【敏感肌でも安心】顔の角質ケアができるアイテム3つ紹介!正しいケア方法も

かずきち
かずきち
敏感肌の人はアイテム選びが重要!
自分の肌に合った角質ケアアイテムを使いましょう。

乾燥しやすく、角栓がひどくなりやすい敏感肌。
敏感肌でもできる角質ケア方法を探している人も多いのではないでしょうか。

角質ケアができるアイテムには、いろいろなものがあります。
しかしそれが敏感肌に合っているかどうかは別です。

肌に合わないものを使うと、肌の状態が悪化してしまう可能性があります。

この記事では、

  • 角質ケアの目的
  • 敏感肌の人でも安心して使える角質ケアアイテム
  • 今すぐ実践できる角栓ケア方法

を紹介していきます。

正しい角質ケア方法を知ることで毛穴の状態がよくなり、敏感肌の改善にも繋がりますよ

この記事の監修

かずきち(31歳/娘2人)

男性用化粧品ブランドのプロダクトマネージャー。
LINEやInstagramでお肌の悩み・相談受け付け中

直接相談したい方には
ペペぺメン相談室がおすすめ!

メンズスキンケア専門のアドバイザーが、1対1で丁寧にサポートしてくれます。

ト

化粧品を購入する前の不安も解消
気軽に相談してみる

ちょっとしたお悩みでも
ぜひ気軽にLINEからご質問ください(^^)

 

【基礎知識】角質ケアの目的は?敏感肌でも必要?

角質ケアの目的は、古い角質を落として「毛穴詰まり」を予防すること
古い角質が角栓を作ってしまう前の予防として行います。

ト

敏感肌でも角質ケアは必要です。

肌を守るバリアが崩れている状態なので、乾燥がひどくなりやすく、角質が固くなって毛穴詰まりを引き起こしてしまいます

敏感肌の人は、肌を触ってみるとゴワゴワした感じザラザラした感じがしますよね。
これが、角栓を作りやすい環境へと進んでいる状態なのです。

角栓を作ってしまう前に角質ケアをして、肌の状態を整えましょう。

「角質ケア=とにかく落とせばいい」ではない

角質ケアでやりがちなのは、とにかく落とそうとすること。

角質が取れるアイテムを使うと、角質が取れているのが目に見えて分かるので、ついつい取りすぎてしまいがちです。

角質は、水分の蒸発や細菌の侵入を防ぐ重要なものです。
角質をとりすぎると、肌のバリアを崩してしまうので、敏感肌をひどくさせてしまいます。

実際に角質ケアのアイテムを使いすぎて、

「肌がピリピリする…」
「赤くなってしまった」

と後悔してしまった人も少なくありません。

角質ケアのアイテムには刺激が強いものが多いので、使い方に注意してくださいね。

角質ケアができるアイテム3つ!何を使ったらいい?

ト

角質ケアができるアイテムにはいろいろありますが、中でも敏感肌におすすめなのが以下の3つです。

角質ケアができるアイテム
・ピーリング成分を含む洗顔料
・ビタミンC配合の化粧水
・クレイマスク

 

ピーリング成分を含む洗顔料

ピーリングは、古い角質を柔らかくして取り除くケアのこと。
美容医療の業界でも「ピーリング治療」として行われている安全な方法です。

ピーリング成分にはさまざまありますが、敏感肌さんには「フルーツ酸」がおすすめ。
天然由来の成分なので、肌に負担をかけずにやさしく角質ケアができます。

フルーツ酸:グリコール酸、クエン酸、リンゴ酸など

他にも、スクラブ洗顔料という角質ケアができるアイテムもありますが、これはあまりおすすめしません。

スクラブは、摩擦によって角質を落とすケア方法のこと。
肌をこすることになるので、敏感肌の人が使うと悪化する恐れがあります。

ビタミンC配合の化粧水

肌の栄養素とも言われるビタミンC。
皮脂を抑える効果のある成分で、角栓ができにくい肌環境を整えてくれます

また、ビタミンCには皮脂の酸化を抑える効果も!
角栓ができてしまっても、毛穴の黒ずみへの進行を食い止められます

ビタミンCは、開き毛穴やたるみ毛穴に悩む人にもおすすめです。
毛穴がきゅっと締まり、肌の印象も良くなりますよ

敏感肌さんでも安心して使える「ビタミンC配合の化粧水」はこちら▶

クレイマスク

クレイマスクは、余分な皮脂や古い角質を取り除くマスクのこと。
韓国コスメでよく見かけることが多く、美容男子に人気があります。

名前のとおり、泥や粘土でできたパックなので吸着力が高く、しつこい毛穴汚れもスッキリと落とすことができます

使い方は、洗顔後の肌に塗り広げて5〜10分程度置くだけ。
あまり長時間つけすぎると肌の水分を持っていってしまい、乾燥を招くので注意してください。

今すぐ実践できる!敏感肌さん向けの角質ケア方法

敏感肌さんに必要な角質ケアは、以下の3つ。

角質ケア方法
・ホットタオル(角栓を緩める)
・洗顔(肌の汚れをキレイに落とす)
・化粧水(保湿をして乾燥を防ぐ)

 

古い角質をやさしく落とすためのコツやポイントを紹介します。
ステップ①」から順番に紹介していくので、ぜひ実践してみてくださいね。

ステップ①:ホットタオルで角栓を緩める

ホットタオルを使った毛穴ケアは、美容の世界で話題となっています。

やり方はとても簡単!
洗顔の前に温めておいたタオルを1〜3分ほど顔に当てるだけです。

これをするだけで、頑固な毛穴汚れがスッキリ取れやすくなります
蒸しタオルの作り方も紹介しておきますね。

蒸しタオルの作り方

  1. フェイスタオルを水にぬらして絞ります。
  2. ぬらしたタオルを広げてくるくると巻きます。
  3. タオルを電子レンジに入れ、500Wで30秒〜1分程度温めます。

