髭剃りのベストなタイミングは?正しい髭剃りの方法をご紹介!

毎日髭剃りをしている人は多いと思いますが、実は髭剃りにベストなタイミングがあるのはご存知でしょうか。また、間違った方法でシェービングをすると肌を傷つけてしまいます。そこで髭剃りの正しい方法もご紹介します。

髭剃りのベストなタイミング

毎日の日課で何気なく髭剃りをしている人は多いのではないでしょうか。しかし、髭剃りにもベストなタイミングがあります。顔のコンディションによってそりやすさや、肌へのダメージを少なくするタイミングがあるのです。では、どのタイミングで行えばよいのでしょうか見ていきます。

朝のメリット

毛が最も伸びると言われているのが、朝の6時〜10時になります。朝の時間にそることにより、ヒゲが伸びきった状態で剃れます。ヒゲの伸びる速度が速い人は朝がおすすめです。

できれば1番伸びきった状態の朝10時にそるのが望ましいですが、会社へ出勤する人がほとんどなので朝6〜8時の間にそるのが良いでしょう。

朝は肌にハリがあり、血行も良いので刃が滑らかに動きそりやすいです。しかし、

朝のデメリット

朝は顔が浮腫んでいることがあります。浮腫んでいるとヒゲが埋まってしまいそりづらくなってしまい、時間がかかってしまいます。浮腫が治る起床後15〜20分後にそるようにしましょう。

朝は忙しい時間帯ですので、もし寝坊をするとヒゲを剃る時間が少なくなってしまいます。焦っていると十分なスキンケアができずにトラブルの原因になってしまうこともあります。

夜のメリット

夜はお風呂に入るついでに剃ることができ、朝よりも時間があるからこそ下準備をしてそりやすくしたり、入念にスキンケアができます

夜にシェービングを行えば、朝の忙しい時間に少しの余裕ができます。

夜のデメリット

せっかく夜に剃っても、朝6〜10時の伸びやすい時間にヒゲがどんどん伸びてきてしまいます。そうすると朝にまたそらなければいけなくなり、2度手間になってしまいます。

夜の疲れた顔にシェービングをすると皮膚にダメージを与えてしまいます。また、お風呂でふやけた皮膚に逆剃りをすると傷つけてしまいます。

ベストなタイミング

生活のリズムにもよると思いますが、日中に仕事や学校に行き、夜就寝する人は朝に髭剃りをするのがベストなタイミングです。

朝のヒゲが伸びきったタイミングで剃ることができ、伸びる速度が速い人は朝に剃るのが良いです。

また、顔のハリや血行が良いのでそりやすくなります。しかし、浮腫んでいる場合は毛が埋まってしまいカミソリが滑りづらくなるので時間を置いてから行いましょう。

また、そりやすい顔のコンディションにすることで皮膚へのダメージも少なくすることができます。

正しい髭剃りの方法

毎日の作業ですから、何気なく髭剃りをする人は多いと思いますが、間違った方法で行うと肌にダメージを与えてしまうのです。では意外と知らない正しい髭剃りの方法をご紹介します。

髭剃り前の準備こそが大事

まず顔の汚れを洗顔でしっかり落としましょう。汚れを取って清潔にすることで、カミソリ負けや出血を防ぎます。

また、顔に汚れが付着しているとカミソリが傷ついてしまうので、きちんと洗顔することによりカミソリの刃を痛むことから防ぎます。

理髪店でヒゲを剃る前によく蒸しタオルを顔に当てますが、あれは肌に水分を与えて炎症を防ぎ、ヒゲに水分を含ませて膨張させてそりやすくしているのです。

また、毛穴を開き汚れも落としてくれます。家庭でも簡単に蒸しタオルを作ることができますので、蒸しタオルで蒸してからそりましょう。

シェービングジェルやフォームを使用すると肌とカミソリを保護することができるので、使用しましょう。そして、時間をかけて丁寧に行うことが皮膚を傷つけないポイントです。

