メンズ化粧水を顔に塗っている男性

メンズ化粧水のおすすめ商品をご紹介!失敗しない選び方とは

男性の方はあまりスキンケアをしないという方もいるでしょう。

しかし男性の場合は女性より皮膚が乾燥しやすい、ヒゲ剃りで肌が傷つくなどの理由で皮膚へのダメージが大きいです。

そのためスキンケアをしていないと肌トラブルに見舞われるでしょう。

そうならないためにもスキンケアをした方が良いです。

ただ化粧水は種類が多すぎてどれを選べば良いか分からないと思うので、今回はメンズ化粧水の選び方やおすすめ商品を紹介していきます。

スキンケアに挑戦してみたいという男性はぜひ参考にしてください。

メンズ化粧水の選び方とは

メンズ化粧水を選ぶ時は以下のポイントをチェックしておきましょう。

  • 保湿成分
  • 肌質
  • 種類
  • 値段

ではこの4つのポイントを詳しく紹介します。

選び方①保湿成分

化粧水の主な目的は皮膚を保水することです。

そのため、どの商品もある程度保湿力が高いですが、より高いものを選んだ方が良いでしょう。

特に男性の場合は乾燥しやすいと言われているので保湿力が大切です。

では保湿力の高い・低いは何を見れば良いのかというと、以下の成分が含まれているか成分表示を見ましょう。

  • エモリエント成分
  • ヒアルロン酸
  • アミノ酸
  • グリセリン

これらが含まれていると高い保湿力が期待できます。

さらにこの成分が成分表示の上の方に出ているほど保湿力は高いです。

化粧品の場合、その商品に含まれる成分が多いものほど上位に表示されています。

つまり、最初の方にある成分は豊富に含まれていて、最後の方にある成分は多少しか含まれていないということです。

成分表示の最初から10番目あたりに保湿力が高いものが含まれているか確認すると良いでしょう。

選び方②肌質

メンズ化粧水は自分の肌質に合わせて選ばないとあまり意味がありません。

男性を含む人の肌タイプは主に3種類に分けられます。

  • オイリー肌…皮脂量が多いのでべたつく
  • 乾燥肌…カサカサしているので肌がつっぱる
  • 混合肌…オイリー肌と乾燥肌のミックス

このように全く異なります。

そしてそれぞれの皮膚におすすめのメンズ化粧水はこちらです。

  • オイリー肌…さっぱりしたもの
  • 乾燥肌…保湿力が高いもの
  • 混合肌…しっとりしたもの

皮脂量が多いオイリー肌は保湿力が高く、液体にとろみがあるとべたつく可能性があります。

そのため「オイルフリー」や、「さっぱりタイプ」がおすすめです。

皮膚が乾燥している乾燥肌はとにかく保湿力が高いものを選びましょう。

先ほど紹介した保湿力が高い成分が多く含まれている商品がおすすめです。

そして混合肌は2種類のタイプが混ざっているので選ぶのが難しいですが、基本的にしっとりタイプが適しています。

このように肌質によっておすすめのメンズ化粧水は異なるので、自分がどのタイプなのか確認しておきましょう。

選び方③種類

メンズ化粧水には以下のような種類があります。

  • 肌に優しいもの
  • ニキビの対策ができるもの
  • ハリを出せるもの

ヒゲを剃ると皮膚を傷つけるので肌荒れを起こす人もいるでしょう。

ヒゲ剃り後のケアをしたい方は「敏感肌用」や「肌に優しい」と書かれたタイプのがおすすめです。

ニキビの対策をしたい人は「ビタミンC誘導体」や「グリチルリチン酸2K」と書かれているものが適しています。

これらの成分はニキビの炎症を抑える効果やニキビの原因になる皮脂量の分泌を下げる効果があります。

最後に肌にハリを出したいという方は「アミノ酸」が含まれたものがおすすめです。

植物由来成分にはアミノ酸が含まれていることが多いので、オーガニック成分がおススメです。

こういった具合に、メンズ化粧水にはその人の悩みを解決するものがあります。

その商品を選ぶと効果的に肌トラブルを改善できるでしょう。

選び方④値段

メンズ化粧水を選ぶうえで値段も大切です。

皮膚の性質上、肌の変化は数日程度では出ません。

早い人でも2週間程度、基本的には1~3か月かかると言われています。

長期的に使うことになるので、できるだけコスパが良いものがおすすめです。

例えば大容量のものなどはコスパが良いでしょう。

ただ値段ばかり気にすると効果の薄いものを購入する可能性があります。

まずはお目当てのメンズ化粧水をいくつか取り上げて、そこから値段を比較していくのがおすすめの選び方です。

メンズ化粧水のおすすめ商品を紹介

おすすめのメンズ化粧水を5品紹介します。

  • UL・OS 薬用スキンブリージーローション
  • 肌ラボ 極潤ヒアルロン液
  • THE TONER(BULK HOMME)
  • ハトムギ化粧水(ナチュリエ)
  • クワトロボタニコ ボタニカル ローション&アフターシェーブ

