アンズ核油

アンズ核油(アプリコットカーネルオイル)とは?化粧品の効果を教えます

化粧品の含まれる「アンズ核油」をご存知でしょうか?

今回はエモリエント作用で知られる、「アンズ核油」についてご紹介いたします。

女性人気の成分ですが、男性化粧品にも配合されていることが増えてきている成分のため、美肌になりたいメンズは必見です!

アンズ核油とは?

アンズ

アンズ核油とは、バラ科植物アンズの種子から得られる植物オイルです。

エモリエント作用のある成分として知られ、ビタミンEのオレイン酸が約65%、リノール酸が約20%含有されております。

オレイン酸とは元々肌にある成分なため、肌なじみが良いため肌の乾燥を防いだり、抗酸化作用が高いため、肌の老化防止が期待できます。

リノール酸は、植物から抽出される成分であり、体内で作ることができない必須脂肪酸のため、化粧品などで外側から取り入れる必要があります。

角質層細胞間脂質の主成分であるセラミドを構成している成分であることから、とても肌なじみが良く、お肌の保湿だけでなく、抗炎症作用やバリア機能を高める働きを行ってくれます。

アンズ核油に含まれるオレイン酸により抗酸化作用があるものの、リノール酸自体の酸化速度がオレイン酸の約15-25倍速いことから、アンズ核油の酸化安定性は低い位置づけとされております。

しかし化粧品として使用する場合、安定性を高めて製品化させているため、酸化安定性は問題ないでしょう。

化粧品での効果は?

アンズ核油は、主にエモリエント成分として化粧品用途に使用され、以下の作用が期待できます。

  1. バリア機能保護による過剰な水分蒸散抑制
  2. 角質層の一時的な柔軟化(皮膚コンディショニング)
  3. 皮表での水分保持(ラメラ機能形成能を有する場合)

分かりやすく言えば、皮膚からの水分蒸発を抑えて、皮膚を柔らかくします。

エモリエント成分は年齢を重ねるごとに減少し、お肌のハリやツヤが失われてしまいます。

エモリエント成分が配合されている化粧水や乳液等でお肌の保湿を閉じ込め、ハリやツヤをキープすることができます。

アンズ核油の安全性は?

アンズ核油は、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分です。

ですが、植物成分のため、アレルギーによって肌荒れを引き起こす原因になり得ますが、現在のところそのような報告はありません。

化粧品に含まれている配合量も多くないため、肌への影響も少ないと言えるでしょう。

また、普通肌・混合肌・乾燥肌・脂性肌のどのタイプの肌でも問題なく使用できる成分ですが、肌に元々ある成分のオレイン酸の過剰によってニキビができる可能性があります。

ですので、ニキビができやすい方や、既にニキビができている方、それにニキビ以外の赤みやかぶれができている方は無理に使用する必要はないと考えます。

アンズ核油を使用する化粧品は?

アンズ核油

アンズ核油は、エモリエント作用の目的として、スキンケア化粧品、メイクアップ化粧品、ボディケア製品、リップ製品、ヘアケア製品、洗顔料、洗浄製品などに幅広く使用されます。

オススメのアンズ核油配合の化粧水

オススメのアンズ核油を配合している化粧水は、アオルアムサスティナブルローションです。

アオルアムサスティナブルローション

アオルアムサスティナブルローションは、世界基準をクリアした、男性用では珍しいCOSMOS認証を取得したオーガニック化粧水です。

アンズ核油他、9種のオーガニック成分が配合され、天然由来成分99%で設計されております。

アオルアムサスティナブルローション

アンズ核油の説明でお伝えした通り、オレイン酸が比較的高く「ニキビ肌にぜひ使ってほしい!」ものではありません。

アンズ核油他、様々なオーガニック成分を含む、アオルアムサスティナブルローションの詳しい情報はこちらから。

まとめ

今回は、お肌を柔らかくするエモリエント作用で知られる「アンズ核油」についてご紹介いたしました。

効能効果や安全性や、そのほか特徴について理解できましたでしょうか?

アンズ核油が含まれる化粧品や、オススメの化粧水についてもご紹介いたしました。

ぜひ成分を理解し、潤いのあるお肌作りに役立ててくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。