蒸しタオルの作り方

水で濡らして垂れない程度に絞ったタオルをくるくると巻いてからラップで包み、電子レンジ500〜600wで30〜60秒温めるだけで完成です。電子レンジで温めた直後は熱いので火傷に気をつけてください

髭剃りの手順

髭剃りの前準備をご紹介しましたが、次は手順をご説明します。

  1. 順剃り
  2. 逆剃り
  3. 張り手

①順剃り

ヒゲの生えている方向に沿ってカミソリを動かしていきます。肌の負担が少なく、傷つかないように順剃りからします。よくそれる逆剃りから行ってしまいがちですが、肌へダメージを与えてしまうのでやめましょう。

口やアゴ周りの硬い毛は順剃りではそりづらいので、残った部分は一旦後回しにします。

何度もカミソリを滑らせるのではなく、なるべく1ストロークで行うと肌の負担も少なくなります。

②逆剃り

順剃りで剃れなかった部分を毛が生えている方向とは逆に剃っていきます。逆剃りは肌への負担が大きいので最小限に抑えるために部分的にそります。

また、逆剃りは肌への負担が大きいために敏感肌の人はカミソリ負けしやすいので注意してください。

ヒゲが濃い人や、口やアゴ周りの毛の硬くそりにくい部分は、短いストロークで行うとやりやすいです。

③張り手

最後の仕上げに剃り残しを綺麗にします。空いている方の手で皮膚を引っ張ります。この時、引っ張る方向は剃る方とは逆の方向へ引っ張ります。

皮膚を引っ張ることで、残っている毛を浮き出してそります。この時深剃りをしすぎると肌への負担が大きくなってしまうので気をつけましょう。

以上の順番を守って、皮膚へのダメージを極力少なくして剃ることが大事です。

シェービングケア

ここまでシェービングについてご説明してきましたが、お気づきの方もいると思いますが、シェービングは肌へのダメージが大きいです。なので、きちんとスキンケアをしてください。

シェービングが終わったら、シェービングジェルやフォームを冷水で開いた毛穴を引き締めて、炎症も抑えつつ、よく洗い落としてから化粧水を顔に浸透させて潤いを与え、さらに乳液をぬることにより保湿をします

NGポイント

同じカミソリを使い続けるのはやめましょう。こまめに刃を交換しなければ、刃こぼれしたカミソリで皮膚を傷つけたり、細菌が入って肌トラブルになってしまいます。

逆剃りや張り手は肌への負担が大きく、深剃りしてしまう原因にもなりますので注意して行ってください。

電動シェーバーとT字カミソリ

剃刀

ここまでT字カミソリでのシェービング方法をご紹介してきましたが、肌の負担が少ない電動シェーバーについてもご紹介します。

電動シェーバー

T字カミソリよりも電動シェーバーの方が肌に優しく、刃が直接肌に当たらないので逆剃りなど気にする必要がありません。

電動シェーバーは往復式、回転式、ロータリー式の3種類の駆動形式に分かれています。

往復式は、3〜5枚刃が主流でシェービング力に長けているので、ヒゲが濃い人やしっかりそりたい人におすすめです。また、短時間でそり上げることができます。

回転式は、円を描きながら広範囲にヒゲをそることができ肌への負担が少なく、カミソリ負けが気になる人や、敏感肌の人におすすめです。

ロータリー式は、螺旋状の内刃が一定方向に動いているので、肌への負担は少なくシャープにそることができます。しかし、ゆっくりと動かさなければダメージを与えてしまいます。

電動シェーバーは防水機能がついている物を選べば、丸ごと洗浄ができシェービングジェルも使用することができるので皮膚の保護にもなります。

T字カミソリ

T字カミソリは深剃りがしやすく、ヘッドが小さいので細かく動かせることができます。また、簡単に扱うことができ安価で購入できます。

まとめ

毎日行う髭剃りだからこそ、極力肌へのダメージを抑えることは大事だと思います。きちんと順番を守って、丁寧に処理することで日々のスキンダメージの蓄積は少なくなるでしょう。

朝の忙しい時間にスキンケアをすることは大変だと思いますが、未来の肌のことを考えてその一手間を行うことが大事です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。