男女で鏡を見て肌の状態を気にしている

男性用化粧品を女性が使うってどうなの?その真相についてご紹介!

最近では女性だけでなく男性用化粧品の取り扱いも増えてきました。

男性用には女性ものにはないタイプもあるので利用してみたいと思う人もいるでしょう。

しかし男性用が女性にも本当に効果があるのか不思議に思いませんか?

この記事では女性が男性用化粧品を使っても大丈夫なのかご紹介していきます。

併せて正しいコスメの選び方もご紹介しているので選び方が分からないという方は参考にしてください。

男性用化粧品は女性が使っても大丈夫!

結論、男性用化粧品を女性が使っても全く問題ありません。

性別と違う化粧品でも十分に効果を感じられます。

ではなぜ性別で分けられているのか不思議に思うでしょう。

その理由は男女で肌質が異なるからです。

男性の肌の特徴

男性は一般的に皮膚が厚く、皮脂の分泌が多いですが、その一方で皮膚の水分量が少ないです。

このような特徴があるため男性用化粧品はエタノールやメントールという成分が含まれていて、さっぱりとした使用感があります。

また、男性の場合は頻繁にひげを剃ります。

ひげを剃ると肌にダメージが蓄積して肌荒れを起こしやすいです。

女性の肌の特徴

女性は男性の肌と逆で、皮膚が薄くて皮脂の分泌量も少ないです。

そして水分量も男性より多い傾向があります。

こういった特徴から女性用化粧品は保湿力に優れて、刺激性が少ないタイプが多いです。

このように男性と女性では肌の特徴が異なるので、性別に分けて化粧品が販売されています。

化粧品の作用は違いますが、効果が得られない訳ではありません。

つまり、性別と違う化粧品を使っても大丈夫ですが、化粧品を選ぶ時は性別で選ぶよりも、皮膚タイプで選ぶことが大切です。

化粧品は肌質によって選ぶのが正しい!

メンズコスメ

人の肌は主に5つに分けられます。

  • オイリー…皮脂の分泌が多い
  • 乾燥…皮膚が乾燥している
  • 混合…場所によって脂っぽい・乾燥しているところがある
  • 敏感…皮膚が弱い
  • 普通…上記のような特徴を持たない

このように人間の皮膚は5つのタイプに分けられるので、ベストな化粧品も異なってきます。

仮にオイリータイプに乾燥向けのコスメを使うと、保湿成分が多いのでイマイチ使用感が良くありません。

性別に合わせて化粧品を選ぶとこのようなミスマッチが発生するので、肌質に合わせることが重要です。

では5つのタイプ別に合ったコスメの特徴を見ていきましょう。

オイリータイプはさっぱり系がおすすめ

皮脂の分泌が多く、肌がテカっているような人にはさっぱり系のコスメがおすすめです。

オイリータイプは保湿しなくてもある程度皮膚がうるおった状態なので、保湿成分が多い化粧品を使うとべたつく可能性があります。

さっぱりタイプは男性用コスメに多いので、そこから探すと選びやすいです。

 

乾燥タイプは保湿力が高いもの

皮膚が乾燥している、肌から白い粉が出るという方は保湿成分が豊富に含まれたものがおすすめです。

皮膚を保湿させることで乾燥によるかゆみなどの肌トラブルを防げます。

例えば以下の成分は保湿力が高いです。

  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • コラーゲン

この3つの成分は3大保湿成分と言われているほど、保湿力が高いです。

乾燥肌向けのコスメを選ぶ時は成分表示を見て3つの成分が含まれているか確認しましょう。

一般的に女性用化粧品は保湿を目的にしているものが多いです。

乾燥肌の人は女性用化粧品から探してみるのも良いでしょう。

 

混合タイプは無添加で保湿力が高いもの

鼻は乾燥しているけどおでこはべたついているなど、パーツによってうるおい状態が異なる混合タイプは刺激性が少なく、保湿力が高いものがおすすめです。

混合タイプはTゾーンがテカりやすい傾向があって、そこに合わせてさっぱり系のコスメを選びがちです。

しかしさっぱり系のものを選ぶと乾燥している場所が余計に乾くので良くありません。

そのため保湿力が高いものを選ぶのが正しいです。

また、皮膚の場所によってうるおい状態が異なるのはホルモンバランスの乱れも関係しています。

ホルモンバランスは合成着色料などの添加物が影響してさらに乱れます。

そのため混合タイプは保湿力が高いものかつ、添加物が少ないものがおすすめです。

例えば添加物の利用を極力ひかえて、天然由来の成分から作られているオーガニックコスメを選ぶのも良いでしょう。

 

