いちご

いちご肌の原因は生活習慣の乱れ?改善方法やNG行為を紹介

鼻の頭や頬に黒い点々ができてしまういちご肌。まるでいちごのように見えてしまうことから、いちご鼻とも呼ばれています。

いちご肌が目立つと汚く見えてしまい、非常に気になってしまいますよね。

早く改善したいと思い、洗顔をするときに指で押し出して除去している方も多いのではないでしょうか。

しかし、その方法ではいちご肌を改善できないどころかむしろ悪化させてしまいます。

では、どうやったらいちご肌は改善できるのでしょうか。

この記事では、

  • いちご肌の原因
  • いちご肌対策でやってはいけないNG行為
  • いちご肌の改善方法
  • スキンケアでいちご肌を改善する方法

などを紹介していきます。

 

この記事を読むことで、いちご肌が改善されるどころか、綺麗な肌を手に入れることができます。

いちご肌の原因は?

鼻の頭や頬の上の方にできてしまう黒い点々。気が付いたころには黒ずんでしまい、肌が汚く見えてしまいます。

また、毛穴には2つの種類があります。

  1. 角栓が詰まっているタイプ指で触るとザラザラしていて、白色もしくは黒ずんでいる。これは、毛穴に角栓が詰まっている状態です。
  2. メラニンの付着タイプ:指で触ってもザラザラしていないけど、毛穴にメラニンが付着しているためシミのようになっている状態です。

