• HOME
  • 記事一覧
  • MAKE
  • メイク道具に使用期限があるって本当?種類別にいつまで持つかご紹介

メイク道具に使用期限があるって本当?種類別にいつまで持つかご紹介

化粧水やファンデーションなどメイク道具は長期的に使うことも多いです。

しかし長期的に使うとなるといつまで持つのか気になる人もいるでしょう。

先に言っておくと、化粧品にはどれも寿命があるので永遠には使えません。

では具体的にどれくらい持つのかメイク道具の種類別にご紹介していきます。

使用期限を縮めないメイク道具の正しい保管法もご紹介しているので参考にしてください。

メイク道具の使用期限を種類別に紹介

コスメ

メイク道具の使用期限は未開封の場合はすべて3年です。

3年以内なら未開封品に限り問題なく使えます。

しかし一度でも開封すればコスメの種類によって以下の使用期限が決まっています。

コスメの種類 使用期限
マスカラ・アイライナー 3カ月
リキッドタイプのベースメイク 6カ月
スキンケア用品(化粧水や乳液) 6カ月
化粧下地 6カ月
コンシーラー 6カ月
日焼け止め 6カ月
アイシャドウ 6カ月~1年
パウダータイプのファンデーション 1年
リップ 1年~1年半

このように種類によって使用期限が異なります。

特にマスカラやアイライナーは3カ月と短いので気を付けておきましょう。

しかしこの使用期限を守っておけば安心というわけでもありません。

使用期限内でもこんな状態なら使わない方が良い

もし使用期限まで余裕がある場合でも以下の状態なら使わない方が安全です。

  • リキッドタイプのコスメが分離している(白い不純物が目に見える)
  • パウダータイプのコスメがカチカチになっている
  • 通常とは違うツンとするようなニオイがする
  • 明らかに色が変わっている

とにかく以前使った時と明らかに色やニオイ、使用感が違う場合は異常が起こっています。

その場合はもったいないですが使わずに捨てましょう。

寿命が来た、異常がある化粧品を使うと肌荒れを起こす可能性があるので注意が必要です。

毎回余るようであれば、少量のものを使用するのも良いでしょう。

期限切れの化粧品を使うと肌トラブルを起こす可能性がある

使用期限が切れたメイク道具を使い続けると以下の肌トラブルを起こす可能性があります。

  • ニキビ・吹き出物
  • 肌荒れ
  • 色素沈着

基本的に化粧品は肌の状態をよくするためのものです。

しかし期限が切れたものを使うと逆に肌の状態が悪くなるかもしれません。

完全に逆効果なので期限が切れたものは、仮に一回しか使っていなくても思い切って捨てましょう。

【種類別】メイク道具の正しい捨て方

使用期限が切れたコスメを捨てるということは中身が残ったまま捨てるということです。

化粧品の粉や液体をそのまま捨ててしまっても良いのか悩む方も多いでしょう。

そんな方は以下の捨て方を参考にしてください。

コスメの種類 捨て方
液体タイプの化粧品
(化粧水や日焼け止めなど)
液体を紙に吸わせて捨てる
容器は自治体のルールに従って捨てる
パウダータイプの化粧品
(化粧下地やファンデーションなど)
中身を紙に包んでそのまま捨てる(量が多い場合は砕いてから捨てる)
容器は自治体のルールに従って捨てる
鉛筆タイプのアイライナー
リキッドタイプのアイライナー
そのまま捨てる
繰り出し式のアイライナー 芯を出してから捨てる
リップ 根元から折って捨てる

