肌に香料は悪なの

香料が肌に悪影響って本当?メンズコスメで知っておきたい香りの話

良い香りのするメンズは一目置かれる存在。コスメを選ぶ際にも香りはかなり重要ですよね。

しかし、香料が多く含まれていると肌への影響が心配になるのもまた事実。いくら良いにおいがしても、肝心の肌へのプラスの効果・影響が感じられなければ意味はありませんよね。

そこで今回は香料について

  • 肌へ悪影響?危険性・気を付けるべきポイント
  • 基本知識とメンズ肌への影響と効果
  • 無香料と無香性の違いは?

について解説していきます。

「においが強すぎるものには抵抗がある」「化粧品独特のにおいがちょっと…」という方も必見です!

 

本当に肌に悪影響なのか?危険なのか?

香料が多く使用されているものには「肌に負担があるのではないか?」「シミができるって聞いたことがある」という悪い影響のイメージがある方も多いはず。実際に昔はそういった報告もあったそうです。ですが、現代においては神経質に心配する必要もなくなってきています。その理由と注意すべきポイントをあわせてご紹介しますね。

本当に肌に悪影響を及ぼす香料は使用されていない!

結論香料は安全です

結論からお伝えすると、肌へ直接的に悪影響を及ぼす成分は市販されている化粧品には使用されていません!

なので、たとえ『香料が使用されている』という表記があったとしても、使用されているものは全て安全性が確認されている成分なので安心してくださいね。

安全性の基準についても、国際的な厳しい審査をクリアする必要があります。販売メーカーも安全が確認された商品しか売り出しませんので、悪い成分によって肌が荒れたりする可能性は市販品ではかなり低いということです。

結論としては、敏感肌やアレルギー体質の方以外は、悪影響についてあまり敏感になる必要はないかもしれませんね。

要注意!アレルギーも可能性もある。

香料の成分そのものが原因で直接的に肌へ悪影響を及ぼすことがないことはお知らせしましたが、使用する方自身がアレルギーをもっている場合はその限りではありません。

特に、

  • 肌が弱く敏感肌の方
  • アトピー持ちの方
  • アレルギー体質の方

は、要注意です!!

普通の方であれば、何の影響もない成分であっても、人によっては強い刺激になってしまうことがあるのです。一定の成分に対してアレルギーを持っている可能性や合成香料がトリガーになる「化学物質過敏症」などを持っている可能性もありますよ。

特に、普段から化粧品やスキンケア用品を使用していないメンズの方は、自分自身の肌質を知ったりアレルギーについて深く考える機会も少ないと思います。そのため、自分の肌質などを理解していない方も多いのではないでしょうか?

「ちょっと敏感肌なのかもしれない…」など不安がある方は、専門家の意見を参考にしてみてくださいね。パッチテストなども一つの指標になりますよ。

 

香料を配合するメリット

使用するリスクやアレルギーの可能性はあるものの、基本的には安全だと考えてよいものです。

販売メーカー側もなにかしらのメリットがあるから使用しているのですよね。販売メーカーや消費者にどんな効果が期待されるのかを紹介していきます。

心理的なリラックス効果

椅子に座ってリラックスしている男性

「いいにおいがする!」というのは、誰にとっても嬉しいですよね。使用する本人はもちろんのこと、周りの方にとっても「この人、いい匂いがするな」と印象も良くなるはずです。いわゆる、香水的な役割を果たしてくれる場合もあります。

