男性は導入化粧水を使うべきか?導入化粧水の役割と使い方をご紹介!

肌に整えるプレ化粧水である「導入化粧水」

美肌を目指す男性の中で、「男性は導入化粧水を使うべきなのか」と気になる方もいるのではないでしょうか?

先に申しますと、導入化粧水は肌質によって必要かどうかが決まってきます。

なので、不要という方もいるでしょう。

そこで今回は、導入化粧水の必要性と導入化粧水の使い方を紹介をしているので、是非参考にしてください。

男性は導入化粧水を使うべきか?

男性の肌の悩みにもっとも多いのが、「髭剃りによる傷み」と「インナードライ(ベタつくのにカサつく肌)」です。

髭剃りの後には、「アフターシェーブローション」を使ってケアをしたり、インナードライ対策には、「化粧水」と「乳液」を使って肌を整えたりすると思います。

しかし、中には化粧水があまり肌に馴染まず、保湿された感じや効果を感じないという方も多いようです。

本記事では、その悩みを解決する手助けとなる「導入化粧水」について詳しく説明しているので、男の綺麗な肌を維持するためにも、まずは導入化粧水の必要性をしっかり理解しておきましょう。

導入化粧水について

ここでは、「導入化粧水」について説明していきます

・導入化粧水の役割
・導入化粧水の使い方
・導入化粧水の選び方

一つずつ見ていきましょう。

導入化粧水の役割

導入化粧水は、「プレ化粧水」「拭き取り美容液」「ブースター」とも呼ばれます。

導入化粧水の役割は、次の3つです。

■役割
・化粧水の「浸透」を良くすることができる。
・ふき取り化粧水として「角質ケア」を行うことができる。
・導入美容液であれば「保湿」にもなる。

しかし、なぜ浸透しやすくなるのか?

それは、水と混じりにくい油分を取り除くことで、水分が肌の角質層まで浸透しやすくなるからです。

ちなみに、導入化粧水とふきとり化粧水は似ていますが「目的」が違います。

導入化粧水とふきとり化粧水の目的の違いは次のようになります。

■目的の違い
〈導入化粧水の目的〉
肌の角質を柔らかくし、次に使う化粧水を「浸透」しやすくすること。
〈ふきとり化粧水の目的〉
古い角質」を取り除き、肌の代謝を高めること。

導入化粧水は、乾燥やごわつきが気になる時に使うことで、しっとりした肌にすることができます。

導入化粧水の使い方

導入化粧水を使う時は、次のように行います。

■導入化粧水の使い方
①洗顔後、清潔な肌状態にしておく。
②適量の導入化粧水を手にのせ、顔全体になじませる。
③最後に、化粧水と乳液をつけていく

使用する時は、手のひらで軽く温めてから、包み込むように浸透させましょう。

こするように付けるのではなく、肌になじんでいくように優しく包み込みこむように付けることがポイントです。

ちなみに、導入液をつけた後に放置してしまうと、「乾燥」につながるので注意しましょう。

使用後は、化粧水と乳液でしっかりと保湿し、「フタ」をすることが大切です。

導入化粧水の選び方

導入化粧水を選ぶ時は、肌質に合ったものを選ぶことが大切です。

肌質に合った導入液のタイプを紹介します。

■選び方
乾燥肌の人は「オイルタイプ」(しっとりした肌を長時間キープ)
敏感肌の人は「ジェルタイプ」「アルコールフリータイプ」(しっとりとした付け心地で低刺激)
脂性肌の人は「拭き取りタイプ」(余分な皮脂を取り除く)

季節や肌の状態によって、効果の感じ方が変わる場合もあるので、購入前に「試供品」や「テスター」で試してみることをおすすめします。

メンズ用のおすすめ導入化粧水3選

ここでは、「メンズ用のおすすめ導入化粧水を3つご紹介します。

・無印良品 導入化粧液
・リソウコーポレーション リペアジェル
・クリニーク クラリファイング ローション 2

一つずつ見ていきましょう。

無印良品 導入化粧液(2019年間読者ベストコスメブースターランキング3位)

無印良品 導入化粧液

「無印良品 導入化粧液」は、岩手県釜石の天然水を使用したスキンケアシリーズです。

無香料・無鉱物油・無着色・弱酸性・パラベンフリー・アルコールフリー」なので、敏感肌の方でも安心して使用できる化粧水です。

【評判】
・ワンツースリー プッシュで しっとり!
・肌に吸込みがわかるくらい入る!
・大容量で長持ちする!

