• HOME
  • 記事一覧
  • MAKE
  • 男子大学生が化粧するのはおかしい?バレにくいメイクの方法もご紹介
大学生の化粧

男子大学生が化粧するのはおかしい?バレにくいメイクの方法もご紹介

大学生になると自由性が増すので、服装や髪形などおしゃれに興味がわいてくるでしょう。

その影響で最近では女子だけでなく男子もメイクすることがあります。

男子が化粧をするイメージがないとおかしく思う人も多いでしょう。

そこで男子大学生が化粧するのはアリなのかどうか紹介していきます。

化粧の仕方も徹底的に紹介しているので参考にしてください。

男子大学生が化粧をするのはアリなの?

大学生の卒業式

2016年7月にマイナビ学生の窓口調べが男子大学生195人を対象に調査したところ、男子大学生が化粧をする人は15人、しない人が183人でした。

やはり男子大学生が化粧することはそこまでメジャーなことではないようです。

化粧しないと回答した大学生は以下の理由でアンケートに答えています。

  • お金も時間もかかる
  • 男にはそんなもの必要ないと感じる
  • 化粧しているとなんだか気持ち悪い

このようにアンケートでは化粧に対してマイナスのイメージが多いです。

特に男子が化粧をするのはおかしいと思うという回答が目立ちました。

確かに現状では、男性が化粧をするのは一般的ではないかもしれません。

そういう人を見ると違和感を感じる人もいるでしょう。

しかしそれでも、アンケートでは約7%もの人がしているという計算になります。

その7%の人がアンケートに回答した理由は以下の通りです。

  • 肌をきれいに見せたい
  • 肌荒れを消したい
  • 清潔さを出したい

このように肌が気になっているという理由が多いです。

大学生は服装や髪形などが特に決まっていないので、おしゃれに目覚める人も多いでしょう。

そんな人が少しでも見た目をよくするために化粧をしているようです。

その他にも肌荒れを隠すためにしている人もいます。

肌が汚いと第一印象が悪くなりますが、それ以上に人の目が気になるという方も多いです。

しかし化粧で肌荒れを隠すことで、自分に自信が持てるようになるでしょう。

せっかくの華やかな大学生活を暗いものにしないためにも、男子大学生が化粧をするのもアリです。

そんな方は以下の方法を参考にしてください。

男子大学生におすすめ!化粧の仕方とは

メイクをする男性

化粧の仕方は以下の4つに分けられます。

  • BBクリーム
  • コンシーラー
  • アイブロウ
  • アイライン

こちらが主な化粧ですが、その前に肌の状態を整える必要があります。

化粧をする前には洗顔と保湿をしておきましょう。

洗顔と保湿をしておかないと化粧崩れを起こして、時間が経つにつれてメイクが崩れてきます。

メイクが崩れると友人などにバレる可能性が高くなるので、しっかりと洗顔で皮脂を落として、化粧水などで保湿しておきましょう。

では5つのメイク方法を詳しく紹介していきます。

BBクリーム

BBクリーム

BBクリームには化粧下地・ファンデーション・日焼け止めなど複数の役割があります。

BBクリームを塗る場所はおでこ、鼻のてっぺん、左右の頬、あごの5か所です。

その他にも以下の気になる場所に塗るのも良いでしょう。

  • 青ひげ
  • ニキビなどによる肌の赤み
  • 目元のクマや黒いくすみ

そしてBBクリームを塗る時に注意してほしいのが薄く塗っていくことです。

厚く塗ると目立つので0.5~1.0cm程度を手の甲に乗せてから少しずつ気になる場所に塗っていきましょう。

 

 

コンシーラー

コンシーラー

コンシーラーはBBクリームと同様に肌の気になる部分を隠すことができますが、BBクリームと違ってスポットで隠せるという特徴があります。

例えばニキビ跡や肌荒れがぽつぽつとある時には便利です。

さらにBBクリームでは消せない場所がある時にコンシーラーは使えます。

使い方は気になる場所にスティック型のコンシーラーを当てて指でなじませていくだけです。

塗り方は簡単ですが、BBクリームを塗る前にコンシーラーを塗ると肌荒れを起こす可能性があります。

まずはBBクリームを塗ってから、それでもニキビやくすみが来えない時にはコンシーラーを使いましょう。

ここまでが肌荒れが気になる人向けのメイクです。

肌のぶつぶつが気になる人はBBクリームとコンシーラーを上手に使えば隠せるでしょう。

 

