メンズの顔パック、頻度や時間に気を付けてより効果的に

メンズ用の化粧品ブランドが多数誕生し、男性のスキンケアに対する意識も高まってきた昨今。

自宅で化粧水を使ったり乳液を使って、スキンケアをされている男性も多いのではないでしょうか。

スキンケアにこだわり始めると使いたくなるのが顔パック。

お肌に良さそうと、適当に選んで使っていませんか?

顔パックには様々な種類のものがありどれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

そこで顔パックの種類や選び方、使い方、効果的な使用頻度や時間についてご紹介します。

パックの種類

フェイスシートを持つ人

シートタイプ
パックと言って、まず思い浮かぶのがこのタイプ。顔に貼るだけで簡単に使うことができます。シートには有効成分配合の美容液がたっぷり浸み込んでいて保湿対策に効果的です。

泥タイプ(クレイタイプ)
泥美容として女性にも人気の泥タイプ。ミネラル豊富な泥がお肌の汚れや老廃物を吸着し取り除いてくれます。メンズのオイリー肌の毛穴ケアにも人気。

クリーム・ジェルタイプ
保湿に優れたこのタイプは化粧水等より蒸発しにくく油分も同時に補給できることから乾燥肌におすすめです。気になる部分に重点的に伸ばしたりすることができるのも良いところ。最後に洗い流すタイプと顔からはがすタイプがあります。

ナイトマスク
お風呂上りに塗って寝るだけで、寝ている間に美容成分が時間をかけてゆっくりお肌に浸透。洗い流したり拭き取る必要がないため簡単で、シートタイプより効果が実感しやすいのでおすすめです。

パックの選び方

顔パックする女性

肌質にあったものを選ぶ
人によって肌質は異なります。お肌に合わないタイプのものを使うと、思わぬトラブルになることも。メンズに多いオイリー肌には皮脂を吸収するクレイタイプ、乾燥肌には保湿成分と同時に油分も含むクリームタイプや保湿成分をじっくり浸透させるナイトクリームタイプがおすすめです。混合肌の場合は保湿を優先して考え選ぶと良いです。敏感肌の方は、刺激の少ないものがおすすめなのでピールオフのタイプは避けましょう。またできるだけ天然成分を使っているものを選べば安心です。

目的で選ぶ
人によって求める効果は違います。自分の目的に合っていないものを選ぶと効果が感じられない場合があるので、目的に合ったものを選ぶようにしましょう。
アンチエイジング:ハリを与えるコラーゲン、エラスチンヒアルロン酸等配合のもの
保湿:セラミド、はちみつ、オリーブオイル等植物性油脂配合のもの
美白・くすみ対策:アルブチン、ビタミンC誘導体、ビタミンC、プラセンタエキス、酒粕、ハトムギ配合のもの
などがおすすめです。

顔パックの効果的な使用頻度と時間

時計

顔パックというと、何か特別なものや肌の調子が悪い時、ここぞという日の前日に使うものといったイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

顔パックは一時的に肌質をよくしてくれるものではなく、良い状態を保つためのものなので習慣的に使用することが大切です。

では使用頻度が高い方が効果的なのかと言えばそうではありません。

頻度の高い使用は栄養過多となり、本来持っているうるおいを保持する力が弱くなったり、思わぬトラブルを招きます。

また肌を適度に休ませることで美容成分を吸収しやすい状態になるとも言われています。

肌の良い状態を保つためにも1週間に1~2回程度の頻度で利用するのがおすすめです。

それでは使用時間はどうでしょう。長くすればするほど皮膚に浸透するようなイメージがありますが、それは間違いです。

長時間放置するとシートの水分が蒸発するのと同時に皮膚の水分が一緒に蒸発してしまい、保湿のために行っているのに逆効果になってしまいます。

パッケージに書かれている使用方法をよく読めば、その効果が最大限発揮される使用時間や頻度が書かれています。

パックを使用するときは、パッケージの使用方法をよく読んで時間と頻度を守りましょう

顔パックの効果をアップさせる方法

顔パックする男性

効果的な頻度と時間をご紹介しましたが、さらに効果を高めることができる方法もご紹介します。

シリコンマスクを使う
フェイスマスクの上から被せるシリコンマスクというものが販売されています。

これはフェイスマスクが乾いて蒸発する際に肌の水分が一緒に乾いてしまうのを防ぐためのもの。忙しくてパックを決められた時間に外すことができないメンズにおすすめです。最近では100均などでも簡単に手に入るようになっています。

パックをする前に肌を温める
スチーマーをお持ちの方はパックをする前にスチーマーを使うと、毛穴がひろがり美容液成分が肌の奥までしっかり浸透します。

スチーマーをお持ちでない場合も、蒸しタオルなどで顔を温めてからパックすれば同様の効果が得られます。

 