また、使用される成分の種類によっては”リラックス効果”や”安眠効果”などが期待できる香りもあります。

  • レモン…清涼感があり、爽やかな印象がある。集中力アップ、リフレッシュ効果。
  • シトラス…オレンジに似た柑橘系の香り。リラックス効果も。
  • グレープフルーツ…みずみずしく爽やかな香り。前向きな気持ちになることができる。リフレッシュ効果も期待される。
  • ローズ…華やかかつ上品な香り。ホルモンバランスの安定やストレスを緩和してくれる効果があり。
  • ラベンダー…安眠・リラックス効果があり、気持ちを落ち着かせてくれる。
  • ジャスミン…爽やかだが官能的な香り。幸福感が得やすい。
  • ヒノキ…日本人に馴染みの深い癒しの香り。大きなリラックス効果がある。
  • ユーカリ…浄化作用が期待される。しっかりとした優しい香りで、気持ちを落ち着かせてくれる。
  • ベルガモット…柑橘系の果実。甘くてフレッシュな万能な香料。
  • ペパーミント…清涼感のある爽やかな香り。集中力をアップさせたり、気分を前向きにしてくれる効果あり。
  • ローズマリー…キリッとした強めの香りがする。美容効果が高いとされている。

良いにおいがする化粧水を使用し続けると、そのリフレッシュ・リラックス効果によって、自律神経に良い影響を与えると言われています。自律神経にプラスに働くことで、心理的なものが要因となる肌荒れ、ニキビ、乾燥などが減少することが期待されるのです。

そして、何より使用感が心地よいものはやはりずっと使い続けたくなりますよね。

原料臭のマスキング効果

化粧品を生成している原料には独特のにおいがある場合があります。それらはお世辞にも良いにおいとは言えないため、そのにおいを隠すために香料を使用していることもしばしば。

嫌なにおいが無くなるだけで、その使用感は格段によくなります。とても肌に良い成分が含まれていたとしても、嫌な原料臭がするのでは自分にとっても周囲の方々にとっても良くないですよね。

化粧品自体の付加価値が向上する!

簡単にいうと、香り付きの化粧品のほうが”高級感”を演出することができます。

無臭の化粧品と良いにおいのする化粧品を比べたときに、香りにまでこだわって作られた化粧品はやはり”手間のかかった良いもの”という印象を受けることでしょう。

その商品の価値自体を向上させるため、付加価値として香りにこだわるメーカーも少なくありません。

殺菌効果がある種類もある!

「ラベンダー油」「レモン油」「ゼラニウム油」「ローズ油」など、古くから防腐剤として使用されていたものもなかにはあり、殺菌作用が期待される種類もあるのです。

その高い抗菌作用から、むしろ化粧品の安全性を高めるために配合しているということもあります。そういった意味では化粧品に不可欠という考え方もあるのですね。

 

香料の種類

香料には「天然(植物性・動物性)」「合成」「調合」などの非常に様々な種類があり、それぞれ分類されています。しかし、使用されるほとんどがいくつかの成分を組み合わせて作られたものになります。

化粧品の成分表示には「香料」とひとくくりにされていることもしばしば。薬事法でも成分のひとつひとつを記載するようには義務付けられていません。そもそも、化粧品全体として考えたときにその配合割合はかなり小さいものですしね。

とは言え、成分名を具体的にしてくれている場合もありますので、その際の参考になるように代表的な分類について解説しておきます。

天然香料

いわゆる自然界にあるものから作られたものです。植物や動物から様々な方法で抽出されています。原料が自然界に由来するものであるため、本来の香りは時期や産地などによって少し異なることもあります。

また、”植物性””動物性”の二つに分けられています。

”植物性香料”とは、いわゆる「精油(エッセンシャルオイル)」といわれるもので、植物の花や葉っぱ、種子、実などから抽出されています。アロマオイルと称されるものにも、この「精油(エッセンシャルオイル)」がありますよね。

アロマテラピーなど、やはりリフレッシュ・リラックス効果が期待できるのも魅力のひとつです。

代表的なものには「ラベンダー油」「ジャスミン油」「ローズ油」「レモン油」「オレンジ油」「バニラ油」「ナツメグ油」「ユーカリ油」「シナモン油」「ペパーミント油」など、聞き覚えのある名前も多く、親しみやすいのではないでしょうか。

一方、”動物性香料”とはワシントン条約で保護されている動物などから得られるものです。動物の分泌物などから抽出されます。ワシントン条約で保護されている程、とても貴重なものですので、実際に市販されている化粧品には、それらのにおいを合成して再現したものが使用されています。

