カミソリで髭を剃る男性

男性がヒゲ剃りで肌荒れを起こす原因や対処法をご紹介

男性にとって切っても切り離せないのがヒゲ剃りです。

そのためある程度の長さになったら切りますが、その時に肌荒れを起こす人もいます。

ヒゲ剃りは人生で何回もする作業なので、その度に肌荒れを起こしたくないですよね。

そこで今回はヒゲを剃ると肌荒れになる理由とその対策をご紹介します。

私も毎日髭を剃り、肌荒れやヒリヒリに悩まされておりましたが、この方法で肌荒れに悩まされなくなりました。

私の髭剃り方法や実際に使っているアイテムもご紹介しますね!

是非この記事を読んで、楽しく髭剃りをしましょう!

男性がヒゲ剃りで肌荒れを起こす理由を紹介

ヒゲ剃りで肌荒れになる理由は角質層が傷むからです。

角質層とは肌の表面にある層のことで、外敵が肌に侵入するのを防ぐバリアとしての機能を持っています。

しかし毛を剃ると角質層が傷付いたり、剥がれることでバリア機能の効果が低下、いわゆる水分が抜けやすい乾燥しやすいお肌になります。

その結果、細菌などの肌に良くない外敵が皮膚に侵入して肌荒れを引き起こしたり、神経を刺激することにより赤みや痒みが発生します。

男性の場合はすぐにヒゲが生えるので、自然と剃る機会が増えます。

剃る回数が増えるとその分肌を傷つけていることになるので、何かしらの対策を取らないと肌荒れが改善しません。

では具体的にどのような対策を取れば回避できるのかご紹介します。

男性のヒゲ剃りで肌荒れを起しにくい方法とは

髭剃りセット

毛を剃る時に肌荒れを起こさないためにも以下のことを実践してみてください。

  • シェーバーの刃を新しくする
  • シェービングクリームを塗る
  • 剃った後は保湿する
  • 電気シェーバーを使う

以上の4つの対策を取ると肌荒れしにくいです。

では4つの項目を細かく見ていきましょう。

シェーバーの刃を新しくする

シェーバーの刃は使っている内に切れ味が落ちて肌を傷つける原因になります。

例えばカッターの刃をずっと使っているときれいに切れなくなりますが、カミソリもそれと同じことです。

きれいにサクッと剃れないと角質層を傷つけるので、定期的に刃は変えましょう。

また同じ刃を使っていると雑菌が繁殖している可能性も高いです。

その刃で剃ると傷ついた角質層にダイレクトに細菌が入り込むので、肌荒れになりやすいです。

同じ刃を使っているとデメリットしかないので、切れ味が悪いと感じたら刃を取り替えると良いでしょう。

目安としては2週間に1回が良いでしょう。

私は長くても2週間で刃を変えています^^

シェービングクリームを塗る

ヒゲ剃りの時にシェービングクリームを使うと以下の効果があります。

  • ヒゲを柔らかくする
  • 肌への摩擦を減らす

このように肌への負担を大幅に減らせます。

何も付けずにヒゲ剃りをすると肌が傷つきやすいのでシェービングクリームはおすすめです。

そしてシェービングクリームには主に2種類あります。

  • 泡タイプ…泡が毛を包むので柔らかくできる
  • ジェルタイプ…透明なので毛を剃りやすい

固い毛を剃りたい時は泡タイプ、毛の見栄えを調整したい時はジェルタイプがおすすめです。

私は、固めの髭であり、髭剃り後に赤みが出やすいので、ヒアルロン酸配合の「Schick HYDRO泡タイプ」を使用しております。

これを使って肌荒れしにくくなったのと、髭剃り後の赤みも軽減されたので使い続けています^^

電気シェーバーを使う

カミソリよりも電気シェーバーの方が肌を気付付けにくいと言われています。

電気シェーバーの場合は構造上、肌に刃が当たる面積が少ないので傷つきにくいです。

また電気シェーバーはすぐにヒゲを剃れるので時短にもなります。

肌荒れを少しでも改善したい、毎日のムダ毛処理をサクッと済ませたいという方におすすめです。

ただ電気シェーバーには主に2種類あります。

  • 往復式…肌を傷つける力が大きい、毛を深く剃りたい人におすすめ
  • 回転式…肌に優しい、毛を深く剃るのには向いてない

このように同じ電気シェーバーでも全く効果が異なります。

とにかく肌荒れを防ぎたい方は回転式、ムダ毛を目立たせたくない方は往復式です。

剃った後は保湿する

シェービングの後は角質層がダメージが与えられます。

これは対策を取ると軽減はできますが、ゼロにはできません。

そのため角質層のバリア機能を守るためにも保湿が大切です。

 

