あごを触っている男性

混合肌におすすめのメンズ化粧品の選び方【スキンケア方法もご紹介】

鼻やおでこはベタベタするけど、頬や顔周りはカサカサしてしまう混合肌のスキンケアは難しいです。

混合肌を改善しようにも、ベタベタもするしカサカサもするから、そもそもどんなメンズ化粧品を選べばいいの困ってしまいます。

そこで、この記事では混合肌の方のメンズ化粧品の選び方や混合肌について紹介していきます。

また、自分がどんな肌タイプが分からないという方のためにも、4つの肌タイプについての解説もしているのでご安心ください。

この記事を読むことで、混合肌の方はどんなメンズ化粧品を選べばいいか分かり、化粧品選びに困ることもなくなります。

混合肌とは

肌タイプは、混合肌、普通肌、オイリー肌そして乾燥肌の大きく分けて4つのタイプに分けることができます。

では、混合肌はどんな肌状態なのでしょうか。

それぞれの肌タイプを紹介していきます。

混合肌とは

混合肌とは、皮脂の分泌が多い部分と少ない部分が混在している状態のことです。

例えば、頬や顎周りはカサカサしているけど、おでこや鼻といったTゾーンは脂ぎっている状態のことです。

Tゾーンだけにテカリがある方は、混合肌と言えます。

全体的に水分量が足りていないため、化粧水を中心としたお手入れが重要になってきます。

普通肌とは

普通肌は、皮脂の量と水分量のバランスが取れている状態のことです。

脂っぽくなりすぎず、なめらかでしっとり感があります。

また、キメの大きさや形も揃い、健康的な色ツヤがあります。

ただ、ストレスや季節によって変化が起きやすいため、保湿効果の高いスキンケアアイテムで常に良い状態を保つことが大事です。

オイリー肌とは

オイリー肌は、水分が少ないため皮脂が過剰に分泌し脂ぎっていて、ベタベタしている状態のことです。

理由は、少ない水分を皮脂が補おうして過剰に皮脂が分泌されるからです。

このタイプは、ニキビや炎症などが起こりやすいのが特徴です。

この状態の方は、脂をきちんと落とすことが重要なため、皮脂吸着力が高いスキンケアアイテムを選びましょう。

乾燥肌とは

乾燥肌とは、肌のうるおいや水分が不足している状態のことです。

本来は、角質がバリアとなり水分の蒸発を防ぎ水分を保ってくれます。

分かりやすい例だと、以下のような状態です。

  • 肌がカサカサする
  • 洗顔後の肌がつっぱる

主な原因としては、洗顔するときにゴシゴシ洗っている、熱めのお湯で洗顔をしている、洗顔後に化粧水をしていないといった原因が挙げられます。

そんな方は、洗顔後に化粧水を付けるところから始めていきましょう。

混合肌におすすめのメンズ化粧品の選び方

混合肌を気にする男性

混合肌は脂が多い部分と、乾燥している部分が混在している状態です。

ベタベタしている部分があるからと言って、オイリー肌用のスキンケアアイテムを選びがちですが、それは間違いです。

というのも、脂ぎっている部分は水分が少ないためその水分を補うために脂が過剰に分泌しています。

また、乾燥している部分は単に水分が少ないから、乾燥しています。

つまり、全体的に水分が不足している状態ということになります。

そのため、混合肌の方は乾燥肌用の高保湿のメンズ化粧品を選ぶべきです。

混合肌におすすめのメンズ化粧品の選び方

混合肌の方は、全体的に水分が足りていないため、高保湿化粧品を選びましょう。

主な保湿成分は以下のようになっています。

  • エモリエント成分・・・バリア機能保護による過剰な水分蒸散抑制
  • アミノ酸・・・肌の80%を占めるタンパク質の主成分
  • ヒアルロン酸・・・保湿力に優れ、肌のハリや弾力を生み出す成分

最低でも「エモリエント成分」、「アミノ酸」、「ヒアルロン酸」の3つの内のどれかの成分が入っているメンズ化粧品を選びましょう。

エモリエント成分がもたらす作用

エモリエント成分は、皮脂の代わりとなり、皮膚表面に皮脂膜を構成し、物理的に水分蒸散を抑制します。

また、角質層内に水分を保持することにより、乾燥を防ぎます。

角質層の細胞膜に存在しており、細胞同士を繋ぎ水分を蓄える働きを持っています。

>>エモリエント成分についてもっと知りたい方はこちらから

アミノ酸がもたらす作用

お肌の角質にあるケラチンや、真皮にあるコラーゲンエラスチンは、全てタンパク質からできております。

これらは、お肌のハリや弾力のもとになり、その主成分はアミノ酸です。

良く聞くコラーゲンですが、

「コラーゲン成分配合の化粧水を使えばいいのでは?」

と思うのが普通ですが、

なんと、「アミノ酸分子はコラーゲンの1/3000の大きさなので、角質層内を通過してアミノ酸を直接届けることができるのではないか」と味の素㈱が研究結果を報告しております。