代表的なものには「ムスク・麝香(ジャコウジカからとれる)」「カストリウム・海狸香(ビーバーからとれる)」「シベット・霊猫香(ジャコウネコからとれる)」などがあります。

合成香料

市販されているほとんどのがここに分類されます。簡単に言うと、天然のにおいに似せて化学技術で人工的に生成した香料のことです。

天然香料には、天然であるがゆえ、肌に害があるものもあります。また、そのにおいを強く引き出すにはたくさん配合しなければなりません。その点、合成香料は香りのためだけに作られた成分。安全性も高く、少しの量で化粧品にしっかりとしたにおいをつけることができるのです。

約5000種ほどあるとされており、化粧品に主に使用されるのは600種程度とされています。天然・自然界にあるにおいに似せて作られることが多いのですが、化学合成によって生み出された香りなので天然では出せないオリジナルの香りを生成している場合もあるのです。

一例ですが、成分パッケージには「リモネン(オレンジの香り)」「β-フェニルエチルアルコール(ローズの香り)」「シトラール(レモンの香り)」「シクロペンタデカノン(ムスク)」「リナリルアセテート(ベルガモット、ラベンダーの香り)」「ベンジルベンエゾート(バルサムの香り)」「リナロール(スズランの香り)」「γ-ウンデカラクトン(ピーチの香り)」「オーランチオール(オレンジフラワーの香り)」などの表記がされています。

調合香料

天然香料や合成香料を混ぜて作られたもののことです。いわゆる調香師の方々が作った香りですね。

目的やイメージするにおいに合わせて、ブレンドされる香り。単独の成分では再現できない独特の香りを作り出すことができ、化粧品ににおいをつける際はこの調合されたものが多く使用されています。ブランドイメージにあった香りを使用することで、その付加価値向上にも一役買っているのでしょう。

「無香料」・「無香性」は無臭なのか?

メンズコスメを検討している方のなかには「化粧品の甘いにおいが苦手」「いい匂いは嬉しいけれど、やっぱりにおいの強いものには抵抗がある」という方も多くいらっしゃると思います。

そこで、注意してほしいのは「無香料」と「無臭」は違うものだということ。

「無香料」というのは、文字通り”香料が配合されていない”ということです。すなわち、香料を使用していない分、人工的な甘いにおいなどはしないのですが、化粧品の原料臭を隠すための成分も配合されていないので、全くにおいがない(=無臭)というわけではないのです。

ですが、やはり敏感肌の方やアレルギー体質の方には、無香料がおすすめです。オーガニック・無添加のものであれば更に安心ではないでしょうか?

肌質的に問題がない方でにおいがないものを選びたいという方は「無香性」という表記のものを選びましょう。

「無香性」とは、”ほとんど香りがしないように、原料臭をマスキングするための香料だけ使用しています”ということです。すなわち、香料自体は使用しているけれど、嫌なにおいをなくすための香料を使用しているということで、最も無臭に近いものですね。

肌を気にされる方は無香料天然精油がおすすめ

自分の肌質、求める効果を見極めて選んでみよう!

  • 基本的には安全な成分。
  • 肌の弱い方はアレルギーを起こすこともあるので注意!
  • リフレッシュ・リラックス効果などメリットもたくさんある!
  • 「無香料」・「無香性」は全く違う

ということをご理解いただけたと思います。

やはりメンズコスメ選びで重要なので、自分の肌に合っているかどうか、まだ自分の肌質がよくわからないという方は、オーガニックなものから始めてみるのが無難です。使用していくうちに好きなにおいや、気分が上がる香りに出会えたらそれが最も良いのではないでしょうか?

アレルギーなどを持たない方は、必要以上に「悪影響になるのではないか」と神経質になる必要はありませんよ。自分の求める効果などを見極めて、楽しんで取り入れてみてくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。