男女イメージ

男性と女性の肌には3つの違いがある!メンズのスキンケア方法を紹介!

「男性と女性では肌にどんな違いがあるのだろうか?」「女性のような綺麗な肌にしたい」

と、肌質に悩む男性は多くいるのではないでしょうか。

女性のような透き通るようなモチモチ肌は憧れます。白くて綺麗な肌は清潔感があり、印象も良いです。

しかし、男性が女性のような状態を目指そうと思っても難しいのが実情です。

その理由が、肌質に3つの違いあるからです。

この記事では、男性と女性の肌質の違いを3つ紹介します。

また、記事の最後には女性のような綺麗な肌を目指す方法も紹介しているので、ぜひ参考にして見てください。

男性と女性の肌の違いは?3つの違いがある

一見すると、男性の肌は「硬そうで油ぎってそう」といった印象を受け、女性は「綺麗でモチモチとしたやわらかさがありそう」といったイメージがあります。

具体的には、どのような違いがあるのでしょうか。

  1. 皮膚の厚みが違う
  2. 皮脂の分泌量が違う
  3. 水分量が違う

上記の3つの違いがあるので、それぞれについて紹介していきます。

皮膚の厚みが違う

ストレッチする女性

皮膚の厚みに違いがあり、一般的に男性の方が0.5mm厚いと言われています。

皮膚は厚ければ厚いほどキメが粗くなり硬いといった特徴があります。

また、毛穴が目立ちザラザラとした質感があり荒れやすくなっている状態でもあります。

皮膚の厚みによって肌表面のきめ細かさが変わってくるため、男性の方が汚く見えてしまいます。

男性は毛穴が目立ちやすくゴツゴツした印象があり、女性はもっちりとしたやわらかなイメージがあります。

しかし、皮膚が厚いことで紫外線による影響を受けづらく、シミやそばかすが女性に比べて出来にくいといったメリットもあります。

とはいえ、日焼け止めを塗って紫外線対策をしないともちろんダメージは受け、徐々に肌質は劣化していきシワやたるみといった症状が見て取れます。

皮脂の分泌量が違う

汗をかく女性

男性の皮脂の分泌量は女性の約2~3倍と言われています。

というのも、男性は思春期になると男性ホルモンの影響を受けて皮脂を分泌する皮脂腺が増大し発達していきます。

そのため、皮脂腺が多いTゾーンの部分を中心にテカリやニキビが増えていきます。

皮脂の分泌量が多くテカっていると不潔な印象を与えてしまい、またベタベタします。

それだけではなく、皮脂が過剰に分泌されることで毛穴に入り込んで角栓となり、角栓が空気に触れて酸化することで黒ずみ毛穴やニキビ、吹き出物の原因にもなります。

しかし、皮脂には肌内部の水分の蒸発を防ぎうるおいを保つ効果や乾燥や紫外線から守るといった機能があります。

過剰に分泌されれば不潔な印象を与えてしまいますが、皮膚を守るためには必須なため過剰な分泌を防ぐことが重要になってきます。

水分量が違う

水を飲む男性

男性の水分量は女性の50%以下。

元々の水分量が低いため、乾燥しやすくシワやたるみができやすいといった特徴があります。

また、水分量が減ることで水分を補うために皮脂を多く分泌するようになっています。

男性は皮脂の分泌が多いため、テカリを防ぐために過剰な洗顔や油とり紙で皮脂をテカリを防ごうとすると、余計に皮脂が分泌されて悪循環になります。

脂性肌の方が皮脂の分泌を抑えようとガシガシ洗顔しても改善されないのは、過剰な洗顔が理由です。

皮脂の分泌を抑えうるおいのある状態をキープするには、適切な洗顔とその後のスキンケアで水分を補給することが重要になってきます。

肌質の違いによる男性の肌トラブル

男性は化粧をしない分、綺麗になりたいと思う気持ちが低い傾向にあります。

メンズ雑誌と女性用の雑誌を見比べてみると、スキンケア特集の情報の差は歴然です。

その他にも、男性には外的な要因によって肌荒れが起き、余計に汚く見えてしまいます。

その外的な要因が、

  • 髭剃りによる乾燥と肌荒れ
  • 紫外線によるシワやたるみ

といった2つの理由が挙げられます。

ひげそりによる乾燥と肌荒れ

