ボディオイル

ボディオイルのメリットとは?イケてるメンズはもう始めてる

メンズ美容ブームにのって、最近スキンケアを始めたという男性は多いのではないでしょうか。

しかし、顔だけのケアで十分ですか?

せっかくなので、顔だけでなく身体のお手入れまで頑張ってみましょう。

女性と触れ合った時にすべすべの肌だったら、好印象間違いなし!

そしてだんだん冷え込んでくるこれからの季節、乾燥知らずの肌を保って心地よくいたいですよね。

そんなあなたにおすすめなのがボディオイルです。効果効能や正しい使い方、デメリットまで徹底解説。さらに自分に合った商品の選び方までご紹介します!

ボディオイルを使うメリット

ボディオイルを手に出している

ボディオイルとは、身体のお手入れ用に作られたオイルのことです。主に次のような効果が期待できます。

  • 乾燥から肌を守る
  • 美容成分を肌に浸透させる
  • 肌にツヤを出す
  • 肌を柔らかくする

肌状態を美しく保つためのアイテムですね。また伸びがよく滑らかな使用感なので、マッサージ用として使われることも多くあります。血流をよくしながら肌にオイルを浸透させるので、同時に保湿ケアもできて一石二鳥です。

香りがいいものも多いので、リラックス効果もあります。特にオーガニックの製品は天然香料を使用しているため、癒し効果は抜群です。

気分に合わせて使い分けるのも楽しみのひとつでしょう。

ボディオイルを使うデメリット

メリットしかなさそうですが、デメリットはないのでしょうか。

一番のデメリットとしては、「ベタつき」があります。ものによってはいつまでもベタベタ感が残って心地悪いものもあるでしょう。

また成分が肌に合わないということもあります。アレルギーになる成分が入っている可能性も。購入する時は成分をチェックすることが大切です。

そして開封した瞬間から酸化が始まるので、持ちがよくないものも一部あります。

特に日光が苦手な商品が多く、保管には注意が必要。

直射日光の当たらない涼しい場所で保管し、早めに使い切らなければならないという大変さがあります。

ボディオイルとボディクリームの違い

ボディケアアイテムとしては、他にクリームもありますよね。「どちらを使っても一緒」と思っている方が大半でしょう。しかしこの2つには異なる点があります。

まずは配合されている油分の割合が違います。ボディクリームは油分の割合が多めではあるものの、その他の水性成分も多く含まれています。

「油分+その他の保湿成分」という認識でよいでしょう。

対してボディオイルはほぼ全てが油分です。肌への浸透力はクリームよりも上だと言えますね。

もうひとつの大きな違いはテクスチャー。クリームは油分が少ない分、ベタつきが軽減され比較的さらっとした仕上がりになるものが多いです。

オイルはほぼ100%油なので、塗った直後はベタつきが気になるものが多いでしょう。

しかし塗り込むことでどんどん肌になじみ、長い時間しっとり感をキープしてくれます。

▶こんな人にはボディオイルがおすすめ!

  • じっくりとお手入れする余裕がある
  • 保湿力を長持ちさせたい
  • マッサージも一緒にしたい

ボディオイルの選び方

ホホバオイル

多くのメーカーから様々な商品が発売されていますが、自分に合ったものの選び方を知っている方は少ないはず。4つの正しい選び方のポイントを見ていきましょう。

オイルの種類で選ぶ

使用されているオイルには様々な種類があります。それぞれ特徴が異なってくるので、自分の目的に合わせて選びましょう。

ホホバオイル

最も有名な美容オイルです。肌なじみがよく保湿力に優れています。どんな肌質でもOKなので、何を選んでいいか分からない初心者にもぴったりです。さらっと軽い使い心地で、毎日のお手入れがおっくうになりません。

オリーブオイル

肌を柔らかくする働きがあります。もったりと重めのテクスチャーなので、入念にマッサージをしたい方向け。

アルガンオイル

なめらかで比較的軽めの仕上がりになります。肌にハリを与えるビタミンEが豊富なので、アンチエイジングが気になる方にもおすすめ。

粘度の違いで選ぶ

オイルの粘度が低いとさらっとした使い心地に、粘度が高いともったりとした使い心地になります。毎日忙しくて丁寧なボディケアができない方は、粘度が低くてベタつきがすぐになくなるものを選ぶとよいでしょう。入念にケアをしたい、時間をかけてマッサージしたいという方は、粘度が高く重めのものを選ぶのがおすすめです。長く肌の上に留まってくれるため、しっかりとマッサージすることができます。

ボトルで選ぶ

ボディオイルはボトルがオシャレで気分が上がるものが多いです。見た目が好みのものを選ぶとモチベーションを保て、継続しやすくなるでしょう。

また主にポンプタイプかフタ付きタイプ、スプレータイプに分かれます。

ポンプタイプは最も使いやすいですが、見た目があまりスタイリッシュではないというデメリットがあります。

フタが付いているものは洗練されたデザインのものが多いですが、手にオイルが付いた状態で開け閉めするのがストレスになりがち。

スプレータイプは気軽に使いやすいものの、種類が少ないというデメリットがあります。

それぞれのボトルのタイプにメリット・デメリットがあるので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

香りで選ぶ

ボディオイルはマッサージ目的で使われることも多いため、香りにこだわって作られています。リラックス効果を高めたい方は、必ずチェックするべきポイントです。

また「香水は苦手だけど、香りを楽しみたい」という男性は、外出前に使うことでほのかな香りをまとうことができるでしょう。わざとらしくない自然な香りは女性ウケも抜群です。

また湿度が高いとより香りが出やすくなるので、風呂場から出る時or風呂上がりに使うのがおすすめです。

価格で選ぶ

どんなに高価で美容効果の高い商品を使っても、続けられなければ意味がありません。

顔のスキンケアと違ってたっぷり使用するものなので、コスパは特に大切。

継続できるかどうかを意識して選ぶことも大切なポイントです。

効果的な使い方

ボディオイルは基本的に全身に使用可能です。

手の平で温めてからゆっくり肌に塗り広げるようにしましょう。

肌が柔らかくなり、ベタベタ感がなくなるまでなじませます。

ひじ、ひざ、かかとなど皮膚の硬いところは、最初にローションを塗っておくと水分と油分をバランスよく補えます。

また身体だけでなく、なんと髪の毛にも使えるのです!塗りすぎるとベタつくので、ボディに塗った後 手に残った分を少量毛先につけてみましょう。

束感やツヤが出ておしゃれな雰囲気になりますし、就寝前のケアとしても最適です。

さらにネイルケアとしても使用可能。ハンドクリームよりも滑りがいいので、爪まわりのマッサージに適しています。爪のひび割れやささくれに悩んでいる方に特におすすめです!

身体までしっかりケアしてワンランク上の男に!

後回しになりがちな身体のケア。

ここまでしっかり手をかけることで、男としての魅力がぐんとアップします!毎日は難しくても、いつも頑張っている自分を労わるような気持ちで挑戦してみてはいかがでしょうか?優しい香りに包まれながら自分の肌に触れる時間は、至福のひと時ですよ!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。