ではそれぞれの商品の特徴や値段を見ていきましょう。

UL・OS 薬用スキンブリージーローション

UL・OS 薬用スキンブリージーローション

こちらの商品はオイリー肌の方におすすめです。

さっぱりとした使用感なので、べたつきが気になるという方に適しています。

また液体はハーブ系の香りがするので、塗った後は爽快な気分に浸れるでしょう。

値段は1595円です。

ニキビで苦労している方は試してみるとよいでしょう。

参考URL:

https://store.shopping.yahoo.co.jp/ladydrugheartshop/4987035269717.html

肌ラボ 極潤ヒアルロン液

肌ラボ 極潤ヒアルロン液

こちらの商品は敏感肌の方におすすめです。

ヒアルロン酸が豊富に含まれていて、オイルフリー・アルコールフリーなので肌に優しくなじんでくれます。

さらに無香料・無着色なのでとにかく肌への優しさを考えられた商品です。

値段は577円なので、メンズ化粧水が肌に合わないという方は試してみるのも良いでしょう。

参考URL:

https://paypaymall.yahoo.co.jp/store/recommendo/item/9a-4987241155712/

THE TONER(BULK HOMME)

THE TONER(BULK HOMME)

こちらは乾燥肌とオイリー肌のどちらにもおすすめです。

有名な玉露の温泉水で皮膚を潤して、トレハロースという成分で保水をしてくれます。

保湿力が高いですがべたつかない程度なので、自分の肌質が分からないという方にぴったりです。

値段は3300円と比較的高いですがその分使い心地が良いので、化粧水の使用感が苦手な方の利用に向ています。

参考URL:

https://item.rakuten.co.jp/tbgm/xe-112/

ハトムギ化粧水(ナチュリエ)

ハトムギ化粧水(ナチュリエ)

こちらの商品は皮脂量が多いオイリー肌の方におすすめです。

基本的にはさらっとした使い心地なので女性向けの商品ですが、オイリー肌の男性にも適しています。

保湿成分のハトムギエキスが皮膚を潤わせてくれて、きれいな皮膚へと導いてくれるでしょう。

値段は506円と安めの料金設定なので、皮脂量が多い方におすすめです。

参考URL:

https://item.rakuten.co.jp/e-godai/4903335695254/

クワトロボタニコ ボタニカル ローション&アフターシェーブ

クワトロボタニコ ボタニカル ローション&アフターシェーブ

こちらはカサカサ肌や皮膚のツヤとハリなどのトラブル全般に効果が期待できます。

チャ葉エキスやチガヤ根エキスなどの植物エキスで肌荒れを改善してくれるので、肌トラブルを抱えている方におすすめです。

値段は2200円と値段が高い分効果も期待できるでしょう。

参考URL:

https://item.rakuten.co.jp/quattro-botanico/lotion/

オーガニック製品もおすすめ!

オーガニックとは化学物質を極力使わずに天然由来の成分を使用したものです。

天然由来なので人肌に優しく、敏感肌や乾燥肌など幅広い肌質に対応しています。

さらにオーガニック製品にはリラックス効果があるエッセンシャルオイルが含まれていることが多いです。

このようにオーガニック製品は皮膚トラブルとリラックス効果を得られるので、一度試してみるのも良いでしょう。

>>サスティナブルを取り入れたメンズ用オーガニックコスメはこちらから

まとめ

メンズ化粧水の選ぶ際に気を付けたいポイントはこちらです。

  • 保湿成分
  • 肌質
  • 種類
  • 値段

特に肌質に気を付けておかないと、使用感が悪い、皮膚のカサカサが潤わないという可能性もあります。

まずは自分がどの肌質なのかを確認して、そこから選んでいく方法がおすすめです。

また化粧水は効果が現れるまで一般的に1~3か月かかります。

すぐには効果が出ないことが多いので、途中で中断しないように注意が必要です。

逆に3か月間、毎日塗っていると皮膚が改善して生まれ変わったような姿になっているかもしれません。

 

ペペペメン公式ラインでは肌の悩みだけでなく、ヘアケアの悩みなどのご相談を受け付けています。

「自分の肌に合った化粧水ってなんだろう」「スキンケアってどれからはじめていいかわからない!」などなど

気軽に相談してみませんか??相談はこちらから↓↓

https://lin.ee/40XdlTpDi

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。