保湿クリーム

エモリエント効果が肌へ与える影響と成分【髪にも効果あり】

「モイスチャーって言葉は聞いたことはあるけど、化粧品に記載されているエモリエントってどういう意味だろう?」「肌にどんな効果を与えてくれるのだろう」といった疑問を抱いたことはないでしょうか。

商品に「エモリエント効果がある」と記載されていても実際にはどんなものか分からないですよね。

簡単に説明すると、皮膚を柔らかくしてモチモチでスベスベな肌を作ることです

この記事では、エモリエント効果やどんな影響を与えるのかを中心に紹介していきます。

健康的でモチモチな肌を作りたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

>>エモリエント成分配合のサスティナブルローションはこちらから

エモリエント効果とは

美容関連の商品によく見る、エモリエント。言葉自体はよく見かけるけど、意味が分からない方は多いのではないでしょうか。

エモリエントは、一体どんな意味があるのでしょうか。

エモリエント効果について

水が落ちて葉にあたってはじいている

エモリエント効果とは、皮膚からの水分の蒸発を防ぎ、うるおいを保って皮膚を柔らかくすることをいいます。

また、聞き馴染みのあるモイスチャーとも呼ばれることがあります。

美肌は、うるおいが保たれモチモチですべすべとしています。

これは、十分な水分と皮脂のバランスが保たれているからです。

しかし一方で、カサカサで硬い状態は、水分量が足りていないことが原因と考えられます。

そのため、モチモチでスベスベな状態にするには水分を保つことが必須になります。

エモリエントによる肌への影響

エモリエントを得ることによって、水分の蒸発を防ぎ健やかな肌を作ることができます。

というのも、水分の蒸発を防ぐには皮膚表面を皮脂膜で覆う必要があり、それを化粧品で補うことができるからです。

エモリエント効果を示すものをエモリエント成分と呼び、その成分は皮脂膜を構成してうるおいを保つ皮脂そのものになります。

水分は外的要因などで蒸発してしまいますが、健康的な皮膚は皮脂が皮膚表面を覆っているため蒸発を防いでいます。

そして、健康的な状態を維持するためには、化粧品などの外部から補う必要があります。

では、エモリエント作用を得るにはどういった成分が必要になるのでしょうか。

エモリエント作用のある代表的な成分

エモリエント成分が含まれている代表的な成分は、動物や植物の油脂が多く使われています。

  • 植物油

オリーブオイル、ホホバ油、アーモンド油、アルガンオイル、コメヌカ油、アボカド油、ローズヒップ油

  • 動物油

ミンク油、馬油、スクワラン

その他にも、ワセリンやセラミド、コレステロール、ジメチコンなどが挙げられます。

化粧品を選ぶときに、上記で挙げた成分を配合されているものを選ぶことで、肌表面に油分が行き渡り、水分の蒸発を防ぐことでツヤやうるおいのある柔らかい状態を作ることができます。

エモリエントクリームとは?

