両手で鼻をおさえる男性

鼻の角質は押し出すとダメ!?毛穴詰まりの原因と改善方法を紹介

鼻の毛穴に詰まった角質や毛穴はどうしても目立ってしまいます。

対策方法が分からずに指や爪で角質を無理やり押し出しているなんて方は多いのではないでしょうか?

しかし、指で鼻の角質を押し出してしまうと毛穴が余計に広がったり肌荒れの原因となってしまいます。

では、どうすれば鼻は綺麗になるのでしょうか。

この記事では、鼻の角質を押し出すのがNGな理由や対策方法、スキンケア方法などを紹介していきます。

綺麗な肌を手に入れたい方は、ぜひ最後まで記事を読んでしっかりと対策を行いましょう。

鼻に角質がないだけで見違えて見えますよ。

鼻の角質を押し出すのはNG?

鼻に詰まった角質を見ると汚い印象や老けて見えるといった悪い印象しか与えません。

早く改善したいからといって、鼻に詰まった角質を無理やり押し出すのはNGです。

というのも、鼻に詰まった角質を指やピンセットで無理やり押し出すと、

  • 毛穴が余計に広がる
  • 広がった毛穴に細菌が入り込んで肌荒れになる
  • 肌を傷つけてしまう

といったデメリットがあるからです。

また、指やピンセットは自分が思っている以上に細菌が付着しています。

細菌が付着した状態で鼻の角質を無理やり押し出し除去すると、細菌が毛穴や傷ついた毛穴から入り込み、肌荒れの原因もなります。

そのため、鼻の角質を無理やり押し出す行為はNGです。

鼻の角質が多い理由は?

角質の中でも気になるのが鼻ですね。鼻は皮脂を分泌する皮脂腺が集中しています。

皮脂腺が集中している鼻やおでこのいわやるTゾーンは、皮脂腺が集中しているため、頬や顎に比べて皮脂の量が多くなっています。

そのため、おでこや鼻と部位はテカリやすくなっています。

そもそも角質って何?

皮膚の構造イメージ

角質とは皮膚の一番外側を覆っているもので、皮膚は角質が重なった角質層でできています。

肌のターンオーバーによって一番外側の角質は垢となって剥がれ落ち、新しい角質が皮膚を覆います。

しかし、肌のターンオーバーが乱れていると角質が剥がれ落ちずに肌の表面に残ります。

その結果、肌の表面がザラザラしたり、うるおいが無くなり乾燥肌になったりします。

また、角質が毛穴に詰まると角栓となります。

鼻に詰まっている角質の正体は角栓

では、その角栓とは一体なんでしょうか?

角栓とは、70%のタンパク質と30%の皮脂でできています。

そして、そのタンパク質にあたるものが角質であり、角質で毛穴に蓋をすることで「角栓」となります。

鼻に黒い点々があり触るとザラザラしている方は角栓が皮膚の表面に浮き出ており、角栓が空気と触れて酸化することで、いちご鼻や黒ずみ毛穴となります。

 

角栓ができる原因は?

