男女の顔

メンズ化粧水と女性用の違いとは|どっちの方が効果があるの?

肌に潤いを与えてくれる化粧水ですが、実はメンズ用と女性用があります。

同じ使い方なのに男女で分かれているのを不思議に感じる人もいるでしょう。

もしくはどっちの方が効果があるのだろうと思っている人もいるかもしれません。

そこでメンズ化粧水と女性用の違いをご紹介します。

併せて男性が女性用を利用しても良いのかについてもご紹介しているので参考にしてください。

メンズ化粧水と女性用の違いを紹介

メンズ化粧水と女性用の違いは以下の通りです。

メンズ用の特徴

  • 皮膚の水分と油分を調整する
  • さっぱりとした使用感がある
  • 肌を引き締める

女性用の特徴

  • あまり添加物が含まれない
  • 刺激が少ない
  • より美容効果が高い

メンズは肌の状態を整える効果があり、女性用は肌へのダメージが低いのでより美肌効果があります。

このように効果が異なるのは男女で肌質が違うからです。

男性は女性と比べると皮脂の分泌が多く水分量が少ないので性別によって分けられています。

ではそれぞれの特徴について見ていきましょう。

メンズ用の特徴

メンズ化粧水は肌の水分と油分の量を調整しつつ、潤いを与えてくれる効果があります。

男性は女性より皮脂の分泌が多く、肌の水分量は少ないです。

その影響で男性の肌はべたついているように見えるけど実際は乾燥しているケースがよくあります。

皮膚が乾燥すると肌を潤わせようと自力で皮脂が分泌されるので、その結果顔がテカりやすいです。

そして皮脂の分泌が多くなると毛穴に詰まりやすくなります。

毛穴に詰まるとアクネ菌が繁殖してニキビができるのです。

これらの特徴を対策するためにメンズ用が生まれました。

メンズ化粧水を塗ることで皮膚のべたつきを取り除きつつ、保湿成分で肌を潤わせてくれるので、ニキビなどの肌荒れを防げます。

さらに、皮膚の水分と油分の量を調整することで皮膚を引き締める効果も期待できるので、シワやたるみなども改善されるでしょう。

このように化粧水は皮脂の除去だけでなく、アンチエイジング効果も期待できるので、見た目が気になる人には必要です。

そしてメンズ用は夏場によく使う汗拭きシートのようにスーッとする使用感のものが多いです。

保湿力が高いと皮脂の分泌が多い場合にべたつきを感じることがあります。

そんな人は清涼感のあるタイプがおすすめです。

ただ、乾燥肌の人が清涼感のあるものを利用すると保湿力が足りないので、その場合は保湿力が高いものを選びましょう。

女性用の特徴

女性用は無添加で刺激性のものが少なく、美容目的のものが多いです。

これは一般的に女性は肌が弱いからだと言われています。

敏感肌の人はアルコールやパラベンなどの化学物質で肌荒れを起こす可能性が高いです。

そのため無添加にして刺激物もなるべく抑えています。

そして女性は外出をする時に化粧する方が多いです。

化粧は正しくしていると基本的に肌に悪くありませんが、合わないものを使っていたり、肌に悪い化粧品を使用していると肌荒れを起こします。

そんな化粧で与えられたダメージを回復するのが美容効果の高い女性用の化粧水です。

このように男女では目的が異なるので、それぞれに適した化粧水があります。

男性が女性用の化粧水を使っても大丈夫?

クエスチョンマークが書かれた紙

男性が女性用の化粧水を使っても問題ありません。

効果に違いはありますが、同じ化粧水なので肌の保湿はしてくれます。

お目当ての効果があるメンズ化粧水を探してもなければ、女性用から探してみるのも良いでしょう。

ただメンズ用も女性用も自分の肌質に合わせて選ぶことが大切です。

5つの肌タイプとは

人の肌にはタイプがあります。

  • オイリー…皮脂の分泌が多い
  • 乾燥…皮膚が乾燥している
  • 混合…オイリーと乾燥が混ざっている
  • 敏感…化粧品の成分で肌荒れを起こしやすい
  • 普通…上記のような異常が特にない

