ピースをしている手

化粧品に含まれるグリチルリチン酸2Kには全部で2つの効果がある!

化粧品にはグリチルリチン酸2Kという成分が含まれていることがあります。

添加物やセラミドやヒアルロン酸などの美容成分は確認する人もいると思いますが、グリチルリチン酸2Kはあまり気にしない人も多いのではないでしょうか。

しかしグリチルリチン酸2Kは肌に対して良い効果があります。

ではどういった効果があるのか紹介していきます。

グリチルリチン酸2Kの毒性についても紹介しているので、この機会に確認しておきましょう。

化粧品に含まれることが多いグリチルリチン酸2Kとは?

甘草イメージ

グリチルリチン酸2Kとは漢方薬に使われる甘草(カンゾウ)という植物が原料です。

甘草からはグリチルリチン酸という成分が取れます。

そのグリチルリチン酸とカリウムを配合したものがグリチルリチン酸2Kです。

そんなグリチルリチン酸2Kは化粧水や洗顔料など化粧品に使われていますが、実は他の物にも使われています。

例えばシャンプーや風邪薬などの医薬品、しょうゆなどの調味料にも使われることが多いです。

ここまで幅広い活躍を見せるのはグリチルリチン酸2Kに抗炎症作用、抗アレルギー作用があるからです。

グリチルリチン酸2Kの効果は抗炎症作用と抗アレルギー作用

人の肌は炎症が起こることで肌トラブルになる可能性があります。

皮膚に炎症が起こる原因の一つは紫外線を浴びることです。

太陽の光を浴びるだけで炎症が発生しますが、紫外線を浴びた直後に肌トラブルは現れません。

皮膚の内部で炎症が起こっているのです。

その結果気付くのが遅れてしまい、知らないまま放置していると炎症が皮膚の奥まで行き届いて肌がたるんだり、皮膚がかゆくなるなどの肌トラブルを起こします。

このように炎症は肌の内部から徐々に侵食していくので厄介ですが、そんな時に抗炎症作用があるグリチルリチン酸2Kは効果的です。

グリチルリチン酸2Kが含まれている日焼け止めを使うことで肌へのダメージを未然に防げます。

そのうえで、グリチルリチン酸2Kが含まれた化粧水や洗顔料でスキンケアしておくとより効果的です。

さらにグリチルリチン酸2Kは皮膚の炎症を防げるのでニキビにも効果が期待できます。

グリチルリチン酸2Kはニキビにも効果がある

男性の場合は一般的に皮脂の分泌が多いので、ニキビに悩んでいる人も多いでしょう。

ニキビがあるとぶつぶつした見た目になるので第一印象が悪くなる傾向があります。

しかしグリチルリチン酸2Kは以下のニキビに効果的です。

  • 赤くなったニキビ
  • 赤く残ったニキビ跡

すべてのニキビに対して効果的というわけではありませんが、赤くなったニキビには効果が期待できます。

赤いニキビに悩んでいる方はグリチルリチン酸2Kが含まれた化粧品を利用してみるのも良いでしょう。

【ニキビに悩む方必見】グリチルリチン酸2Kが含まれた化粧品

赤くなったニキビに悩んでいる方は「薬用アクネレスクールセラム(ドクターシーラボ)」という美容液がおすすめです。

薬用アクネレスクールセラム

こちらの美容液にはグリチルリチン酸2K以外にもニキビに効果的な成分が含まれています。

  • サリチル酸…ニキビ菌を殺菌&古い角質をケアする
  • セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸…皮膚を保湿する

保湿成分が多いですが、ニキビの原因には乾燥も関係しています。

乾燥すると炎症を起こしやすいので、ニキビができるという仕組みです。

しかしこの美容液なら保湿成分も豊富で、ニキビにも効果があります。

さらに「薬用アクネレスクールセラム」は部分的に使えるのでピンポイントでニキビのケアができます。

ニキビに悩んでいる方は一度試してみてはいかがでしょうか。

商品はこちら

 

グリチルリチン酸2Kは黒ずみ解消の効果はないので注意!