では、なぜいちご肌になってしまうのでしょうか。

いちご肌になってしまう原因や過程を紹介していきます。

皮脂や角質の詰まりが原因

角栓が詰まっているタイプのいちご肌は、皮脂や古い角質、汚れが毛穴の中で固まってできたもので、これを「角栓」と言います。

角栓は最初は白色や透明ですが角栓が毛穴に詰まり、肌の表面に浮き出てきます。

肌の表面に浮き出た角栓が毛穴を広げていくことで、毛穴が目立つようになります。

また、肌の表面に浮き出た角栓は空気と触れ合うことで酸化し、色が黒くなっていきいちご肌が出来上がります。

過剰な皮脂の分泌が原因

角栓は、皮脂の過剰な分泌が原因です。

皮脂とは、肌を脂でコーティングし外部からの刺激や肌内部の水の蒸発を防ぐために存在しています。

しかし、肌が乾燥していると乾燥を防ぐために必要以上に皮脂が分泌されてしまいます。

そのため、肌は乾燥しているのに鼻やおでこにテカリが見て取れる方は、肌が乾燥している状態にあります。

皮脂が過剰に分泌されるとその皮脂が毛穴に詰まり、角質と混ざりあうことで角栓となり、毛穴が徐々に大きくなって目立って行きます。

古い角質はターンオーバーの乱れ

いちご鼻ができあがる原因の一つとして、古い角質が毛穴に詰まってしまうというのがあります。

この古い角質は、肌のターンオーバーが整っていれば除去されますが、ターンオーバーが乱れていると除去されずにそのまま肌表面に残ってしまいます。

というのも、人間の肌は28日周期で肌が新しく生まれ変わります。

これをターンオーバーといい、古い角質は剥がれ落ちて自動的に除去されます。

しかし、ターンオーバーが乱れていると古い角質は除去されずに毛穴の中に入り込んでしまいます。

そして、毛穴の中の皮脂と混ざりあうことで固まり、角栓が出来上がり、毛穴が広がっていきます。

メラニンの付着が原因

紫外線イメージ

メラニンの付着が原因で、いちご肌になるケースもあります。

メラニンとは、肌や毛髪、瞳の色を構成する黒色の色素のことで、紫外線を浴びることで生成され、皮膚の細胞を守る働きをしてくれます。

しかし、紫外線対策を怠ってしまうと、メラニンは過剰に分泌され肌表面に押し出されてしまいます。

そして、肌表面に押し出されたメラニンが表皮に付着しシミとなります。

鼻の辺りに集中してシミが出来ると、いちご肌のようになってしまいます。

いちご肌対策でやってはいけないNG行為

いちご肌を改善したいときに、以下で紹介するNG行為をすると治りが遅くなったり悪化したりします。

  • 洗顔のしすぎ
  • 毛穴パックで除去する
  • 指で押し出す

洗顔のしすぎ

洗顔のし過ぎは逆効果になります。

というのも、洗顔をしすぎると肌に必要な皮脂まで洗い落としてしまいます。

必要な皮脂がなくなると、乾燥を防ぐために皮脂が過剰に分泌されるようになります。

皮脂が過剰に分泌されると、前述の通り皮脂が毛穴に詰まり角栓となりいちご肌になってしまいます。

また、皮脂が過剰に分泌されると鼻やおでこがテカリ、余計に肌のコンディションは悪くなります。

また、皮脂や角質を洗い落とすためにゴシゴシ洗うのもNGです。

ゴシゴシ洗うと肌が摩擦により傷ついてしまいます。

傷ついた肌から細菌が入り込み、ニキビや肌荒れの原因にもなってしまいます。

そのため、肌を洗うときは洗顔料の泡で優しく洗い落とすようにしましょう。

毛穴パックで除去する

鼻パックをする男性

はがすタイプの毛穴パックを使うときは、注意する必要があります。

というのも、貼ってはがすタイプの毛穴パックは、はがす際に必要な角質まで除去してしまいます。

また、その際に皮膚を傷つけてしまう可能性もあります。

指で押し出す

指で角栓を押し出す行為はNGです。

指で無理やり押し出そうとすると指や爪などで皮膚を傷つけてしまいます。

傷ついた肌からは細菌が入り込み炎症やニキビといった肌荒れを起こす可能性があります。

また、指で押し出しても毛穴は開いた状態になっているためすぐに皮脂が詰まり、新しい角栓ができてしまうため、効果はありません。

そのため、気になるからといって指で無理やり角栓を押し出す行為はやめましょう。

いちご肌の改善方法

いちご肌の改善方法を紹介していきます。

  • 十分な睡眠を取る
  • バランスのよい食事を摂る
  • 紫外線対策をする

十分な睡眠を取る

睡眠を十分に摂ることは重要です。

理由は、睡眠中に肌の細胞が新しく生成されるからで、睡眠から3時間後に細胞が最も活発に生成されます。

睡眠不足の状態だとターンオーバーが乱れ、古い角質が除去されなくなります。

そのため、美肌作りのためにもしっかりと睡眠時間を確保しましょう。

バランスのよい食事を摂る

バランスのよい食事を摂ることは、美肌作りはもちろんのこと健康にも影響します。

脂っこい食べ物やお菓子類は脂肪分や糖分が多いため、皮脂が過剰に分泌されやすくなり、いちご肌に悪影響です。

そのため、タンパク質やビタミンを多く含まれたバランスのよい食事を心掛けましょう。

紫外線対策をする

紫外線はメラニンの生成を活発化させ、シミの原因にもなります。

メラニンの付着によっていちご肌状態になっている方は、紫外線による影響によるもです。

そのため、紫外線対策をしっかり行い、これ以上悪化させないことが重要です。

スキンケアでいちご肌を改善する

スキンケアでいちご肌を改善することも出来ます。

  • クレンジング
  • 洗浄料の弱い洗顔料で洗顔
  • 化粧水でうるおいを与える

いちご肌には、クレンジングで洗顔が効果的

いちご肌には、クレンジング料での洗顔が効果的です。

クレンジングはメイクや化粧による脂汚れを落とし、毛穴に詰まった角栓や汚れを洗い流してくれます。

そのため、洗浄力が強いものほど肌への刺激が強くなります。

刺激が強いクレンジング料は肌を傷つけてしまうため、合成界面活性剤が少ないもを選びましょう。

洗浄料の弱い洗顔料で洗顔

洗顔をしている男性

洗浄力の弱い洗顔料で洗顔することは、いちご肌に効果的です。

洗浄力が弱い分、余計な皮脂を取り除かなくなるため、洗顔後の乾燥を防ぎ、皮脂過剰分泌による角栓の詰まりを抑えてくれます。

洗浄力が弱い洗顔料を見分けるポイントは、

  • ココイルグルタミン酸
  • ココイルグルタミン酸2Na
  • デシルグルコシド

目安として成分表にこの記載があるものを選ぶようにしましょう。

これらは、マイルドな泡立ちで洗浄力も弱く、実験結果においても皮膚刺激性がほとんどない成分として取り上げられております。

つまり、角栓対策にもなりつつ、肌にも優しい成分です。

洗浄力が弱いとはいえ、洗顔回数は1日2回までにとどめておきましょう。

化粧水でうるおいを与える

洗顔後は、化粧水でしっかりとうるおいを与えてあげましょう。

いちご肌は、乾燥による皮脂の過剰分泌も原因の一つです。

乾燥肌だけどおでこや鼻が脂ぎっている方は、水分量が足りていないため皮脂が過剰に分泌されている状態です。

そのため、化粧水や乳液で肌にうるおいを与え、皮脂の過剰分泌を防ぐことが重要です。

化粧水の選び方が分からない方や過去に市販の化粧水で肌荒れを起こしてしまった方は、オーガニック化粧水がおすすめです。

オーガニック化粧水は、有機栽培によって育てられた自然由来の成分を多く使っている化粧水のことです。

赤ちゃんの肌にも使用できるほど低刺激なため、過去に肌が荒れてしまったなんて方には、オーガニック化粧水がおすすめです。

>>赤ちゃんの肌にも使える、天然由来99%のオーガニック化粧水はこちらから

まとめ

いちご肌は、角栓が詰まっていて触るとザラザラするタイプと、メラニンの付着によってシミのようになっているタイプの2つのタイプがあることが分かりました。

また、原因は皮脂や角質の詰まりや過剰な皮脂の分泌、ターンオーバーの乱れが原因です。

改善するには、十分な睡眠、バランスの良い食事、紫外線対策、クレンジング料の使用、酵素洗顔などが挙げられます。

しっかりと対策を行い、美肌を手に入れましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。