化粧品 認証

エコサート認証って何?認定商品を使う2つのメリットもご紹介!

ネットやスーパーなどで化粧品を見ているとエコサートマークが記載商品が販売されているのを見たことがありませんか。

エコサート認証マークエコサートマーク

マークは見たことあるけれど実際に何を意味しているのか分からないという人も多いでしょう。

中には見たことがない人もいるかもしれません。

エコサートとは国際的に有名なオーガニック認証機関です。

この記事ではエコサートがどういったものなのか、何がすごいのか?についてご紹介していきます。

併せて、エコサート社からオーガニック認定を受けた化粧品を使うメリットもご紹介しているので参考にしてください。

エコサートとは国際有機認証機関のこと

エコサートは1991年にフランスで設立された国際有機認証機関のことです。

本社はフランスにありますが、世界各国に20以上の支社があります。

エコサートの役割は加工食品、畜産物、化粧品などさまざまな商品に対してオーガニックかどうかを認定することです。

オーガニック製品は化学物質や農薬などを極力使わずに作られています。

化学物質は多少なりとも危険性があるので、オーガニック製品はケミカル品より安全性が高いと言えるでしょう。

しかしオーガニック製品の中には化学物質が含まれているものもあります。

少量の天然由来の成分を含めることで、その大半を化学物質にすることも可能です。

そんな事態を防いでいるのがエコサートなのです。

【注意】日本にはオーガニック化粧品のルールがない

エコサートは世界各国に20以上の支社があり厳格な基準の元、オーガニック認証を製品に与えております。

しかしながら、日本ではオーガニック化粧品の明確なルールが存在せず、ブランド側の判断でオーガニック化粧品かどうかが決まっています。

例えばエコサートの基準で製品開発しているところもあれば、自然由来の成分を少しだけ含めてオーガニックコスメとして販売するブランドもあるでしょう。

日本にはオーガニック化粧品販売の明確なルールがないので、オーガニックの純度が高いものと低いものが入り乱れているのが現状です。

そのため日本製のオーガニックコスメを購入する時は、例えば商品に以下の表記があるか見ておくと良いでしょう。

  • 天然由来の成分〇〇%以上
  • 認証機関が定めた成分を使用

これらの表記があると比較的オーガニックの純度は高いです。

個人的な主観ですが、天然由来成分配合率が高いほうが肌に優しいです。

そのうえで成分表示を見ておきましょう。

合成着色料やパラベンなどの化学物質が成分表示に書かれていないと安全性が高いです。

日本製のオーガニックコスメを購入する時には、ぜひ参考にしてください。

>>エコサート社が認めた、天然由来成分99%・着色料やパラベンなど他11種類の添加剤フリーで作られた、男性用オーガニックコスメブランド【AOLUAM】はこちら

国際有機認証機関はエコサート以外にも複数ある

フランスではエコサートという会社が国際有機認証機関とされていますが、実は世界各国にもあります。

そのため食材や衣類などのラベルを見ると国際有機認証機関のラベルを見かけることもあるでしょう。

例えば以下の国際的な認定機関は有名です。

  • Na True(ネイトゥル)
  • ACO
  • BDIH
  • USDA

ではこの4つの機関ではどういった基準があるのか簡単に紹介していきます。

Na True(ネイトゥル)

Na Trueはヨーロッパ各国にあるコスメメーカーが集まって設立した認証機関です。

消費者でも基準が分かりやすいように品質を星1~3で評価しています。

  • 星1…オーガニック認定成分の割合が70%未満
  • 星2…オーガニック認定成分70%以上95%未満
  • 星3…オーガニック認定成分の割合が95%以上

このように星の数を見ることでどれくらいの純度か分かりますので、選ぶ際に安心できるのではないでしょうか。

ACO

ACOはオーストラリアにある認定機関で、以下の基準があります。

  • 原料の95%以上がオーガニックな農作物
  • 残りの5%についても、農作物でない天然の原料

この2つの基準からACOのマークがある製品は純度100%ということです。

完全無添加にこだわりたい人にはACOのマークが付いた商品がおすすめです。

BDIH

BDIHはドイツで発足した医薬品・化粧品商工業企業連盟で、例えば以下の基準があります。

  • 植物原料…使用する植物は有機栽培又は野生採取
  • 動物実験…一切行っていない
  • 鉱物原料…塩類(硫酸マグネシウムなど)や鉱物(塩化ナトリウムなど)は使用可能
  • 禁止成分…合成着色料、合成香料などの他石油製品

BDIHは動物実験を行っていないのでエシカルとも言えます。

エシカルとは日本語で「倫理的な」という意味で、法律では禁止されていないけれど多くの人がダメだと思っている行動のことです。

動物実験以外にも再生可能な容器を使う、地域の資源を活用しているといった行動もエシカルと言えます。

そんなエシカルを取り入れたBDIHの商品は環境にも優しいです。

USDA

USDAはアメリカにある認定機関で、日本でいうところの農林水産省に当たります。

USDAが定める基準は以下の通りです。

  • 3年以上農薬・化学肥料を使っていない耕地で栽培された天然由来の原料を使うこと
  • 100%有機栽培で育てられた原料を使っている
  • 重量ベースで95%以上がオーガニック原料

このようにエコサート以外にも、さまざまな認証機関があります。

化粧品を購入する際には一度見てみてください。

エコサート認証された化粧品を使う2つのメリット

環境にやさしい

エコサート認証された化粧品を使うメリットはこちらです。

  • 肌に優しい
  • 環境に優しい

ではこの2つのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①肌に優しい

エコサート認証された化粧品はオーガニックの純度が高いです。

認定を受けたオーガニックコスメには極力化学物質が使われていません。

中には完全に使われていないものもあります。

そのため化学物質が原因で肌荒れを起こす確率が低いです。

特に男性の場合は定期的にヒゲ剃りをする人も多いでしょう。

ヒゲ剃りは肌を傷つけるので、その後に化粧水などでケアしないと肌荒れを起こしやすいです。

しかし肌が敏感だとエタノールがしみる方もいます。

そんな方はオーガニック化粧水を使えば肌荒れを起こすことなく、つるつるとした肌を手に入れられるでしょう。

メリット②環境に優しい

エコサート認証された化粧品は化学物質をほとんど使っていません。

化学物質は製造する過程で環境を汚染することが多いです。

しかも化粧品は消耗品なので、一度作れば終わりではなく、どんどん製造しなければいけません。

その度に環境を汚染していると考えると非常に環境に悪いと言えます。

しかしエコサート認証された化粧品に使われているのは天然由来の成分がほとんどです。

製造過程で環境を汚染することがほとんどありません。

つまり、エコサート認証された化粧品を使うだけでエコ活動になるということです。

エコ活動に興味がない方もいると思いますが、海面温度の上昇など環境問題をニュースで見かけることもよくあります。

地球に住む限り環境問題は他人ごとではないので、この機会に普段使う化粧品からエコ活動をしてみるのも良いでしょう。

>>エコサート社が認証した、エコでサスティナブルな化粧品ブランドはこちら

まとめ

化粧品

エコサート認証はその商品がオーガニック製品だと認定する国際的な機関のことです。

認証マークがあればその商品には豊富に天然由来の成分が豊富に含まれています。

海外製のオーガニック化粧品でエコサートの認定を受けていると、COSMEECOかCOSMEBIOのどちらかで表記されているでしょう。

オーガニックコスメには肌や環境に良いというメリットがあります。

通常の化粧品で肌荒れを起こす人やエコ活動を気軽に始めてみたい人は認証マークが付いた商品を購入するのも良いでしょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。