Amazonで詳しく見る

リソウコーポレーション リペアジェル(医学誌に掲載された水を1滴も使わない美容液)

リソウコーポレーション リペアジェル

「リソウコーポレーション リペアジェル」は、エイジングケアとオールインワンジェルとしても使える美容液です。

独自のうるおい成分「ビタミンC生命体」と「コメ発酵生命体」を配合しているので、高い保湿力で肌を整えてくれます。

【評判】
・シワの効果の方が断然分かりやすかった!
・1本でもしっかり保湿力があり、肌の調子が良くなった!
・ポンプ式で衛生的!

Amazonで詳しく見る

クリニーク クラリファイング ローション 2(2019年@cosmeベストコスメアワード1位)

Clarifying Lotion 2

「クリニーク クラリファイングローション 2」は、オイリー肌向け拭き取りタイプの角質ケアローションです。

クラリファイングローションシリーズには「6つの種類」があるので、肌のタイプに合わせて選ぶことができます。

【評判】
・鼻の黒ずみもなくなり、ニキビなどもほとんどできなくなった!
・荒れたりすることもなく、化粧水がぐんぐん入る!
・汚れもよく落ち、肌もしっとりする!

Amazonで詳しく見る

メンズスキンケアの基本3ステップ

ここでは、「メンズスキンケアの基本3ステップをご紹介します。

・ステップ①「洗顔」で肌を清潔にする
・ステップ②「化粧水」でうるおいを与える
・ステップ③「乳液」でうるおいを閉じ込める

一つずつ見ていきましょう。

ステップ①「洗顔」で肌を清潔にする

洗顔をする目的は、肌の汚れや皮脂を落とすことです。

洗顔をする時は、フォームをしっかり泡立てて、泡をころがして洗うようなイメージで行いましょう。

きめ細かい泡の方がしっかり汚れを吸着してくれるので、泡立てる時は、空気を混ぜるように手早くすると良いでしょう。

洗顔でよくある間違いについても紹介しておきます。

・汚れを落とそうとゴシゴシ洗う(手の摩擦で肌を傷つけてしまう)
・高温のお湯で洗い流す(皮脂が過剰に落ちてしまう)
・フォームを泡立てない(手が肌へ接触し摩擦で傷ついてしまう)
・タオルでゴシゴシ拭く(タオルの繊維で肌を傷つけてしまう)

肌へ刺激は、肌表面を傷つけてしまい、「肌荒れ」や「色素沈着」の原因になってしまうので注意をしましょう。

ステップ②「化粧水」でうるおいを与える

化粧水の目的は、洗顔で失われた肌の「水分」を補給することです。

入浴後は、肌の温度が高く、湿度が一気に下がるため、肌が「乾燥」し始めます。

20〜30分経つと、入浴前より肌が乾いた「過乾燥」の状態になるので、すぐに化粧水で保護をすることが大切です。

乾燥状態になると、紫外線やアレルゲン(アレルギー物質)、雑菌などの外部刺激に反応しやすくなり、肌荒れに繋がってしまうので、しっかりケアをしましょう。

化粧水をつける際は、パッティング(たたくこと)ではなく、「ハンドプレス(手のひらを使って押し込むこと)で、顔全体にやさしくなじませます。

ステップ③「乳液」でうるおいを閉じ込める

乳液の目的は、肌に必要な「油分」を補給をすることです。

乳液には、化粧水の水分や成分が失われてしまわないよう、「皮脂膜」に代わって肌表面を保護してくれるエモリエント効果があります。

エモリエント」とは、皮膚からの水分蒸散を抑えてうるおいを保ち、皮膚を柔らかくすること。

乳液を付ける時は、「乾燥」が気になる部分や「シミ」と「シワ」が気になる部分の量を多めにして付けると良いでしょう。

エモリエント効果についてはこちらをチェック

スキンケアに導入化粧水を取り入れてみよう

最後に、本記事のポイントをまとめます。

〈今回のポイント〉
◆導入化粧水とは、化粧水を角質層に「浸透」しやすい肌に整えるプレ化粧水のこと。
◆スキンケアをする際は、「導入化粧水⇒化粧水⇒乳液」の順番に行う。
◆導入化粧水を選ぶ時は、「肌質」に合ったものを選ぶ。

毎日の保湿ケアの習慣を付けて、綺麗な男性の肌を作りましょう!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。