角栓を増やさないためには、角栓ができてしまう原因を知っておきましょう。

原因を知ることで、これ以上増やさないための対策を打つことができます。

角栓ができる原因は主に2つあります。

  1. ターンオーバーの乱れ
  2. 皮脂の過剰分泌

ターンオーバーの乱れ

角栓ができる一つ目の原因は、ターンオーバーの乱れがあります。

ターンオーバーとは、簡単に説明すると皮膚(角質層)の入れ替わりのことです。

皮膚は28日周期で古い角質から新しい角質へと生まれ変わり、古い角質は垢となり自然と剥がれ落ちていきます。

しかし、ターンオーバーが乱れていると古い角質は剥がれ落ちずに毛穴に詰まってしまい、皮脂と混ざりあうことで角栓となります。

そして、ターンオーバーの乱れは睡眠不足やストレス、食生活の乱れ、それから乾燥が原因となっています。

ターンオーバーを整えるには、生活習慣を正す必要があります。

皮脂の過剰分泌

皮脂の過剰分泌も角栓ができる原因の一つです。

皮脂が過剰に分泌される理由は、肌の乾燥にあります。

皮脂は本来、肌内部の水分の蒸発を防ぐ役割と外部からの刺激から皮膚を守る働きをします。

しかし、睡眠不足や過剰な洗顔、ストレスによるホルモンバランスの乱れ、偏った食生活といった理由により皮脂が過剰に分泌されます。

また、肌が乾燥していると水分を補うために皮脂が過剰に分泌されます。

過剰に分泌された皮脂は古い角質と混ざりあって毛穴につまり、結果として角栓となります。

皮脂の過剰な分泌を防ぐには生活習慣を整え、乾燥対策を行うことが重要になります。

鼻の角質を押し出すためにやってはいけないこと

鼻の角質を押し出して綺麗にするに、やってはいけないことを紹介していきます。

下記で紹介する内容を行ってしまうと、悪化を招く恐れがあるので注意しましょう。

  • 指や爪で押し出す
  • 剥がすタイプの毛穴パックの使用
  • ゴシゴシ洗顔する

指や爪で押し出す

両手で鼻を押さえる男性

指や爪で押し出す行為はNGです。

指や爪で押し出してしまうと、指に付着した細菌が毛穴に入り込み肌荒れの原因になります。

爪で押し出すと肌に傷ができてしまい、その傷から細菌が入り込んでしまいます。

また、指や爪で押し出しても角栓は24時間以内に再生してしまうため、あまり意味のない行為です。

むしろ、デメリットの方が大きいので、指や爪で押し出す行為は止めましょう。

剥がすタイプの毛穴パックの使用

剥がすタイプの毛穴パックの使用もおすすめできません。

というのも、毛穴パックは剥がすときの刺激が強いため、本来必要な角栓なども取り除いてしまいます。

そのため、毛穴パックを使用するのであれば、週に1回程度に済ませ、使用後は冷水での引き締めと化粧水や乳液で十分な水分の補給を行いましょう。

ゴシゴシ洗顔する

ゴシゴシ洗顔するのはNGです。

鼻の角栓や脂が気になるからといって、ゴシゴシ洗顔しても根本的な解決にはなりません。

むしろ、ゴシゴシ洗顔することで指や爪で皮膚を傷めてしまいます。

また、皮脂も本来は肌に必要なものです。

必要以上に洗い落としてしまうと肌は乾燥し、ターンオーバーの乱れによる肌荒れやニキビといった悪化を招きます。

そのため、ゴシゴシ洗顔するのは止めましょう。

鼻の角質を除去する正しいスキンケア方法

鼻の角質を除去するための方法を紹介していきます。

  • 蒸しタオルで毛穴を開く
  • クレンジングオイルで洗顔する
  • 洗顔料で洗顔する
  • 化粧水や乳液で保湿する

蒸しタオルで毛穴を開く

まずは、蒸しタオルで毛穴を開いてあげましょう。

毛穴が開いていない状態で洗顔をしても、鼻の角質を除去することはできません。

しかし、蒸しタオルで顔を温めることで毛穴に詰まった角栓や古い角質がやわらかくなり、クレンジングオイルで落としやすくなります。

とはいえ、蒸しタオルで毛穴を開くと肌が乾燥しやすくなり、肌への負担が大きいです。

そのため、蒸しタオルの使用は週に1~2回程度にしましょう。

クレンジングオイルで洗顔する

クレンジングオイルで優しく洗顔をしましょう。

クレンジングオイルを使うことで、角栓や古い角質がオイルとなじみ除去しやすくなります。

洗顔料で洗顔する

洗顔をする男性

皮膚の表面に浮き出た汚れを洗顔料で優しく洗い流しましょう。

ゴシゴシ洗顔してしまうと肌を傷つけてしまうため、泡立てネットを使ってモコモコの泡を作り、泡の力で洗い流すようにしましょう。

顔の汚れは洗顔料の泡の力で絡めとることができます。

化粧水や乳液で保湿する

最後に、化粧水や乳液でしっかりと保湿を行いましょう。

蒸しタオルで毛穴を開くと乾燥しやすくなり、乾燥した肌は皮脂が過剰に分泌します。

そのため、化粧水や乳液でしっかりと保湿を行い、水分を補給してあげることが非常に重要です。

しかし、どの化粧水を使えばいいか分からないという方も多いと思います。

そんな方は、オーガニック化粧水がおすすめです。

オーガニック化粧水は、有機栽培で育てられた植物を使って作られた化粧水のことです。

最近はオーガニック化粧水は自然由来で肌に優しいため低刺激で、敏感肌や肌が荒れやすい方に注目を浴びています。

肌が荒れやすくて困っている方は、オーガニック化粧水を使用してみてください。

>>低刺激にこだわったメンズ肌向けオーガニック化粧水はこちら

まとめ

鼻の角質を指や爪で押し出す行為はNGです。

というのも、指や爪で皮膚を傷つけてしまうからです。

また、無理やり押し出してもすぐに再生するため、あまり効果的ではなく根本的な解決にはなりません。

鼻の角質を除去するには、生活習慣の改善や正しいスキンケアを時間をかけて行うことで、徐々に綺麗になっていきます。

 

ペペペメン公式ラインでは肌の悩みだけでなく、ヘアケアの悩みなどのご相談を受け付けています。

「肌が綺麗な人に憧れる!スキンケアは何から始めたらいい?」「この洗顔方法で合ってるのかな」などなど

気軽に相談してみませんか??ラインはこちらから↓↓

ペペペメン公式ライン登録はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。