敏感タイプは無添加がおすすめ

化粧品で肌荒れを起こす、スキンケアをしないと皮膚に異常が起きるという敏感タイプは無添加がおすすめです。

例えば以下の添加物が含まれる化粧品は避けた方が良いかもしれません。

  • 合成香料
  • 合成着色料
  • 合成界面活性剤
  • 鉱物油
  • パラベン
  • 合成アルコール(合成エタノール)
  • タール系色素
  • 合成洗浄剤
  • シリコン
  • 紫外線吸収剤

商品の成分表示を見てこれらの添加物が含まれていないか確認しておきましょう。

また、敏感タイプは肌が弱いうえに乾燥している・テカっている場合もあります。

自分がどちらに当てはまるのか確認して、乾燥しているなら保湿力が高いもの、テカっているならさっぱり系の無添加コスメを選ぶと良いでしょう。

 

普通タイプは季節によって使い分ける

肌が乾燥していたり、テカっているなどの異常がない場合は普通タイプの可能性が高いです。

そんな人は季節や肌の状態に合わせて選びましょう。

例えば普通タイプの人でも冬場は乾燥しやすいので、保湿力が高いものがおすすめです。

逆に夏場は爽快感があった方が気持ち良いので、さっぱりタイプが良いでしょう。

このように普通タイプの人は季節によって化粧品を使い分けるのがおすすめです。

肌質に合った化粧水をご紹介

ご紹介したようにコスメは肌質で選ぶことが大切です。

では具体的にどういったものを選べば良いのか、保湿力高め・さっぱりした使用感・無添加の3つのジャンルでご紹介していきます。

保湿力高めの化粧水

皮膚が乾燥している人には「do natural ハイドレーティング ローション」がおすすめです。

こちらには以下の保湿成分が含まれています。

  • グリセリン
  • BG
  • 植物エキス
  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

保湿力が高いので乾いた肌をしっとりとうるおわせてくれます。

また、合成着色料・香料・アルコールが含まれていないので敏感肌の人も利用できるでしょう。

商品はこちら

さっぱりタイプの化粧水

メラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水

皮膚がテカっているという人には「メラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水」がおすすめです。

こちらの化粧水にはビタミンC誘導体が含まれているのでシミのケアができます。

さらに抗炎症成分が含まれているので、ニキビのケアにもぴったりです。

そしてテクスチャーはみずみずしいので使いやすく、柑橘系の香りもするのでさっぱりとした使用感があります。

商品はこちら

オーガニック・無添加化粧水

オーガニックの化粧水を使いたい方には「AOLUAM サスティナブルローション」がおすすめです。

無添加ではありませんが、99%自然由来成分を配合しており、COSMOSオーガニック認証という世界的な基準を満たしています。

肌に優しい成分を多く配合しており、敏感肌のひとでも安心して使うことができます。

商品はこちら

無添加の化粧水を使用したい方にはLarの『ネオナチュラル ヒーリングローション』がおすすめです。

こちらは化粧水の主成分である水を使用せずに、無農薬栽培の富山ヘチマ水や沖縄月桃など100%自然由来の成分を使っています。

また、合成防腐剤や合成香料、パラベンなどの添加物が含まれていないので安心感が強いです。

無添加で成分も自然由来成分なので安心して使えるでしょう。

商品はこちら

まとめ

肌をチェックするカップル

女性が男性用化粧品を使っても大丈夫です。

性別によって化粧品の効果が変わるわけではありません。

そのためお目当てのものがあれば男性用・女性用のどちらを使っても効果があります。

ただ、性別で選ぶよりも肌質で選ぶことが大切です。

肌質 おすすめコスメの特徴
オイリー さっぱり
乾燥 保湿成分が多い
混合 保湿成分が多い、添加物が含まれていない
敏感 添加物が含まれていない
普通 季節によってさっぱりと保湿成分が多いものを使い分ける

こちらの情報を参考にして化粧品を選ぶと失敗しにくいです。

ぜひ参考にしてみてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。