髪の毛をドライヤーで乾かしている男性の写真

ドライヤーのしすぎは〝フケと薄毛〟の原因に!?フケの防止法を紹介

髪の毛を洗った後、ドライヤーで乾かすとでてくる「フケ」。

中には、「フケを防ぐ方法が分からない」と悩む人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ドライヤーの正しい使い方と、フケの防止法について詳しく解説しているので是非参考にしてください。

《この記事はこんな方にオススメ》
➩ドライヤー後の「フケ」を改善をしたい方
➩フケが酷くなると「薄毛」になるのか心配な方
➩フケの原因である「乾燥肌」を改善したい方

なぜドライヤーをしすぎるとフケがでるのか

フケ

ドライヤーをしすぎると、頭皮の潤いが失われて、カサカサに乾燥してしまいます。すると、パラパラとした細かくて白いフケがでてくるのです。これを『乾性フケ』といいます。

乾性フケを放置すると、フケが頭皮の毛穴に詰まったり、炎症が起きたりしてしまいます。そして、抜け毛が増えて、薄毛の症状が進行してしまうので注意が必要です。

そこで、本記事ではフケを予防するために、
・フケを防ぐ!ドライヤーの正しい使い方
・フケの悩みを根本から解決!乾燥肌になる3つの原因
・フケ対策!簡単チェックリスト
の順番に解説していきます。

10分くらいで読める内容なので、フケを改善するためにも、まずはご一読ください!

フケを防ぐ!ドライヤーの正しい使い方

ここでは、フケを防ぐために、ドライヤーの正しい使い方をご紹介します。

当てる距離:髪とドライヤーとの距離を20cm程度離す

一般的なドライヤーで、吹き出し口からでる温風の温度は、『100度以上』と言われています。つまり、100度の熱風を頭皮や髪に長時間あてると、やけどをしたような状態になってしまいます。

フケを防ぐには、頭から20センチ程度離して乾燥させるのが理想的です。ちなみに、20センチ離した吹き出し口付近の温度は、約70度です。

ドライヤーの温度が高いと感じる場合は、低温モードに切り替えられるドライヤーもあるので、活用してみると良いでしょう。

\ドライヤーを左右に振りながら乾かす/
ドライヤーを左右に振りながら、一点に集中させないことも使い方の基本です。
乾かす場所を頻繁にずらしながら、まんべんなく全体を乾かしましょう。

乾かす順番:根元から乾かす

根元は、乾きにくく、雑菌が繁殖しやすい場所です。臭いの元になるので、初めに乾かしましょう。

髪を乾かすときにはキューティクルの向きに合わせて、上→下に向かって乾かします。完全に乾かすのではなく、全体を『80%』ほどまで乾かすと良いでしょう。

根元が乾く頃には、毛先の方もほとんど乾いてくるので、ドライヤーの使う時間を短縮できます。

仕上げ作業:最後に冷風を当ててキューティクルを引き締める

最後に冷風に切り替えて、髪を冷やしていきます。冷風をあてることで、乾燥を防ぎ、スタイルをキープできます。

部分的にクセ毛やうねり毛の場合は、その都度、温風・冷風と使い分けながら仕上げていきましょう。

乾燥肌の人も乾性フケになりやすい!?

乾燥肌の人は、免疫力が低下しているため、頭皮も乾燥しやすい状態です。そのため、荒れやすく、フケができやすくなってしまいます。

頭皮の乾燥は、主に生活習慣によって引き起こされることがほとんどです。もし、ドライヤーの使い方を変えてみてもなかなかフケが治らない場合は、生活習慣を見直してみましょう。