髭を剃ることで乾燥や肌荒れといったトラブルが起こります。

ほとんどの男性が行う髭剃り。特に社会人であれば身だしなみを整えるために必須の工程になりますね。

しかし、髭を剃ることで皮膚の表面を構成している角質層を傷つけてしまいます。

角質層は、肌内部の水分を維持したり細菌の侵入を防ぐ役割があります。

しかし、電動シェーバーやT字かみそりなどで髭を剃ることで角質層まで剥がしてしまいます。

その結果、乾燥してカサカサになったり傷ついた皮膚表面から細菌が入り込みニキビといったトラブルが起きます。

それを防ぐには、肌質に合ったシェーバーを使う、脱毛をする、正しい使い方を学ぶ、それから髭剃り後に高保湿の化粧水や乳液を使用して乾燥対策を行う必要があります。

紫外線によるシワやたるみ

紫外線対策を怠ると、シワやたるみ、乾燥といった影響があります。

男性は女性に比べて紫外線対策を行っている方が、少ないといったデータがあります。

実際に、メンズスキンケアブランドのバルクオムが日焼けに関するインターネット調査を300名を対象に行ったところ、約70%が「紫外線対策を行っていない」といった結果になりました。

日焼けに関するインターネット調査の円グラフ

参考URL:https://prtimes.jp/i/29463/9/resize/d29463-9-697978-4.jpg

日焼けをすると、肌本来が持っているバリア機能が低下します。

バリア機能が低下すると、乾燥しやすくなりハリやうるおいを失い、シワやたるみといった老けて見える原因にもなります。

女性のような綺麗でうるおいのあるモチモチ肌を作るには、日々の紫外線対策や日焼けをした後の保湿対策が必要になります。

男性と女性ではスキンケア方法が異なる?

以上のことから、男性と女性ではスキンケア方法が異なると思ってしまいます。

しかし、結論から言うとそれは「人による」になります。

というのも、人によって肌質が大きく異なるからです。

スキンケア方法は人によって異なる

スキンケア方法は、人によって異なります。

なぜなら、乾燥肌、混合肌、脂性肌、普通肌の4種類に分けられるからです。

例えば、乾燥している部分とテカっている部分がミックスしている混合肌の方が、テカリが気になるからといってゴシゴシ洗顔すると余計に皮脂が分泌され悪化します。

そのため、肌を綺麗にするためには自分に合ったスキンケア方法を行うべきです。

男性用のスキンケア商品の特徴

男性用のスキンケア商品は、「さっぱりとした洗い心地」といったニーズに応えるために洗浄力の強い洗顔料が多くラインナップしている特徴があります。

確かに洗浄力の強い洗顔料は、汚れをしっかりと洗い落とすことができます。

しかし、必要な皮脂まで取り除いてしまうリスクがあり、乾燥肌や混合肌の方が使用すると皮脂が過剰に分泌されるようになります。

また、化粧水や乳液もサッパリタイプが多いです。

自分の肌質にあった商品を選ばないと改善されず、悪化する可能性もあります。

女性用のスキンケア商品の特徴

一方で、女性用のスキンケアアイテムは、美容に特化したものが多く美白成分が豊富に含まれ、低刺激な商品が多いといった特徴があります。

また、種類も多く自分の肌質にあったスキンケア商品を見つけやすいといったメリットもあります。

そのため、男性用化粧品で自分に合ったものが見つからない場合は、女性用の低刺激なアイテムを使ってみることをおすすめします。

綺麗な肌を手に入れるには自分に合ったものを使うべき

男性と女性では肌質が異なり、ラインナップしているスキンケアアイテムも異なります。

男性だからといって、必ずしもメンズ用のスキンケアアイテムを使用するべきではないということになります。

メンズ用のは、刺激の強い界面活性剤が使われていたり清涼感を出すためにアルコールなどが多く使われています。

一方で、女性のは低刺激て高保湿なアイテムが多くあります。

そのため、自分の肌質をチェックし自分に合ったスキンケアアイテムを使う必要があります。

 

男性が女性のようなもっちり肌にするには?