角層の水分を保ち、皮膚を柔らかく整えるためのクリームのことです。

保湿クリームやナイトクリーム、モイスチャークリームと呼ばれることもあります。

エモリエントを得られるのは、主に乳液とクリームになり乾燥しがちな季節である冬には必要不可欠になります。

入浴後に粉を吹いている、洗顔後に突っ張るといった症状が出る方は水分量が不足しカサツキが目立ちます。

それを防ぐには、乳液やクリームといった油分の多いスキンケアアイテムで保湿をする必要があります。

また、乾燥しづらい方でも時間とともに水分は失われていき、カサツキが目立つようになっていきます。

そして、よりエモリエント作用を得られるのは、クリームになります。

乳液は水分量が多いため、なじみやすく使いやすいといった特徴があります。

しかし、クリームの方が油分が多いため、より効果を得られます。

エモリエントとモイスチャーの違い

エモリエントと同じようによく聞く言葉として、モイスチャーという言葉があります。

保湿という意味に捉えられていますが、実際にはどんな意味でどんな作用が働くのでしょうか。

エモリエントと比較をしながら紹介していきます。

モイスチャーとは

モイスチャーとは保湿という意味で捉えられており、化粧品で使われるときは水分の蒸発を防ぐ作用があると言われています。

皮膚に保湿成分を塗布することで、肌内部に留めて逃がさないようにし、保湿をしつつ水分を補給することです。

つまり、洗顔後に化粧水を塗布する行為は、モイスチャーということになります。

肌に与える影響が違う

一見すると、エモリエントとモイスチャーでは同じように聞こえますが、肌に与える影響が違います。

モイスチャーは水分を与え、エモリエントはその水分の蒸発を防ぎ皮膚を柔らかくすることです。

化粧品で分かりやすく例えると、モイスチャーが化粧水でエモリエントが乳液になります。

スベスベでモチモチな状態を作るには、乳液までする必要があります。

化粧水で水分を塗布してもすぐに蒸発してしまい、あまり意味を成しません。

そこに乳液を上から塗布することで、化粧水で与えた水分を内部に留めることができ保湿を得られ、皮膚も柔らかくなっていきます。

乳液を行っていない方は、ぜひ使ってみてください。

即効性はないですが、使い続けることで徐々に柔らかい肌に仕上がっていきます。

エモリエントは頭皮にも効果がある

毛先を触っている人

エモリエント効果は、肌だけではなく頭皮や髪にも大きな効果をもたらします。

入浴後にヘアオイルやヘアクリームで髪質を保護する方は多くいますが、エモリエントによる頭皮ケアをされている方は少ないのではないでしょうか。

では、一体どんな影響を与えてくれるのでしょうか。

頭皮に与える影響

頭皮と皮膚は一枚の皮で繋がっているため、基本的には肌と同じような効果をもたらします。

頭皮を柔らかくすると血行が良くなり栄養が行き渡ることで、健康的な髪を育てる環境を作ることができます。

抜け毛や髪の毛が細い方は元々の体質も関係していますが、栄養がしっかりと届いていないといった原因も考えられます。

健康的な髪の毛は毛根からしっかりと生え、太くツヤのある髪の毛になります。

では、どういった成分が含まれているアイテムを選べばいいのでしょうか。

ホホバオイルは乾燥しがちな頭皮にうるおいを与える

潤いのある化粧品

ホホバオイルの主成分である「ワックスエステル」は人間の皮脂に近い成分と言われており、ビタミン、ミネラル、アミノ酸といった肌に良い成分が含まれています。

これらの成分は、肌や髪を整えるといった影響があります。

精製されたホホバオイルは不純物が取り除かれているため、刺激が少なく肌に合いやすいといった特徴があります。

髪に塗布すれば髪のパサつきを抑えてツヤを与え、頭皮を清潔に保ちます。

人の皮脂に近い成分であるため肌になじみやすく、毛穴に詰まった汚れを浮かせて毛穴詰まりを解決してくれます。

毛穴詰まりが解決できるとフケやかゆみの軽減につながり、栄養のあるしっかりとした髪の毛を育てることができます。

頭皮マッサージとして使う

ホホバオイルは、頭皮マッサージをすることで大きな効果を期待できます。

頭皮マッサージのやり方

  1. 髪の毛を乾いている状態にします
  2. ホホバオイルを3~5滴ほど垂らして良く伸ばします
  3. 指の腹で円を描くように頭皮全体をマッサージします

頭皮マッサージをすることで、健康が良くなり髪の毛に栄養が行き渡るようになります。

また、寝る前に髪の毛に塗布することで寝ている間に髪の毛を補修し、ツヤのある髪質にしてくれます。

まとめ

あまり馴染みのないエモリエントは、肌の水分の蒸発を防ぎ皮膚を柔らかくするといったことが分かりました。

また、エモリエントの高いとされるホホバオイルは頭皮の血行を良くし、健康的な髪の毛を育てくれるといった作用もあります。

スベスベでモチモチな肌を作ることで、清潔感が生まれ印象も良くなります。

 

ペペペメン公式ラインでは肌の悩みだけでなく、ヘアケアの悩みなどのご相談を受け付けています。

「この成分はどういう役割があるの?」「自分の肌に合った化粧水ってどういうのがある?」など

気軽に相談してみませんか??

ペペペメン公式ライン登録はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。