コラーゲンとアミノ酸の大きさの違い

引用:味の素㈱公式HP

つまり、乾燥で失われたお肌の弾力やハリを取り戻すには、アミノ酸成分が有効なのではないかということです。

洗顔料の場合は”アミノ酸系界面活性剤”や、化粧水の場合はアミノ酸成分と保湿作用も兼ね備えている成分”PCA-Na”が配合しているものがおススメです。

ヒアルロン酸がもたらす効果

ヒアルロン酸は、人間の外側から見て表皮、真皮、皮下組織の内の真皮に存在します。

ヒアルロン酸の役割は、水分と結びついて乾燥から守る他、真皮内の網の目状に張り巡らされるコラーゲンの隙間を満たして、肌のハリやツヤ、弾力を生み出す役割をになっています。

化粧水などに含まれるヒアルロン酸は真皮まで届きませんが、肌の表面上でうるおいをキープし、バリア機能の改善とターンオーバーの正常化をサポートしてくれます。

選んではいけないメンズ化粧品

選んではいけないメンズ化粧品は、アルコールが配合されている化粧品です。

理由としては、アルコールは肌内部の水分を蒸発させる揮発性(きはつせい)があるため、水分を補わなければいけない混合肌の方にとっては不向きと言えます。

化粧品の裏側には、「エタノール」という表記がされているため、選ぶときは商品の裏側に「エタノール」の表記がないものを選ぶといいでしょう。

混合肌の方のスキンケア方法

鏡を見てあごに手をあてている男性

自分にピッタリの化粧品を見つけたら、正しいスキンケア方法を学びましょう。

いくら良い化粧品を手に入れても、正しいスキンケアで手入れをしないと効果を発揮しません。

スキンケアの正しい手順を紹介

混合肌の方のための、正しいスキンケア方法を紹介していきます。

1.洗顔はTゾーンから先に行う

洗顔はTゾーンから行いましょう。

というのも、おでこや鼻といったいわゆるTゾーンという部分は皮脂の量が多いため、まずはTゾーンからしっかり洗顔し、頬や顎周りといった乾燥しがちな部分は、サッと洗う程度にしましょう。

頬や顎周りの乾燥しがちな部分をしっかり洗ってしまうと、乾燥がより進行してしまいます。

 

2.化粧水や乳液もTゾーンから行う

化粧水もTゾーンから行いましょう。理由は、皮脂の量は多いですが皮膚が硬く水分の浸透に時間がかかるからです。

また、皮脂の量が多いからと言って化粧水を付けないと水分量が足りていないと判断し、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

そのため、化粧水や乳液もTゾーンにしっかり塗布し、乾燥しがちなあごや顔周りにもしっかり塗りこみましょう。

オーガニック化粧品にも着目する

オーガニック化粧品は、農薬や化学肥料などを使わずに有機栽培された植物からできた成分が主原料の化粧品のことです。

オーガニック化粧品は、肌本来の持つバリア機能や肌に潤いを与える力をサポートする役目を持っています。

そのため、オーガニック化粧品によって肌トラブルを改善できた、なんて方もいます。

通常の化粧品で効果を実感できなかった方は、オーガニック化粧品を使ってみるのもありですね。

>>混合肌の方でも使える、メンズオーガニック化粧水はコチラ

まとめ

混合肌の方は、皮脂が多い部分と乾燥している部分の両方を併せ持っています。

皮脂が多い部分も乾燥している部分も、水分の不足によるものです。

そのため、混合肌の方は高保湿化粧品を使用し、水分の補給を行ってあげましょう。

  • エモリエント成分・・・バリア機能保護による過剰な水分蒸散抑制
  • アミノ酸・・・肌の80%を占めるタンパク質の主成分
  • ヒアルロン酸・・・保湿力に優れ、肌のハリや弾力を生み出す成分

まずは、これらが一つでも配合されている化粧品を選ぶことから始めましょう。

>>エモリエント成分、アミノ酸、ヒアルロン酸が配合している化粧水はこちらから

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。