 

気持ちいいと感じる温度まで温まったらOKです。
熱すぎる場合は、少し時間を置いて冷ましてから使ってください。

ステップ②:洗顔で汚れをキレイに落とす

洗顔の仕方を見直すだけでも、肌の状態は大きく変わります
正しい方法で洗顔ができているかどうか今一度見直してみてください。

洗顔の正しい方法

  1. 手をキレイに洗い、清潔な状態にします。
  2. ぬるま湯で軽く汚れを浮かします。
  3. 洗顔フォームをしっかり泡立ててます。
  4. Tゾーンから、鼻→頬→頬→アゴの順番で洗います。
  5. ぬるま湯ですすぎ残しがないよう洗い流します。

 

イントは、泡を乗せるように優しく洗うことです。
泡は、指と肌の間のクッションとなるので、肌を傷つけずに優しく洗えます

毛穴の汚れを吸着する重要な役割も持っているので、先に泡立ててから洗ってくださいね。

角栓ケアにおすすめのメンズ洗顔料

サスティナブルフォーム100ml
どんな肌質でも使える泡立て不要の洗顔フォーム。2~3プッシュで出てくるキメ細かい泡で、肌を傷つけずに優しく洗えます。ふんわりと包む濃厚泡と、洗い上がりの気持ちよさをぜひ体感してください。

公式サイトAmazonセットの定期便(初回50%OFF

レビューを見る
泡立てなくて済むので楽です。朝使うといい香りで目が覚めます。洗った後、つっぱらず肌がしっとりしているのでうるおいを残してくれてる感じがして良いです。

 

ステップ③:化粧水で保湿する

洗顔後の肌は、皮脂が洗い流されて無防備な状態
何もせずに放置すると、肌のうるおいが外へ逃げていき、乾燥してしまいます。

敏感肌をひどくさせないよう、化粧水の正しい使い方も覚えておきましょう。

化粧水の正しい使い方

  1. 500円玉大サイズの化粧水を手に取ります。
  2. 手に取った化粧水を手のひらで温めます。
  3. 両手のひらで顔を包み込むようになじませます。

 

ポイントは、押し込むようにつけることです。
グッと押し込むようにつけることで、化粧水の成分の浸透が良くなります

パンパンと叩く必要はありません。両手で顔を包み込むイメージでやさしくなじませていきましょう。

角栓ケアにおすすめのメンズ化粧水

サスティナブルローション 120ml
化粧水・美容液・乳液を兼ね備えたオールインワン化粧水。仕事や家事で忙しい人でも、手軽に時短ケアが叶います。2ヶ月も使えて1回たったの38円。サラッとするけど、しっかり潤う”新感覚”をぜひ体験してみてください。

公式サイトAmazonセットの定期便(初回50%OFF

レビューを見る
すぐにスッとなじんでいくのがわかります。一番いいのはなじみがいいのにベタつかない。このあとさらに保湿する必要がない◎見た目がシンプルなので置いておいてもごちゃごちゃして見えないのもいいです。

 

間違ったやり方は逆効果!角質ケアで気をつけるべきこと

ト

角質ケアをしたら逆に角栓がひどくなった…そんな状況にはなりたくないですよね。

敏感肌を悪化させないよう、以下の行為に注意してケアを行いましょう。

角質ケアのNG行為
・何回も洗わない
・熱いお湯で洗わない
・ゴシゴシとこすらない
・シャワーを顔に直接当てない

 

何回も洗わない

角質が取れないからといって、何度も洗うのはNG。
繰り返し洗うほど肌に必要な皮脂は失われていき、余計に乾燥しやすくなります

1日2回を基本に肌に負担をかけないスキンケアを心がけましょう。

熱いお湯で洗わない

寒い時期は熱いお湯を浴びたくなりますよね。
しかしこの行為は、肌の乾燥を引き起こす原因の一つ。

お湯が熱すぎると皮脂を取りすぎてしまいます
そして乾燥がひどくなり、角栓ができやすい肌に…。

洗顔は、人肌くらいの温度(32度)がベストです。
熱いお湯ではなく、ぬるま湯ですすぎましょう。

ゴシゴシとこすらない

ゴシゴシとこすっても角質はとれません。
それどころか、肌を傷つけてしまい悪化させるだけです。

顔は皮膚が薄くてデリケートな部分です。
泡をのせるイメージでやさしく洗いましょう。

シャワーを顔に直接当てない

シャワーを顔に当てて洗うのもNGです。
直接当てると気持ちが良いかもしれませんが、肌はダメージを受けてしまいます

直接ではなく、両手ですくったぬるま湯ですすぎましょう。

この記事のまとめ

敏感肌で使う角質ケアアイテムを間違うと、悪化する恐れがあります。
刺激の強いものではなく、やさしく取り除けるアイテムを使いましょう。

また、アイテムに頼るのもよくありません。
スキンケアの方法を見直し、乾燥に負けない肌状態を整えることも重要です。

敏感肌の人はひとりで悩まず、専門家に相談することも大切ですよ。

男性のスキンケア方法を教えます!お肌の悩みはペペペメン公式LINEにお任せ

ト

ペペペメン公式LINEでは、以下の悩みに対する解決案を提案しています。

「角栓がずっと取れない…むしろ悪化してる気がする」
「最近、鼻が黒ずんできてしまった」
「敏感肌がずっと良くならない」、、、などなど!

 

肌の悩みや化粧品全般のご相談に対応しているので、スキンケアについてお困りの際は気軽にお声がけください!

気軽に相談してみるト

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。