりタイプを選ぶと、肌が乾燥することがあるので、乾燥肌の場合は保湿メインのものを選びましょう。

そしてアルコールなどで皮膚が荒れる敏感肌の方は無添加やオーガニック製品がおすすめです。

それぞれのタイプによって選び方が異なるので気を付けましょう。

メンズに乳液は不要なの?

化粧水を塗った後は乳液を塗るのがスキンケアの一般的な流れです。

しかし男性が乳液までする必要があるのかというと、肌質によります。

先ほど紹介したうち、皮脂の分泌が多い人だけ乳液は不要です。

乳液には保湿した肌が蒸発しないように油分でふたをするという役割があります。

皮脂が多い人の場合は乳液まですると顔がベタッとするので乳液をする意味がありません。

そのため皮脂の分泌が多い場合は不要ですが、Tゾーンだけでも塗っておいた方が良いです。

Tゾーンは何かと肌トラブルを起こしやすい場所なので、徹底して保湿しておきましょう。

そして皮脂の分泌が少ない人や敏感肌、それ以外の通常肌の人は乳液が必要です。

乳液まで塗るのは面倒かもしれませんが、自分に自信が持てるようになるためにも頑張りましょう。

【メンズ必見】正しいスキンケアの方法とは

肌を気にする男性

正しいメンズスキンケアの流れはこちらです。

  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. 乳液

ではこの3つの手順について紹介していきます。

洗顔のやり方

洗顔のやり方がこちらです。

  1. 洗顔前に手をきれいに洗う
  2. ぬるま湯(30~35度)を顔にかける
  3. メンズ洗顔料を泡立てる
  4. できた泡を鼻筋・おでこ→頬→目・口周りに塗っていく
  5. 洗い残しがないようにお湯で泡を落とす
  6. 清潔なタオルで水気をふき取る

洗顔のポイントはふわふわに泡立てることです。

洗顔料は泡立てることで効果を発揮します。

液体のまま付けても効果が薄くなるので、泡立てネットでよく泡立てましょう。

もし泡立てが苦手な人は元から泡になっている洗顔料がおすすめです。

化粧水の塗り方

洗顔が終わったら以下の方法で保湿しましょう。

  1. 適量を手に取る
  2. 液体を手の平で広げる
  3. 顔に塗っていく
  4. 化粧水が皮膚になじむまで2~4の工程を続ける

ポイントは回数を分けて塗ることです。

一度に大量に付けると皮膚が水分を吸いきれずに無駄になります。

メンズ化粧水のパッケージに書かれている適量を数回に分けて塗っていきましょう。

そして洗顔後すぐに塗るというのもポイントです。

洗顔後は乾燥しやすいので時間が経つにつれてどんどん乾燥していきます。

手遅れになる前にできるだけ早く塗りましょう。

乳液の塗り方

化粧水を塗った後は乳液でふたをしましょう。

乳液の塗り方は適量を手に取って手のひらで広げた後に顔に塗っていくだけです。

ただ化粧水を塗った直後に塗ると乳液がなじまず効果が薄れるので完全になじんでから乳液を塗りましょう。

このようにメンズスキンケアはある程度時間がかかります。

しかし丁寧にスキンケアすることで肌がきれいになるので、外見を気にする方はやっておきたいです。

それでも面倒だという方はオールインワンコスメを利用するのも良いでしょう。

オールインワンコスメは乳液と化粧水の役割が含まれているので、洗顔をした後にオールインワンを塗れば終わります。

手順を1つカットできるのでスキンケアが面倒な方におすすめです。

 

まとめ

タオルで体をふいている男性

全く外見を気にしない男性は化粧水が不要ですが、少しでも気になる人は必要です。

化粧水を塗ることで以下の効果が期待できます。

  • 肌荒れの防止
  • 皮脂の分泌を取り除く
  • シミやシワを防ぐ

肌の状態を若々しく保ってくれるので、しっかりとしたスキンケアをしておくと実年齢より若く見られることもあるでしょう。

特にシミやシワは見た目年齢に大きく関わってくるので、清潔感のある見た目になりたいならスキンケアは必要です。

そして化粧水を選ぶ時はメンズ用・女性用どちらでも大丈夫ですが、自分の肌タイプで選ぶ必要があります。

タイプを間違うと効果が現れないので、まずは自分が敏感・普通・乾燥・皮脂の分泌が多い肌のどれに当てはまるのか確認しましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。