フケの悩みを根本から解決!乾燥肌になる3つの原因

ストレス

ここでは、フケを根本から解決するために、乾燥肌になる原因を3つご紹介します。

乾燥肌の原因①:不規則な睡眠習慣は免疫力が低下する

睡眠時間が不規則であったり、短かったりすると、睡眠不足になります。そして、頭皮や髪の毛に受けたダメージが十分に回復できず、フケや薄毛の原因となる場合があります。

ダメージを受けたままの髪や頭皮の状態では、フケがでやすくなってしまうので、下記を参考にして睡眠習慣を見直していきましょう。

❏睡眠習慣の改善
・睡眠時間は、最低でも6時間は確保する。
・なるべく、肌のゴールデンタイムと言われる午後10時から午前2時に眠る。
・寝る1~2時間前に、入浴で体温を上げておく。

乾燥肌の原因②:偏った食生活は血行を悪くしてしまう

脂っこいものや甘いものを食べ過ぎると、血液はどんどん「ドロドロ」になり、血行が悪くなってしまいます。すると、栄養が行き届かなくなり、フケが悪化してしまうのです。

フケが悪化してしまわないよう、食事はバランス良く食べることを意識しましょう。髪の毛は『ケラチン』というタンパク質からできているため、タンパク質が多い食品(肉、魚、卵、牛乳、大豆類、海藻類など)を意識して食べると良いでしょう。

\飲酒とタバコはNG/
飲酒によって摂り込まれたアルコールが原因で、ケラチンの元になる成分が不足してしまいます。
そうすると髪が育ちにくくなってしまうので、過度の飲酒は控えましょう。
タバコは、頭皮の血管を収縮させ血行の流れを悪くしてしまいます。
薄毛や抜け毛は、血行不良によって引き起こされるので注意しましょう。

乾燥肌の原因③:ストレスで頭皮が固くなってしまう

ストレスを受けると、自律神経のバランスが乱れてしまいます。すると、頭皮の血行が悪くなり、髪に必要な栄養分が行き届かず、次第に頭皮が硬くなってフケがでやすくなってしまいます。

ストレス解消方法として、『3つのR』をご紹介します。

❏3つのR
・レスト(Rest)・・・休息や休養、睡眠のこと。
・レクリエーション(Recreation)・・・脳や身体を活性化させる、趣味や娯楽、気晴らしのこと。
・リラックス(Relax)・・・癒しやくつろぎの時間を持つこと。

フケ対策!簡単チェックリスト

フケの対策用として、NGの習慣をチェックリストまとめました。一つずつチェックしてみましょう。

❏ヘアケアに関するチェックリスト
・何度もシャンプーをしていない?
・髪を洗うとき爪を立ててゴシゴシと洗っていない?
・洗浄力が強いシャンプーを使っていない?
・頭皮に合わない成分を含んだシャンプーを使っていない?
・40度以上の温度で洗っていない?
・シャンプーの洗い残しはない?
・タオルドライをしないでドライヤーをかけていない?
・乾かす前に髪はもつれていない?
・ドライヤーを近く当てすぎていない?
・髪を乾かしすぎていない?

❏生活習慣に関するチェックリスト
・不規則な睡眠で寝不足になっていない?
・食事は、脂っこいものや甘いものを食べ過ぎていない?
・タバコ1箱が1日で無くなってしまうぐらい吸っていない?
・お酒を毎日飲んでいない?
・ストレスや疲労は溜まっていない?
・肩凝りになりやすかったり、冷え性ではない?
・紫外線対策をしている?
・フケを爪で剥がしてはいない?
・冷暖房に長時間当たっていない?
・髪が濡れたまま寝ていない?

人によって、フケがでる原因はさまざまです。チェックリストの内容の中に、心当たりがあれば、できることから一つずつ解決していきましょう。

この記事のまとめ

ドライヤー

《記事のまとめ》
✓ドライヤーをかける時は、20cm程度離し、左右に振りながらかける。また、根元から乾かす。
✓フケの悩みを根本的に解決するためには、生活習慣を見直し、ストレスを溜めないようにする。
✓日常生活の中で、フケがでやすくなる原因が潜んでいないか確認する。

髪は肌と同じです。乾燥すると、ダメージを受けやすくなってしまいます。フケを防ぐためにも、正しいドライヤーの使い方をしっかり理解しておきましょう。

この記事が、一人でも多くの方の悩み解決に役立ちますように。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。