女性の肌は綺麗でモチモチしていて憧れますよね。

男性が女性のような美肌を手に入れるには、どうすればいいのでしょうか。

美肌を手に入れるためにするべきこと

  • 生活習慣を整える
  • 正しいスキンケアをする
  • 正しい髭剃りを行う
  • 紫外線対策をする

以上の4つになります。

生活習慣を整える

綺麗な肌を手に入れるためには、生活習慣を整える必要があります。

特に夜時間は最低でも6時間を確保するようにし、12時までには寝るようにしましょう。

人間は寝ている間に成長ホルモンが分泌され、肌や体の細胞が修復し再生します。

そして、この成長ホルモンは22時~2時の間によく分泌され、特に眠りについてからの始めの3時間の間に活発化します。

また、毎日同じ時間に寝て起きる習慣を身に付けることで肌のターンオーバーが正常に活動します。

ターンオーバーが正常に活動すると、古い角質が垢となって剥がれ落ち、新しい皮膚が表面に来ることで滑らかでキメのある肌になります。

美肌を目指すには、まずは生活習慣を整える必要があります。

正しいスキンケアをする

正しいスキンケアを行うことで、清潔な肌を手に入れることができます。

  1. 35℃~38℃のぬるま湯で洗顔する
  2. 洗顔料は泡立てネットでモコモコの泡を作り、泡の力で洗顔する
  3. 顔を拭くときは、清潔なタオルでポンポンと軽く叩くように水分を拭き取る
  4. 化粧水や乳液で水分を補給する

ついついゴシゴシ洗いたくなってしまいますが、手の摩擦で刺激を与えてしまうと逆効果になります。

そのため、洗顔するときは泡の力だけで皮脂や汚れを落とすようにしましょう。

また、洗顔をした後は水分が失われている状態であるため、化粧水で水分を補給する必要があります。

乳液は化粧水で補給した水分が蒸発しないために蓋をして留める役割があります。

そのため、乳液で蓋をすることも重要になります。

正しい髭剃りを行う

シェービングをするときにカミソリを皮膚に強く当てると傷が出来てしまいます。

正しい髭剃りの方法

  1. ぬるま湯もしくはホットタオルで髭を柔らかくする
  2. シェービングフォームを塗り滑りをよくする
  3. やさしくシェービングする
  4. 刃を頻繁にすすぎ清潔な状態を保つ
  5. 剃った後は化粧水や乳液で保湿をする

特に重要なのが、剃った後のアフターケア。

剃った後は皮膚の表面も剥がれ落ちているため、ニキビや乾燥が起きやすい状態になっています。

そのため、高保湿化粧水や乳液でしっかりと保湿をしてあげましょう。

 

紫外線対策をする

疎かにしがちなのが、紫外線対策です。

女性に比べて日常的に日焼け止めを塗っている方は少ないのではないでしょうか。

紫外線対策を怠ると、シワやたるみ、乾燥状態になり肌質が劣化します。

そのため、日光を直接浴びるようなときは日焼け止めを塗って紫外線から皮膚を守るようにしましょう。

まとめ 

男性と女性には3つの違いがありました。

  • 皮膚の厚み
  • 皮脂の分泌量
  • 水分量

男性の方が皮脂の分泌量が多く、水分量も少ない。

そのため、テカリが目立ちまたカサカサししている状態になります。

女性のような肌を目指すには、

  • 生活習慣を整える
  • 正しいスキンケアをする
  • 正しい髭剃りを行う
  • 紫外線対策をする

の4つの対策をする必要があります。

清潔な肌は相手からも好印象を持たれモテる要素の一つでもあります。

ついつい怠りがちなスキンケアに力を入れるだけで、美肌に一歩近づきます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。