使うときの注意点

顔パックは使い方を間違えると十分な効果が得られなかったり、肌トラブルを招くことがあります。そこで注意点をご紹介します。

使用方法を守る
顔パックの使用方法はどれも同じというわけではありません。

例えば、洗顔後化粧水で保湿してから使うものもあれば、洗顔してすぐにパックをし、その後化粧水や乳液等を使うものもあります。

使用時間や頻度もそうですが、パッケージにはその商品を効果的に使用する方法が書かれているので使用前に必ずチェックしてください。

肌の状態に合わせて使う
お顔に吹き出物や炎症がある場合、顔パックをすることで肌への刺激となり、症状がひどくなることがあるので使用は控えましょう。

またお肌に異変があれば皮膚科を受診することをおすすめします。

洗顔後に使用する
お顔に汚れや老廃物、皮脂等があると美容成分が十分に浸透しません。

必ず洗顔をして清潔な状態のお顔に使うようにしましょう。

お風呂の中では使用しない
時短になるからと言ってお風呂に入りながら顔パックはしないでください。

お風呂は湿度が高いため、一見シートの乾燥を防ぐことができ、成分がより浸透するように感じます。

しかし、パックをしながらお風呂に入ると、汗で美容液成分が浸透するどころか流されてしまいます。お風呂を上がってから使用しましょう。

保管方法に気をつける
シートマスクを保管する際、お店のように立てて保管していませんか。

立てて保管する方が場所を取らずきれいに片付くため、そうしている方も多いと思います。しかし立てたままだと袋の中の美容成分がパック全体に十分に行きわたらなくなってしまいます。シートマスクを保管する際は横向けで保管してください。

冷蔵庫で保管する
暑い夏には冷たいシートマスクが気持ちよさそうですね。毛穴も引き締まって丁度いいかも、と思いますがそれは間違いです。

シートを冷やしてしまうと毛穴が引き締まって美容成分が肌に浸透しなくなってしまいます。保管は常温でお願いします。

 

男性におすすめのフェイスパック

ここでは男性におすすめのフェイスパックをご紹介します。ご購入の際の参考にしていただければ幸いです。

・DHC MEN ディープモイスチュア フェースマスク (シートタイプ)
こちらはシートタイプのメンズ用フェイスマスク。コエンザイムQ10やコラーゲン配合で、乾いたメンズの肌にうるおいを与えて若々しい肌へと導きます。アロマティックシトラスの香りで心も癒されます。

・BULK HOMME(バルクオム)THE FACE MASK (シートタイプ)
BULK HOMMEはメンズスキンケアのベーシックを追い求めるメンズスキンケアブランド。フェイスマスク1枚にバルクオムの化粧水を3倍濃縮した美容成分を配合し、美容効果を実感できるようにしています。

・キールズ レアアース マスク (クレイタイプ)
吸着力の高いアマゾンホワイトクレイを使用。毛穴の老廃物を取り除きアロエベラ液汁の保湿効果でお肌を柔らかくしっとりさせます。カラスムギ穀粒配合で余分な皮脂を吸収し皮脂バランスも整えてくれます。

・エリクシール スリーピングジェルパック (ナイトマスク)
プルプルのジェルでたっぷりのうるおいと美容成分を一晩中肌にひたします。翌朝にはハリを実感できるでしょう。塗って寝るだけなので忙しい方におすすめです。

 

メンズ顔パックを取り入れて見た目の印象を変える

 

男性は女性と違いメイクをしないため、女性よりも紫外線による肌ダメージを受けやすいです。

紫外線のダメージで肌の弾力やハリを失い老化を招いたり、シミやたるみの原因にも。そのためスキンケアが重要になってきます。

何もお手入れをしない肌とお手入れをしている肌、個人差はありますが、やはりお手入れされた肌の方が、きめ細かく若々しい印象を与えるでしょう。

パックの使用頻度は1週間に1~2回とご紹介しましたが、最近ではデイリーケアに使えるフェイスマスクも主流となりつつあります。

こちらは毎日使えるよう成分が調整されていたり、1枚で化粧水・乳液・美容液の代わりになるオールインワンタイプのものもあります。

いろいろ使ってお手入れするのは面倒くさい方でも、1枚ですべてが完結するのでおすすめです。

今のお肌に満足ですか?男性も顔パックを取り入れてお肌を改善し、周りのメンズと差をつけてみてはいかがでしょう。

ペペペメンの公式ラインでは、スキンケア・ヘアケアのお悩みを受け付けています。
「スキンケアに興味あるけど何から始めたらいいかわからない」「自分の髪質に合っているワックスの種類って何だろう」など
ラインで気軽に相談してみませんか?ライン登録はこちらから

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。