男性がスキンケアをするのに違和感を感じる人もいるかもしれませんが、肌を健康的にするためには必須の要素です。

そして保湿するためには化粧水や毛を剃った後の利用に適したアフターシェーブローションが向いてます。

ただこれらのコスメを使っておけば良いわけではありません。

コスメによって保湿成分効果の高いものや高くないものがあります。

少しでも肌を保湿するためには以下の成分が含まれているものを選ぶと良いでしょう。

  • チャ葉エキス
  • ヒアルロン酸
  • グリチルリチン酸2K
  • グリセリン

これらの成分が含まれている製品は、保湿成分が高いです。

肌になじみやすい有機保湿成分が含まれているものも良いでしょう。

肌荒れを防ぎたいという男性はぜひ参考にしてください。

オーガニックコスメでスキンケアするのもおすすめ

オーガニックコスメ

ヒゲ剃り後の保湿はオーガニックコスメを利用するのもおすすめです。

オーガニックコスメとは化学物質をあまり使わずに、天然由来の植物から取れるエキスなどから作られているコスメのことを指します。

オーガニックコスメには天然由来の成分が多めに含まれているので人の皮膚に優しいです。

そのため敏感肌や乾燥肌の人の利用にも向いてます。

毛を剃った時に肌荒れを起こすという方はオーガニックコスメを利用してみるのも良いでしょう。

>>肌荒れを楽にするメンズ専用のオーガニック化粧水はコチラ

肌に優しい特徴を持つオーガニックコスメですが、人によっては体質に合わないこともあります。

肌に合わないのに使い続けると肌荒れがひどくなるのですぐに利用をやめましょう。

そしてコスメ選びに失敗しないためにも成分表示の確認やパッチテストをした方が良いです。

男性の正しいヒゲの剃り方を紹介

親子で楽しく髭剃りをする様子

ヒゲ剃りで肌荒れ対策を行っても効果がない時があります。

その場合は剃り方が間違っている可能性が高いです。

現在のヒゲ剃りが合っているのか確認しておきましょう。

  1. 毛が生えている向きを確認する
  2. お湯やクリームで毛を柔らかくする
  3. 剃りやすい場所から剃っていく
  4. 毛を剃った後は保湿する

では具体的な剃り方や注意点を見ていきましょう。

毛を剃る手順を紹介

毛を剃る時はまず生えている方向を確認します。

仮に流れと反対に剃ると肌に大きな負担がかかりますが、生えている方向に刃物を流すと肌に負荷がかかりにくいです。

特にあごや首周りは人によって生え方が異なるので見ておきましょう。

生えている方向を確認したらお湯で毛を温めてください。

温めることで硬さが取れるので肌への負担も減ります。

 

その後にシェービングクリームを塗りましょう。

クリームを塗ったらいよいよ毛を剃っていきます。

剃る時は毛の柔らかいところから始めるのがポイントです。

硬い部分を後で剃ることで毛が柔らかくなるので肌への負担を減らせます。

例えばもみあげやほっぺは柔らかいですが、口周りやあごは後回しにすると良いでしょう。

 

そしてヒゲを剃り終わった後はコスメで保湿すると完了です。

また最後にカミソリやシェーバーを清掃するのを忘れてはいけません。

そのまま放置すると雑菌が繁殖する可能性があるので、使い終わった後は水ですすいでおきましょう。

おすすめしない毛を剃るタイミングとは

起きてからすぐに毛を剃るのはあまりおすすめしません。

起きてから15分程度は皮膚が体液で膨張しています。

肌が緊張した状態なので、このタイミングで剃ると肌が傷つきやすいです。

男性は仕事をしていると見栄えをよくするために、起床してからヒゲを剃る方も多いですが、肌には良くないので気を付けましょう。

またシェービングをした後は日焼け止めクリームや塩水につけると沁みます。

特に夏場になるとプールや海に出かける方もいると思いますが、シェービングは前日までに済ませておきましょう。

まとめ

ヒゲを剃ると肌荒れを起こす原因は皮膚の健康を守っている角質層に傷が入るからです。

キズが入らないためにも以下の対策を取りましょう。

  • カミソリの刃を新しくする
  • シェービングクリームを使用する
  • 剃った後は保湿する
  • 電気シェーバーを利用する

これらの対策を行うと皮膚へのダメージを抑えることができます。

男性の場合はヒゲを定期的に剃るので、特にケアをしていないといつか肌荒れを起こす可能性は高いです。

肌荒れを起こしてから後悔しないためにも、今からでも正しいシェービングを心がけましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。