 

 

 

アイブロウ

アイブロウをする女性

アイブロウは眉の形や大きさを整えるメイクの一つです。

眉毛が変わると男子の場合はりりしくなります。

自分の眉毛がパッとしないという方におすすめです。

そしてアイブロウのやり方はこちらです。

  1. 産毛がある場合は剃る
  2. 毛の流れに沿ってマスカラ液をブラシで塗っていく

この時のポイントはマスカラ液を地肌につけないことです。

ブラシの毛先を使うようなイメージで塗っていきましょう。

 

 

アイライン

アイライン

アイラインとはまつげを整えることで目の印象を大きく変えるメイクの一つです。

例えば一重が気になる、目力がないと悩む男子大学生もいるでしょう。

そんな悩みを持つ人がアイラインすることで、生まれ変わったようにキリっとした目にすることも可能です。

そんな目の印象を変えられるアイラインのやり方を紹介します。

  1. 鏡でまつげを増やしたい場所を確認する
  2. 上まぶたを引っ張る
  3. まつげの生え際とまぶたの粘膜の間にある線にアイラインを塗っていく
  4. アイライナーでまつ毛の間を埋めていく

このように、少し複雑なので初めてアイラインを引く方には難しいかもしれません。

そんな方には以下の方法をおすすめします。

  1. アイライナーで横長の点を描くようにまつげの生え際にラインを引く
  2. 綿棒でその点同士をつなげるようにぼかしていく

このやり方ならそこまで難しくないので、不器用な人にもできるはずです。

ちなみにこの方法で合いラインを引くとにじみにくくなるというメリットもあります。

パッとした目を変えたいという方はぜひ試してみてください。

化粧した後の手入れについて

洗顔料を泡立てる画像

メイクは正しい方法ですると肌に大きな影響を与えませんが、ずっとメイクしたままだと皮膚が荒れる可能性があります。

そのためメイクをした後は以下の方法で手入れしましょう。

  • クレンジング
  • 保湿

ではこの2つ手入れについて詳しく紹介していきます。

クレンジング

クレンジングには洗顔で落とし切れない汚れを落とす効果があります。

そのため肌を元の状態に戻すには非常に大切な手入れです。

そんなクレンジングのやり方を見ていきましょう。

  1. 手の汚れをせっけんでしっかりと洗い落とす
  2. 目元や口元のメイクを専用リムーバーで先に落とす
  3. 乾いた手にクレンジングを適量取って顔に塗っていく
  4. 塗る順番は皮脂が多い順番(Tゾーン、頬、目や口周り)
  5. メイクを落としたらぬるま湯でクレンジングを落とす
  6. 清潔なタオルで水気をふき取る

リムーバーとは目や口周りなど皮膚の薄い場所にしたメイクに対して、あまり負担をかけずに落とせるものです。

クレンジングだとなかなか落ちずに目を何度もこすることにつながるので、安全性を確保するためにリムーバーを使いましょう。

保湿

クレンジングでメイクを落とした後は皮膚が乾いている状態なので保湿してあげましょう。

保湿する方法は化粧水が効果的です。

化粧水を適量手に取って全体になじませていくだけなのでそこまで手間もかかりません。

保湿を怠ると肌荒れや乾燥にもつながるので気を付けましょう。

また、化粧水を塗った後は乳液を塗るとより効果的です。

乳液には皮膚が蒸発するのを防ぐ効果があります。

化粧水を塗っても時間が経てば乾燥していきますが、乳液を塗っておくことで保湿された状態を保てるということです。

もし化粧水と乳液を塗るのが面倒だという男子大学生はオールインワンを利用するのも良いでしょう。

オールインワンなら化粧水と乳液の効果が含まれているので、肌を手入れする時間を短くできます。

まとめ

男子大学生で化粧している人はそこまでいませんが、肌荒れが気になっている人がよくしています。

例えばニキビを隠したい、くすみが気になるという方がコンシーラーやBBクリームを利用しているようです。

特に顔の肌荒れはその人の第一印象を悪くします。

第一印象が悪くなると気になる異性にアタックする勇気もわきません。

そんな悩みを持つ男子大学生はメイクをしてみるのも良いでしょう。

メイクをすると生まれ変わったような姿になるので、自分の外見に勇気を持てるはずです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。