中身が余ったコスメを捨てる時には参考にしてください。

メイク道具の使用期限を縮める2つの保管法

STOP女性

コスメの保管方法によっては期限より早く寿命が来ることもあります。

化粧水や乳液など液体タイプのスキンケアや、ファンデーションなどのベースメイク用品の間違った保管法がこちらです。

  • 冷蔵庫の中に入れる
  • 冷たい場所に置く
  • 湿気のある場所に置く

ではなぜこれらの場所に置くといけないのか見ていきましょう。

冷蔵庫の中や冷たい場所

特に夏場に化粧品を外に置いていると液体が温くなるので冷蔵庫の中に入れている人もいるのではないでしょうか。

もしくは使用後の爽快感を上げるために冷え冷えの化粧水を使っているという人もいると思います。

しかし化粧水や乳液を冷蔵庫に入れると成分によってはが結晶化して、防腐剤などの効果が落ちるので寿命が短くなるのです。

また、結晶化した化粧品を肌に付けると悪影響を受けることもあります。

そのため化粧水などのコスメは常温の場所に保管しておきましょう。

ただスキンケア用品の中には「要冷蔵」と書かれているものもあります。

その場合は冷蔵庫保管が正しいです。

「冷蔵庫がキンキンで良さそう!」ではなく、保存方法を守って保管しましょう。

湿気のある場所

スキンケアは風呂上がりにすることが多いので、お風呂場や洗面所に置いている方も多いのではないでしょうか。

しかしこれらの湿気の多い場所は湿気が多く、品質の低下や雑菌の繁殖を招きます。

化粧品に雑菌が含まれると肌荒れの原因になるので、お風呂場や洗面所の水回りの近くには置かない方が良いです。

このように保管場所によっては寿命を縮めることがありますが、他にも使い方次第で使用期限が縮まります。

メイク道具の寿命を縮める2つの使い方

以下の使い方はメイク道具の寿命を縮めるので注意が必要です。

  • ふたを閉めずに放置している
  • コスメを使う時のスポンジなどの洗浄をしていない

メイク道具のふたを閉めない

メイク道具は基本的に外気に触れない方が良いです。

外気に触れることで成分が変化する可能性があるので、コスメの質が落ちます。

そのためメイク道具のふたはしっかりと閉めるようにしましょう。

使った後にふたを締めるのは当たり前のことですが、うっかりして締め忘れがあるとコスメの品質が落ちるので注意が必要です。

コスメに使う付属品をケアしていない

ファンデーションなどはブラシやスポンジを使うタイプもあります。

ブラシやスポンジは肌に直接触れるので使っているうちに汚れてきます。

そのまま使うと汚れを肌に付けているようなものなので良くありません。

さすがに毎日洗浄するのも大変だと思うので、最低でも週に1回はきれいにしましょう。

メイク道具の使用期限を縮めない保管法

メイク道具の寿命を縮めないためにも以下の場所に置き、保管方法にも注意しましょう。

  • 日が当たらないところ
  • 湿気が少ないところ
  • 蓋をしっかり閉める
  • リップブラシなどを使って直接肌につかないようにする
  • 多く出し過ぎたものは容器に戻さない

これらのことを守っているとご紹介したメイク道具の使用期限まで高品質のまま使えるでしょう。

ただコスメの使用方法によってはメイク道具自体の品質は高くても効果が落ちるので注意が必要です。

メイク道具を使う時は手を清潔にしないと効果が落ちる

ここまでメイク道具の寿命についてご紹介しましたが、手をきれいにしてから使わないと意味がありません。

例えば帰宅した直後に化粧品を手に取って肌に付けたとしましょう。

帰宅直後は目に見えませんが手が汚れている可能性が高いです。

汚れた手で化粧品を肌に付けると、化粧品と同時に汚れを顔につけているようなものです。

これではせっかく肌をきれいにするために化粧品を使っているのに効果が落ちてしまいます。

外出時以外も化粧品を使う前はせっけんを使って清潔な状態にしておきましょう。

まとめ

メイクした女性

化粧品の使用期限は未開封品の場合は3年ですが、一度でも開封すると期限が変わります。

コスメの種類 使用期限
マスカラ・アイライナー 3カ月
リキッドタイプのベースメイク 6カ月
スキンケア用品(化粧水や乳液) 6カ月
化粧下地 6カ月
コンシーラー 6カ月
日焼け止め 6カ月
アイシャドウ 6カ月~1年
パウダータイプのファンデーション 1年
リップ 1年~1年半

このようにメイク道具によって使用期限が異なります。

いつが期限か分からなくなることのないように、メイク道具のパッケージにでも開封日を記入しておくと良いでしょう。

ただ、以前使った時とニオイやテクスチャーの質感など状態が異なるようなら使用期限がきていなくても処分した方が良いです。

もし状態が悪い化粧品を使うと肌荒れする可能性があるので気を付けておきましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。