グリチルリチン酸2Kには黒ずみを改善できるという噂がありますが、黒ずみに対してダイレクトに効果があるわけではありません。

抗炎症作用が働いて結果的に黒ずみが治るのです。

この仕組みを分かりやすくするために黒ずみができる仕組みを見ていきましょう。

黒ずみができる原因は肌への摩擦などいろいろありますが、その中に乾燥による炎症というものがあります。

人の肌は乾燥すると炎症が起きやすく、症状が進行すると肌のターンオーバーが正常に行われず角質が残ります。

肌のターンオーバーとは皮膚が入れ替わるサイクルのことです。

年齢にもよりますが28日周期で角質が新しいものに生まれ変わります。

しかし加齢や生活習慣が乱れるとなかなかターンオーバーが行われません。

その結果、古い角質がいつまでも残って、それがそのまま黒ずみになることがあります。

このように黒ずみができる原因はさまざまですが、グリチルリチン酸2Kが含まれる化粧品を使うことで炎症による黒ずみは防止・治療できます。

そのためグリチルリチン酸2Kが黒ずみに効果があると言われているのです。

つまり、グリチルリチン酸2Kには直接黒ずみに対して効果はありませんが、グリチルリチン酸2Kの効果の一つである抗炎症作用が働いて黒ずみを解消するということです。

ただ、黒ずみの原因は肌トラブルなども関係しているので、完全には治りません。

グリチルリチン酸2Kを肌に塗っておけば治るわけではなく、あくまで効果が期待できる程度なので気を付けておきましょう。

大量のグリチルリチン酸2Kには毒性がある

肌トラブルを防いでくれるグリチルリチン酸2Kですが、実は1日に大量に付けると副作用が起きる可能性があります。

グリチルリチン酸2Kの1日の推奨摂取量は40㎎です。

それ以上の量を摂取すると偽アルドステロン症という副作用が出るかもしれません。

偽アルドステロン症とは、疑似的にアルドステロン症が発生することを言います。

アルドステロン症が発生すると以下のような症状が現れます。

  • 筋肉痛
  • 手足の痺れ
  • 頭痛
  • 顔や手足のむくみ
  • 気分が悪くなる

このようにアルドステロン症は危険です。

そんなアルドステロン症はグリチルリチン酸2Kを大量に摂取すると起こる可能性があります。

しかしグリチルリチン酸2Kは1日に40㎎以下なら基本的に問題ありません。

さらに化粧品の場合は直接口に入れるというわけでもないので比較的安全です。

どうしても不安に感じる方は化粧品を選ぶ時に成分表示を確認しておきましょう。

化粧品に含まれるグリチルリチン酸2Kの量は成分表示から分かる

化粧品を見る男性

化粧品の成分表示のルールの一つに、含有量が多い順番から表記するというものがあります。

例えば化粧水の成分表示を見ていただくと、主成分の水や保湿成分のグリセリンが最初の方に表記されていることが多いです。

すべての化粧品にこのルールが当てはまるので、成分表示を見ることでグリチルリチン酸2Kの含有量をある程度把握できます。

もしグリチルリチン酸2Kが成分表示の最初から5番目までに表記されていると危険性が高いです。

逆に最後の方に表記されているとそこまでの量は含まれていません。

このように成分表示を見れば、どれくらい含まれているのか数字では確認できませんが、多いか少ないかだけは分かります。

化粧品を選ぶ時はグリチルリチン酸2Kや、体に悪い合成着色料などの添加物が最初の方に表記されていないかどうかよく見ておきましょう。

まとめ

グリチルリチン酸2Kには抗炎症作用と抗アレルギー作用があります。

炎症を防げるので結果として赤くなったニキビや黒ずみが改善する効果を期待できます。

美肌効果があるグリチルリチン酸2Kですが、大量に含まれていると副作用が起こるかもしれません。

化粧品の場合は体内に入れるわけではないので比較的安全ですが、場合によっては肌荒れなどを起こす可能性があります。

もしグリチルリチン酸2Kが含まれる化粧品を使っていて異常が現れたら、すぐに利用を中止しましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。