このようにそれぞれのタイプによって症状が異なります。

一般的に男性の場合はオイリー肌が多いです。

オイリー肌は顔全体がテカっている、ニキビができやすいなどの特徴があります。

そしてそれぞれの肌タイプによって使うべき化粧水は異なるので注意が必要です。

肌タイプ別おすすめの化粧水とは

人によって皮膚のタイプが異なりますが、それに合わせて適した化粧品も異なります。

  • オイリー…保湿成分が抑えられてさっぱりするもの
  • 乾燥…保湿成分が多いもの
  • 混合…保湿効果が高く、刺激が少ないもの
  • 敏感…無添加のもの
  • 普通…保湿成分が多いもの

オイリー肌の場合はさっぱりタイプがおすすめです。

皮脂の分泌が多い人が保湿力が高いものを使うとべたつきます。

肌タイプによって異なるので気を付けておきましょう。

女子用の化粧水を男性が使う時ってどんな場合?

例えば男性が女子用の化粧水を使う場合は以下の通りです。

  • 美容効果がほしい
  • 皮膚が荒れやすい

ではこの2つのパターンについて見ていきましょう。

美容効果がほしい

美意識の高い方には女子用はおすすめです。

女子用の場合は美白効果がある成分が豊富に含まれていることがあります。

美白効果がある成分はビタミンC誘導体やハイドロキノンなどです。

商品を選ぶ際には成分表示にこれらの成分が含まれているか確認しておきましょう。

また、女子用はセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が豊富に含まれていることが多いです。

このように女子用には美しくなるための成分が含まれています。

メンズ用ではこのような特徴は珍しいです。

そのためきれいになりたい方には女子用をおすすめします。

皮膚が荒れやすい

女子用化粧水には添加物が含まれていないことが多いです。

添加物は少量なら問題ありませんが、大量に含まれていると肌荒れを起こします。

しかし敏感肌の人は少量でも皮膚が荒れる人もいるでしょう。

そんな人は無添加がおすすめなのですが、その場合は女性用から探した方が早いかもしれません。

ちなみに添加物とは以下のものです。

  • パラベン
  • PEG/PPG/BG(合成界面活性剤)
  • 鉱物油
  • 人口着色料
  • 人工香料
  • EDTA/BHT/BHA(酸化防止剤)
  • アルコール

これらの成分が含まれていると敏感肌の人は肌荒れを起こす可能性があります。

そのため商品の成分表示を見て、添加物が極力含まれていない物を選びましょう。

もしくはオーガニック製を選ぶのもおすすめです。

化粧水はオーガニック製もおすすめ

オーガニックコスメ

オーガニックとはパラベンや合成界面活性剤などの添加物を極力使わずに、天然由来の成分から抽出されたエキスや草木を使用して作られたものを言います。

人によって肌荒れを起こす可能性がある成分がほとんど含まれていないので基本的に安全性が高いです。

さらにオーガニックには皮膚が本来持っている、修復する力を取り戻すという効果もあります。

皮膚には本来、傷ついた時に自分で治す機能が備わっていますが、年齢や紫外線などが原因で低下します。

しかしオーガニックには皮膚の修復能力を引き出す効果があるので、毎日オーガニック化粧水を塗っているとニキビなどの肌荒れが起こりにくくなるでしょう。

オーガニックにはこのようなメリットもあるので、敏感肌の人だけでなくスキンケアをしたい人にもおすすめです。

ただ添加物がほとんど含まれていないオーガニックでも肌に合わない人はいます。

オーガニックは自然由来の植物を使っているので、その影響で肌荒れを起こす人もいます。

オーガニック製品が全員にとって優しいわけではないので気を付けましょう。

安心してオーガニックコスメを使うためにもパッチテストをおすすめします。

パッチテストで問題が無いようならオーガニックを使ってみるのも良いでしょう。

 

まとめ

肌をチェックするカップル

メンズ化粧水は水分量の補給や肌トラブルのケアという効果、女性用は刺激が少なく美容効果が高いという特徴があります。

男女では皮膚の特徴が異なるから、それぞれに適した化粧水が開発されたようです。

そして男性が女子用のを使っても問題ありませんが肌質に合わせて購入しましょう。

  • オイリー…さっぱりタイプ
  • 乾燥…保湿成分を重視
  • 混合…保湿成分を重視、刺激が少ないもの
  • 敏感…無添加のもの
  • 普通…保湿成分を重視

肌質によって適したものが異なるので選ぶ時にはぜひ参考にしてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。